大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 遠藤 啓吾


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
遠藤 啓吾
【カナ】
エンドウ ケイゴ
【ローマ字】
Keigo ENDO
【氏名特記事項】
退職
所属部局等
【所属部局】
大学院医学系研究科
Graduate School of Medicine
【学科専攻】
病態腫瘍制御学講座
Subdivision of Oncology
【講座】
放射線診断核医学
Department of Diagnostic Radiology and Nuclear Medicine
【本務職】
教授
professor
【兼務職】
放射線部長
連絡情報
【連絡先】
371-8511 群馬県前橋市昭和町3-39-22 群馬大学医学部
所属学会
  • 日本核医学会
【国内外別】
国内
【役職】
理事
  • 日本医学放射線学会
【役職】
理事
受賞暦
  • 第21回日本核医学会賞
【受賞日】
1983年
【国内外別】
国内
研究分野
  • 放射線科学
【名称】
放射線科学
Radiation science
研究分野キーワード
【キーワード】
核医学 画像診断
nuclear medicine diagnostic radiology
研究テーマ
  • 新しい画像診断の開発
    Development of new diagnostic imaging
【キーワード】
核医学,がん, 放射線診断
Nuclear Medicine,Cancer, diagnostic radiology
【研究態様】
個人研究
【研究制度】
科学研究費補助金
科学研究費の獲得状況
  • 個別的アミノ酸輸送担体標的治療併用によるRI治療効果向上に関する研究
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
21591544
【年度】
2010年
【代表・分担】
分担
  • 新規PET用銅-64標識抗体製剤の開発
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
21591593
【年度】
2010年
【代表・分担】
分担
  • がん放射線診断における患者被ばくの実態調査と放射線誘発がんのリスク推定に関する研究
【研究種目】
がん研究開発費
【課題番号】
21分指5-④
【年度】
2010年
【代表・分担】
代表
  • PET、MRIを用いるiPS細胞の細胞トラッキング手法の確立とその臨床応用
【研究種目】
挑戦的萌芽研究
【課題番号】
22659217
【年度】
2010年
【代表・分担】
代表
  • 類骨骨腫に対する経皮的ラジオ波凝固療法に関する研究
【研究種目】
厚生労働科学研究費補助金
【課題番号】
【年度】
2009年
【代表・分担】
代表
  • 標識抗体を利用したがん治療
【研究種目】
特定領域研究
【課題番号】
17016008
【年度】
2009年
【代表・分担】
代表
  • がん放射線診断における患者被ばくの実態調査と放射線誘発がんのリスク推定に関する研究
【研究種目】
がん研究助成金
【課題番号】
21分指5-④
【年度】
2009年
【代表・分担】
代表
  • 個別的アミノ酸輸送担体標的治療併用によるRI治療効果向上に関する研究
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
21591544
【年度】
2009年
【代表・分担】
分担
  • 新規PET用銅-64標識抗体製剤の開発
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
21591593
【年度】
2009年
【代表・分担】
分担
  • アミノ酸輸送担体を標的とした膵癌のPET診断および個別的内照射併用治療の研究
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
18591329
【年度】
2008年
【代表・分担】
分担
  • 標識抗体を利用したがん治療
【研究種目】
特定領域研究
【課題番号】
17016008
【年度】
2008年
【代表・分担】
代表
  • がん放射線診断における患者被ばくの実態調査と放射線誘発がんのリスク推定に関する研究
【研究種目】
がん研究助成金
【課題番号】
19-22
【年度】
2008年
【代表・分担】
代表
  • 新しい放射性薬剤を用いたがん治療:ルテチウム-177(177Lu)標識抗体の開発
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
19659303
【年度】
2008年
【代表・分担】
代表
  • 類骨骨腫に対する経皮的ラジオ波凝固療法に関する研究
【研究種目】
厚生労働科学研究費補助金
【課題番号】
【年度】
2008年
【代表・分担】
代表
  • 類骨骨腫に対する経皮的ラジオ波凝固療法に関する研究
【研究種目】
厚生労働科学研究費補助金
【課題番号】
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • 標識抗体を利用したがん治療
【研究種目】
特定領域研究
【課題番号】
17016008
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • 新しい放射性薬剤を用いたがん治療:ルテチウム-177(177Lu)標識抗体の開発
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
19659303
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • がん放射線診断における患者被ばくの実態調査と放射線誘発がんのリスク推定に関する研究
【研究種目】
がん研究助成金
【課題番号】
19-22
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • アミノ酸輸送担体を標的とした膵癌のPET診断および個別的内照射併用治療の研究
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
18591329
【年度】
2007年
【代表・分担】
分担
  • ポジトロンCTのがん診断への応用と診断精度向上に関する研究
【研究種目】
がん研究助成金
【課題番号】
17-12
【年度】
2006年
【代表・分担】
分担
  • アミノ酸輸送担体を標的とした膵癌のPET診断および個別的内照射併用治療の研究
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
18591329
【年度】
2006年
【代表・分担】
分担
  • 標識抗体を利用したがん治療
【研究種目】
特定領域研究
【課題番号】
17016008
【年度】
2006年
【代表・分担】
代表
  • ポジトロンCTのがん診断への応用と診断精度向上に関する研究
【研究種目】
がん研究助成金
【課題番号】
17-12
【年度】
2005年
【代表・分担】
分担
  • 標識抗体を利用したがん治療
【研究種目】
特定領域研究
【課題番号】
17016008
【年度】
2005年
【代表・分担】
代表
  • ポジトロンCTのがん診断への応用及び診断精度向上に関する研究
【研究種目】
がん研究助成金
【課題番号】
【年度】
2004年
【代表・分担】
代表
  • 標識抗体を利用したがんの診断と治療
【研究種目】
特定領域研究(2)
【課題番号】
12217021
【年度】
2004年
【代表・分担】
代表
  • ポジトロンCTのがん診断への応用及び診断精度向上に関する研究
【研究種目】
がん助成金
【課題番号】
【年度】
2003年
【代表・分担】
代表
  • 新しい病気の治療用アイソトープの開発と利用の推進
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
14657209
【年度】
2003年
【代表・分担】
代表
  • PET検査施設における放射線安全の確保に関する研究
【研究種目】
医療技術評価総合研究事業
【課題番号】
【年度】
2003年
【代表・分担】
分担
  • うつ病の病態解明と画像化のためのPET用フッ素-18標識セロトニン製剤の開発
【研究種目】
基盤研究(B)(2)
【課題番号】
13470179
【年度】
2002年
【代表・分担】
代表
  • ポジトロンCTのがん診断への応用及び診断精度向上に関する研究
【研究種目】
がん助成金
【課題番号】
【年度】
2002年
【代表・分担】
代表
  • 新しい病気の治療用アイソトープの開発と利用の推進
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
14657209
【年度】
2002年
【代表・分担】
代表
  • 医療機関における使用済み放射能線源及び診療用放射性同位元素の管理の合理化のあり方に関する研究
【研究種目】
厚生省科学研究費補助金
【課題番号】
【年度】
2001年
【代表・分担】
代表
  • うつ病の病態解明と画像化のためのPET用フッ素-18標識セロトニン製剤の開発
【研究種目】
基盤研究(B)(2)
【課題番号】
13470179
【年度】
2001年
【代表・分担】
代表
  • 標識抗体を利用したがんの診断と治療
【研究種目】
特定領域研究(2)
【課題番号】
12217021
【年度】
2001年
【代表・分担】
代表
  • ポジトロンCTのがん診断への応用及び診断精度向上に関する研究
【研究種目】
がん助成金
【課題番号】
【年度】
2001年
【代表・分担】
代表
取得学位
  • 医学博士
    (BLANK)
【取得年月】
1980年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
京都大学
Kyoto University
【研究分野】
放射線科学
Radiology
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語