大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 舩津 賢人


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
舩津 賢人
【カナ】
フナツ マサト
【ローマ字】
Masato FUNATSU
所属部局等
【所属部局】
大学院理工学府
Graduate School of Science and Technology
【学科専攻】
知能機械創製理工学領域
Domain of Mechanical Science and Technology
【本務職】
准教授
Associate Professor
連絡情報
【連絡先】
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
1-5-1 Tenjin-cho, Kiryu, Gunma 376-8515, JAPAN
【ホームページ】
http://www.fluid.mst.st.gunma-u.ac.jp/HART/
群馬大学 極超音速空気熱力学研究チーム(HART)
所属学会
  • 北関東産官学研究会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
  • プラズマ・核融合学会
【国内外別】
国内
【役職】
正員、代議員(2005.4-2007.3)、広報委員(2016.8~)
  • ケイ素科学研究会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
  • 国際衝撃波学会
【国内外別】
国外
【役職】
正員
  • 米国航空宇宙学会
【国内外別】
国外
【役職】
正員
  • ケイ素化学協会
【国内外別】
国内
【役職】
正員
  • 日本分光学会
【国内外別】
国内
【役職】
正員
  • 日本流体力学会
【国内外別】
国内
【役職】
正員
  • 日本航空宇宙学会
【国内外別】
国内
【役職】
正員,論文集編集委員会委員(2009年4月-2011年3月),論文集編集委員会委員(2015年4月-2017年3月)
  • 日本機械学会
【国内外別】
国内
【役職】
正員、関東支部商議員第21期(2014年度)、関東支部群馬ブロック幹事第21期(2014年度)、関東支部関東学生会会員校役員第21期(2014年度)、関東支部商議員第22期(2015年度)、関東支部群馬ブロック幹事第22期(2015年度)、関東支部「メカトップ関東」編集委員会委員(2015年3月-2017年2月)
  • 日本マリンエンジニアリング学会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員,編集委員会委員(2013年4月-),代議員(2013年4月-),英文会誌刊行委員会委員(2013年4月-),理事(2015年4月-)、編集委員会委員長(2016年4月~)、英文会誌刊行委員会委員長(2016年4月~)
  • 日本衝撃波研究会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員、役員(幹事)(2014年度~)
  • 可視化情報学会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
  • 日本工学教育協会(関東工学教育協会)
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
受賞暦
  • 日本マリンエンジニアリング学会 ISME2017 TOKYO 貢献賞
【学会・団体名】
日本マリンエンジニアリング学会
【受賞日】
2018年01月16日
【国内外別】
国内
  • 日本機械学会関東支部群馬ブロック貢献賞
【学会・団体名】
日本機械学会関東支部群馬ブロック
【受賞日】
2015年12月02日
【国内外別】
国内
  • 日本機械学会関東支部貢献賞
【学会・団体名】
日本機械学会関東支部
【受賞日】
2013年03月15日
【国内外別】
国内
  • 日本マリンエンジニアリング学会論文賞
【学会・団体名】
日本マリンエンジニアリング学会
【受賞日】
2010年05月19日
【国内外別】
国内
  • 平成18年度群馬大学工学部機械システム工学科教育貢献賞
【学会・団体名】
群馬大学大学院工学研究科機械システム工学専攻
【受賞日】
2007年04月
【国内外別】
国内
  • 平成16年度群馬大学工学部機械システム工学科教育貢献賞
【学会・団体名】
群馬大学工学部機械システム工学科
【受賞日】
2005年04月
【国内外別】
国内
  • 日本機械学会 畠山賞
【学会・団体名】
日本機械学会
【受賞日】
1994年03月
【国内外別】
国内
研究分野
  • プラズマ理工学
【名称】
プラズマ理工学
Plasma Science and Engineering
  • 流体工学
【名称】
流体工学
Fluid Engineering
  • 航空宇宙工学
【名称】
航空宇宙工学
Aerospace Engineering
  • 航空宇宙工学
【名称】
宇宙飛行体・宇宙飛翔体
Space Flight Vehicle
  • 航空宇宙工学
【名称】
高速空気力学
Hypersonic Aerodynamics
  • 航空宇宙工学
【名称】
希薄気体力学
Rarefied Gas Dynamics
研究分野キーワード
【キーワード】
高速空気力学 / 希薄気体力学 / 宇宙飛行体・宇宙飛翔体 / 高速高温流体力学(極超音速反応性流体力学) / ケイ素系耐熱材料による宇宙飛翔体の熱防御技術 / 分光法によるプラズマ診断
Hypersonic Aerodynamics / Rarefied Gas Dynamics / Space Flight Vehicle / High-speed and High-temperature Gas Dynamics [ Hypersonic Reactive Gas Dynamics ] / Thermal Protection System for Space Vehicle with Si-based Heat-resistant Material / Plasma Diagnosis by Spectroscopic Measurements
研究テーマ
  • 空気反射衝撃波背後の放射に関する基礎的研究
    Fundamental Study of Radiation behind Air Reflected Shock Waves
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2011年 -
【研究制度】
基礎科学研究
  • 空気プラズマジェットのアフターグローの基礎的研究
    Basic Study of Afterglows of Air Micro-plasmajets
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2003年 -
【研究制度】
基礎科学研究
  • 炭化ケイ素系材料のアブレーション特性に関する実験的研究
    Experimental Study of Ablation Properties of SiC-based Materials
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2001年 -
【研究制度】
基礎科学研究
  • ケイ素系耐熱材料による宇宙飛翔体の熱防御技術
    Thermal Protection System for Space Vehicle with Si-based Heat-resistant Material
【研究態様】
国内共同研究
【研究年度】
2001年 -
【研究制度】
共同研究
  • 地球大気圏再突入体周りに生ずる極めて非平衡な流れ場の数値解析
    Numerical Analysis of Extremely Non-equilibrium Flows around Earth Reentry Bodies
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2000年 -
【研究制度】
基礎科学研究
  • 高エンタルピーアーク加熱風洞流の温度計測
    Temperature Determinations of High-enthalpy Arc-heated Wind Tunnels
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2000年 -
【研究制度】
基礎科学研究
  • 極小空気プラズマジェットの放射特性
    Radiative Characteristics of Air Micro-plasmajets
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2000年 -
【研究制度】
基礎科学研究
  • 高エネルギー放射によるアブレーション生成物質の挙動解明
    Behaviors of Ablation Products Due to High-energy Radiation
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
1993年 -
【研究制度】
基礎科学研究
共同研究・受託研究の実績
  • 先進発光分光法によるガス温度計測技術
【実施期間】
2016年04月 - 2017年03月
【実施形態】
出資金による受託研究
  • 小水力発電
    Small Hydroelectric Generation
【実施期間】
2013年04月 - 2016年03月
【実施形態】
国内共同研究
  • 高エンタルピ気流発光分光計測
【実施期間】
2009年08月 - 2010年03月
【実施形態】
国内共同研究
  • 高エンタルピ気流発光分光計測
【実施期間】
2009年01月 - 2009年03月
【実施形態】
国内共同研究
  • 高温蒸気を用いたプラスチック溶断技術に関する基礎的研究
【実施期間】
2005年07月 - 2006年03月
【実施形態】
国内共同研究
  • 高輝度有色炎用中型装置の実用化に向けた研究開発と応用
【実施期間】
2004年10月 - 2004年12月
【実施形態】
国内共同研究
  • 高輝度有色炎を利用した温度計測システムの研究開発
【実施期間】
2003年04月 - 2004年03月
【実施形態】
国内共同研究
  • 高輝度有色炎を利用した計測システムの研究
【実施期間】
2002年04月 - 2003年04月
【実施形態】
国内共同研究
  • 高輝度有色炎用バーナーの実用化に向けた研究開発と応用
【実施期間】
2001年04月 - 2002年03月
【実施形態】
国内共同研究
共同研究・希望テーマ
  • 流体工学全般(特に高速・高温流体力学)
  • 分光法による各種発光体の定性・定量診断
  • 各種材料の高温度耐熱試験(特に炭化ケイ素)
科学研究費の獲得状況
  • 高エンタルピー流中のケイ素系超高温耐熱材料周りに生ずる極めて強い発光現象の解明
【研究種目】
基盤研究(C)(一般)
【課題番号】
25420847
【年度】
2015年
【代表・分担】
代表
  • 高エンタルピー流中のケイ素系超高温耐熱材料周りに生ずる極めて強い発光現象の解明
【研究種目】
基盤研究(C)(一般)
【課題番号】
25420847
【年度】
2014年
【代表・分担】
代表
  • 高エンタルピー流中のケイ素系超高温耐熱材料周りに生ずる極めて強い発光現象の解明
【研究種目】
基盤研究(C)(一般)
【課題番号】
25420847
【年度】
2013年
【代表・分担】
代表
  • 極超音速飛翔体周りに生ずる非平衡流中の炭化ケイ素アブレーションの挙動解明
【研究種目】
若手研究B
【課題番号】
18760604
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • マイクロバブルを含む液体の噴霧形成技術に関する基礎的研究
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
19656046
【年度】
2007年
【代表・分担】
分担
  • アーク放電型プラズマジェットのアフターグローを利用した壁面触媒性に関する基礎研究
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
18656249
【年度】
2006年
【代表・分担】
分担
  • 極超音速飛翔体周りに生ずる非平衡流中の炭化ケイ素アブレーションの挙動解明
【研究種目】
若手研究B
【課題番号】
18760604
【年度】
2006年
【代表・分担】
代表
  • 高エネルギー放射によるアブレーション生成物質の挙動解明
【研究種目】
特別研究員奨励費
【課題番号】
99J06348
【年度】
1999年
【代表・分担】
代表
取得学位
  • 博士(工学)
    Doctor of Engineering
【取得年月】
2000年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
東京工業大学
Tokyo Institute of Technology
【研究分野】
航空宇宙工学
Aerospace Engineering
研究職歴
  • 群馬大学理工学研究院 ケイ素科学国際教育研究センター 准教授(兼任)
    Gunma University, Faculty of Science and Technology, International Education and Research Center for Silicon Science, Associate Professor
【在職期間】
2013年04月 - 2015年03月
  • 群馬大学理工学研究院 准教授
    Gunma University,Faculty of Science and Technology, Associate Professor
【在職期間】
2013年04月 -
  • 放送大学 非常勤講師
    The Open University of Japan, Part-time Lecturer
【在職期間】
2010年04月 - 2015年03月
  • 群馬大学大学院工学研究科 准教授
    Gunma University, Graduate School of Engineering, Associate Professor
【在職期間】
2008年10月 - 2013年03月
  • 群馬大学大学院工学研究科 ケイ素科学国際教育研究センター 准教授(兼任)
    Gunma University, Graduate School of Engineering, International Education and Research Center for Silicon Science, Associate Professor
【在職期間】
2008年10月 - 2013年03月
  • 群馬大学大学院工学研究科 ケイ素科学国際教育研究センター 助教(兼任)
    Gunma University, Graduate School of Engineering, International Education and Research Center for Silicon Science, Assistant Professor
【在職期間】
2008年03月 - 2008年09月
  • 群馬大学大学院工学研究科 助教
    Gunma University, Graduate School of Engineering, Assistant Professor
【在職期間】
2007年04月 - 2008年09月
  • 群馬大学工学部 助手
    Gunma University, School of Engineering, Research Associate
【在職期間】
2000年04月 - 2007年03月
  • 日本学術振興会 特別研究員
    Research Fellow of the Japan Society for the Promotion of Science
【在職期間】
1999年04月 - 2000年03月
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語
海外活動実績
海外研究活動のための渡航回数(昨年度実績)
【在留期間2週間以上のもの(計)】
0回
【在留期間2週間未満のもの(計)】
0回