大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 柴田 康博


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
柴田 康博
【カナ】
シバタ ヤスヒロ
【ローマ字】
YASUHIRO SHIBATA
所属部局等
【所属部局】
医学部附属病院
University Hospital
【学科専攻】
外科系
【講座】
泌尿器科
Urology
【本務職】
講師
連絡情報
【連絡先】
〒371-8511 群馬県前橋市昭和町3-39-22 群馬大学医学部附属病院泌尿器科
Department of Urology, Gunma University Hospital 3-39-22 Showa-machi Maebashi, Gunma, Japan
所属学会
  • 日本ステロイドホルモン学会
【国内外別】
国内
  • 日本泌尿器科学会
【国内外別】
国内
  • 日本透析医学会
【国内外別】
国内
  • 日本癌治療学会
【国内外別】
国内
  • 日本再生医療学会
【国内外別】
国内
  • 米国泌尿器科学会
【国内外別】
国外
  • 日本生殖医学会
【国内外別】
国内
  • 日本ESWL and Endourology学会
【国内外別】
国内
受賞暦
  • 第30回日本アンドロロジー学会学会賞
    Prize from an academic society, The Japan Society of Andrology 30th annual meeting
【学会・団体名】
日本アンドロロジー学会
The Japan Society of Andrology
【受賞日】
2011年07月23日
【国内外別】
国内
  • 北関東医学会奨励賞
【受賞日】
2005年09月
  • 第2回オルガノン泌尿器科研究奨励賞
【受賞日】
2001年03月
研究分野
  • 泌尿器科学
研究分野キーワード
【キーワード】
前立腺、ホルモン、血流、副腎、レーザー、前立腺癌、前立腺肥大症
prostate, hormone, blood flow, adrenal androgen, laser, prostate cancer, benign prostate hyperplasia
研究テーマ
  • 前立腺癌における副腎性アンドロゲンの影響
    EFFECT OF ADRENAL ANDROGEN ON PROSTATE CANCER
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2006年 -
【研究制度】
その他の研究
  • 前立腺レーザー治療における超音波補助の有用性
    USEFULNESS OF REAL-TIME TRANSRECTAL ULTRASOUND NAVIGATION DURING HOLMIUM LASER ENUCLEATION OF THE PROSTATE
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2006年 -
【研究制度】
補助金
  • ホルモン測定による前立腺癌検査法
    PROSTATE CANCER DETECTION BY ANDROGEN ANALYSIS
【研究態様】
国内共同研究
【研究年度】
2004年 -
【研究制度】
共同研究
  • 前立腺血流制御機構
    MECHANISM OF PROSTATE BLOOD FLOW REGULATION
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2002年 -
【研究制度】
その他の研究
科学研究費の獲得状況
  • 組織内エストロゲン定量による前立腺疾患リスクおよび伸展予測
【研究種目】
基盤(C)
【課題番号】
【年度】
2010年
【代表・分担】
代表
  • ホルモンによる前立腺血流調節機構の解明
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
16591580
【年度】
2005年
【代表・分担】
代表
  • ホルモンによる前立腺血流調節機構の解明
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
16591580
【年度】
2004年
【代表・分担】
代表
取得学位
  • 博士
    Doctor
【取得年月】
2000年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
群馬大学
Gunma University
【研究分野】
泌尿器科学
Urology
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語
海外活動実績
海外研究活動のための渡航回数(昨年度実績)
【在留期間2週間以上のもの(計)】
0回
【在留期間2週間未満のもの(計)】
1回
海外の国際会議・学会等への出席、発表回数(昨年度実績)
【主催者】
出席 0回, 発表0回
【外国機関】
出席 0回, 発表0回
【文部科学省・日本学術振興会】
出席 0回, 発表0回
【文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関】
出席 0回, 発表0回
【所属機関】
出席 0回, 発表0回
【財団等】
出席 0回, 発表0回
【自費】
出席 1回, 発表1回