大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 小保方 富夫


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
小保方 富夫
【カナ】
オボカタ トミオ
【ローマ字】
Tomio OBOKATA
【氏名特記事項】
退職
所属部局等
【所属部局】
大学院工学研究科
Graduate School of Engineering
【学科専攻】
機械システム工学専攻
Department of Mechanical System Engineering
【講座】
エネルギーシステム工学
【本務職】
教授
Professor
連絡情報
【連絡先】
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1 群馬大学工学部機械システム工学科
Dept. of Mechanical System Engineering, Gunma University 1-5-1 Tenjin-cho, Kiryu-city 376-8515 Japan
所属学会
  • Society of Automotive Engineers
【役職】
Member
  • 日本エネルギー学会
【役職】
正員,IEA燃焼研究日本委員会主査
  • 液体微粒化学会
【役職】
正員,理事,表彰委員会委員長
  • 可視化情報学会
【役職】
正員,評議員,理事,企画委員会委員長
  • 日本レーザー学会
【役職】
正員,東京支部委員
  • 日本ガスタービン学会
【役職】
正員,調査研究委員会委員
  • 自動車技術会
【役職】
フェロー,学術運営委員会委員
  • 日本燃焼学会
【役職】
正員
  • 日本機械学会
【役職】
フェロー,Journal のEditor, RC180,201研究会主査
受賞暦
  • 昭和59年度日本機械学会賞論文賞
    JSME Paper award at the year of 1984
【学会・団体名】
日本機械学会
JSME
【受賞日】
1985年04月
研究分野
  • 熱工学
【名称】
熱工学
Thermal engineering
研究分野キーワード
【キーワード】
内燃機関 流体工学 流体計測 レーザ計測 流れの可視化 数値予測 微粒化
Internal Combustion Engine, Fluid Mechanics, Measurements in Fluid, Lasermetrics, Flow Visualization, Numerical Simulation, Atomization
研究テーマ
  • 超小型ガスタービンの流れ場計測
    Velocity measurement in ultra micro gas turbine
【キーワード】
超小型ガスタービン レーザ流速計
Ultra Micro Gas Turbine, Lase Doppler Velocimetry
【研究態様】
国際共同研究
【研究年度】
2001年 -
【研究制度】
技術開発国際共同研究
  • 熱・流体・燃焼のレーザー応用計測
【研究態様】
国際共同研究
【研究年度】
1970年
【研究制度】
共同研究
共同研究・受託研究の実績
  • 吸気管での新燃料噴射方式の開発
    New fuel injection system at intake pipe.
【実施期間】
2003年11月 -
  • 高圧燃料噴霧の噴霧性状
    Evaluation of high pressure Spray.
【実施期間】
2003年07月 -
  • 小型貯水槽の最適化
    Optimization of water tank.
【実施期間】
2003年07月 -
  • 車体周り流れの解析
    Flow analysis around a car
【実施期間】
2002年09月 -
  • 多段往復圧縮機の開発
    Development of multi-stage reciprocating compressor.
【実施期間】
2002年08月 -
  • 冷却用ウォーターポンプの性能向上
    Improvement of water pump for engine cooling.
【実施期間】
2002年06月 -
  • 超小型ガスタービンの開発
    Development of ultra micro gas turbine
【実施期間】
2001年10月 -
  • 軸流送風機ケースの最適化
    Optimization of fan casing
【実施期間】
2001年08月 -
  • ガス燃料の圧縮着火
    Compression Ignition of gas fuel.
【実施期間】
2001年07月 -
  • 乱流計算の精度検証
    Verification of numerical simulation for turbulent flows.
【実施期間】
2001年04月 -
  • LDA瞬間流量計の開発
    Development of LDA flow rate meter
【実施期間】
2000年10月 -
  • 道路表面水と車両運動の相互作用
    Interaction between car and shallow water on the road.
【実施期間】
1999年06月 - 2001年03月
  • インジェクター噴孔の超微細化
    Minimized spray nozzle for fuel injector
【実施期間】
1998年07月 - 2000年03月
  • エンジン室内流れの最適化
    Optimization of flow in the engine room.
【実施期間】
1997年07月 - 2000年03月
  • 燃焼室内流れの三次元計測
    Three dimensinal analysis of gas flow in combustion chamber.
【実施期間】
1993年07月 - 1996年03月
  • 火花点火機関における混合気形成の制御
    Control of mixture formation in spark ignition engine.
【実施期間】
1988年04月 - 2003年03月
共同研究・希望テーマ
  • 内燃機関の燃料噴霧と混合気形成
    Spray and mixture formation in I. C. engines.
  • 流れと燃焼の計測
    Measurements of flow and combustion
  • 流れと燃焼の数値解析
    Numerical analysis of flow and combustion
科学研究費の獲得状況
  • レーザドップラ式瞬間流量計による燃料噴射パターンと噴霧特性の同時評価
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
【年度】
2006年
【代表・分担】
分担
  • レーザドップラ式瞬間流量計による燃料噴射パターンと噴霧特性の同時評価
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
【年度】
2005年
【代表・分担】
分担
  • 超過膨張燃料インジェクタによる圧縮天然ガスの超低NOx成層燃焼
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
【年度】
2005年
【代表・分担】
分担
  • 超過膨張燃料インジェクタによる圧縮天然ガスの超低NOx成層燃焼
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
【年度】
2004年
【代表・分担】
分担
  • 超過膨張燃料インジェクタによる圧縮天然ガスの超低NOx成層燃焼
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
【年度】
2003年
【代表・分担】
分担
  • 傘状噴霧高温予混合ディーゼル機関の混合気形成と燃焼
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
11650206
【年度】
2001年
【代表・分担】
代表
取得学位
  • 工学博士
    Doctor of Engineering
【取得年月】
1985年09月
【取得方法】
論文
【取得大学】
東海大学
Tokai University
【研究分野】
熱工学
Thermal engineering
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語
海外活動実績
海外研究活動のための渡航回数(昨年度実績)
【在留期間2週間以上のもの(計)】
0回
【在留期間2週間未満のもの(計)】
8回
海外の国際会議・学会等への出席、発表回数(昨年度実績)
【主催者】
出席 0回, 発表0回
【外国機関】
出席 2回, 発表2回
【文部科学省・日本学術振興会】
出席 0回, 発表0回
【所属機関】
出席 0回, 発表0回
【財団等】
出席 6回, 発表5回