大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 井上 裕介


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
井上 裕介
【カナ】
イノウエ ユウスケ
【ローマ字】
Yusuke INOUE
所属部局等
【所属部局】
大学院理工学府
Graduate School of Science and Technology
【学科専攻】
物質・生命理工学領域
Domain of Materials and Bioscience
【本務職】
准教授
連絡情報
【連絡先】
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
Department of Chemistry and Chemical Biology Graduate School of Engineering Gunma University 1-5-1 Tenjin-cho Kiryu, Gunma 376-8515 JAPAN
所属学会
  • 日本分子生物学会
    The Molecular Biology Society of Japan
【国内外別】
国内
  • 肝細胞研究会
【国内外別】
国内
  • 日本RNA学会
【国内外別】
国内
  • American Society for Microbiology
【国内外別】
国外
  • American Society for Biochemistry and Molecular Biology
【国内外別】
国外
受賞暦
  • 優秀ポスター賞
【学会・団体名】
日本分子生物学会
【受賞日】
2016年11月30日
【国内外別】
国内
  • The Fellows Award For Research Excellence 2005
    The Fellows Award For Research Excellence 2005
【学会・団体名】
National Institiutes of Health
【受賞日】
2005年
【国内外別】
国外
  • The Fellows Award For Research Excellence 2003
    The Fellows Award For Research Excellence 2003
【学会・団体名】
National Institiutes of Health
【受賞日】
2003年
【国内外別】
国外
研究分野
  • 細胞生物学
【名称】
細胞生物学
Cell Biology
  • 遺伝・ゲノム動態
【名称】
遺伝・ゲノム動態
Heredity/Genome Dynamics
  • 分子生物学
【名称】
分子生物学
Molecular Biology
研究分野キーワード
【キーワード】
HNF4alpha, C/EBPalpha, PPARalpha, 肝臓、ノックアウトマウス、RNA、核内レセプター、転写因子、糖尿病、代謝
HNF4alpha, C/EBPalpha, PPARalpha, liver、knockout mice、RNA、nuclear receptor、transcriptin factor、diabetes、metabolism
研究テーマ
  • 肝臓で高発現する転写因子群の機能解析
    Functional analysis of liver-enriched transcription factors
【キーワード】
HNF4alpha, C/EBPalpha, PPARalpha, 肝臓、ノックアウトマウス、RNA、核内レセプター、転写因子、糖尿病、代謝
HNF4alpha, C/EBPalpha, PPARalpha, liver、knockout mice、RNA、nuclear receptor、transcriptin factor、diabetes、metabolism
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2000年 -
【研究制度】
その他の研究
科学研究費の獲得状況
  • 核内受容体HNF4αとPPARによるNASH発症機序の解明と治療応用への基礎研究
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2016年
【代表・分担】
代表
  • 含ケイ素高輝度蛍光剤を活用した蛍光応答型高精度ゲノム解析プローブの開発
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2016年
【代表・分担】
分担
  • 含ケイ素高輝度蛍光剤を活用した蛍光応答型高精度ゲノム解析プローブの開発
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2015年
【代表・分担】
分担
  • 核内受容体による非アルコール性脂肪肝炎発症経路の解明と治療応用への基盤構築
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2015年
【代表・分担】
代表
  • 核内受容体による非アルコール性脂肪肝炎発症経路の解明と治療応用への基盤構築
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2014年
【代表・分担】
代表
  • 含ケイ素高輝度蛍光剤を活用した蛍光応答型高精度ゲノム解析プローブの開発
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2014年
【代表・分担】
分担
  • 核内受容体による非アルコール性脂肪肝炎発症経路の解明と治療応用への基盤構築
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2013年
【代表・分担】
代表
  • 脂肪肝改善に関与する核内受容体の研究:新規病態モデルの確立と治療応用への展開
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2012年
【代表・分担】
代表
  • 脂肪肝改善に関与する核内受容体の研究:新規病態モデルの確立と治療応用への展開
【研究種目】
基盤研究(C)
【年度】
2011年
【代表・分担】
代表
  • 脂肪肝改善に関与する核内受容体の研究:新規病態モデルの確立と治療応用への展開
【研究種目】
基盤研究(C)(一般)
【年度】
2010年
【代表・分担】
代表
  • 肝特異機能をもつ培養化ヒト肝細胞のHCVによる発癌
【研究種目】
特定領域研究(A)
【課題番号】
11138235
【年度】
1999年
【代表・分担】
分担
  • 肝特異的機能を有するヒト不死化肝細胞での人工肝の作製
【研究種目】
奨励研究(A)
【課題番号】
11780624
【年度】
1999年
【代表・分担】
代表
  • ヒトTNF遺伝子を導入したヒト線維芽細胞の抗腫瘍効果
【研究種目】
萌芽的研究
【年度】
1998年
【代表・分担】
分担
  • ヒトTNF遺伝子を導入したヒト線維芽細胞の抗腫瘍効果
【研究種目】
萌芽的研究
【課題番号】
09877045
【年度】
1997年
【代表・分担】
分担
取得学位
  • 博士(医学)
【取得年月】
1998年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
岡山大学
Okayama University
【研究分野】
細胞生物学
Cell Biology
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
English
【執筆に使用する外国語】
英語
English