大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 半谷 禎彦


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
半谷 禎彦
【カナ】
ハンガイ ヨシヒコ
【ローマ字】
Yoshihiko HANNGAI
所属部局等
【所属部局】
大学院理工学府
Graduate School of Science and Technology
【学科専攻】
知能機械創製理工学領域
Domain of Mechanical Science and Technology
【本務職】
准教授
科学研究費の獲得状況
  • 金属間化合物その場生成によるネットワーク組織に基づいた革新的ポーラスアルミニウム
【研究種目】
基盤研究B
【課題番号】
【年度】
2018年
【代表・分担】
代表
  • 金属組成と気孔形態を制御したポーラスメタルコアサンドイッチ構造の開発とその設計法
【研究種目】
基盤研究C
【課題番号】
【年度】
2018年
【代表・分担】
分担
  • 金属間化合物その場生成によるネットワーク組織に基づいた革新的ポーラスアルミニウム
【研究種目】
基盤研究B
【課題番号】
【年度】
2017年
【代表・分担】
代表
  • 金属組成と気孔形態を制御したポーラスメタルコアサンドイッチ構造の開発とその設計法
【研究種目】
基盤研究C
【課題番号】
【年度】
2017年
【代表・分担】
分担
  • 金属間化合物その場生成によるネットワーク組織に基づいた革新的ポーラスアルミニウム
【研究種目】
基盤研究B
【課題番号】
【年度】
2016年
【代表・分担】
代表
  • 高プラトー応力と広プラトー領域を兼ね備えた革新的ポーラスアルミニウムの開発
【研究種目】
挑戦的萌芽研究
【課題番号】
【年度】
2016年
【代表・分担】
代表
  • 高プラトー応力と広プラトー領域を兼ね備えた革新的ポーラスアルミニウムの開発
【研究種目】
挑戦的萌芽研究
【課題番号】
【年度】
2015年
【代表・分担】
代表
  • 傾斜機能ポーラスアルミニウムの創製とイメージベース解析による変形挙動推定法の確立
【研究種目】
若手B
【課題番号】
【年度】
2012年
【代表・分担】
代表
  • 低環境負荷・低コスト化を目指したポーラスアルミニウム創製とその耐圧縮能センシング
【研究種目】
基盤研究C
【課題番号】
【年度】
2012年
【代表・分担】
分担
  • 低環境負荷・低コスト化を目指したポーラスアルミニウム創製とその耐圧縮能センシング
【研究種目】
基盤研究C
【課題番号】
【年度】
2011年
【代表・分担】
分担
  • 傾斜機能ポーラスアルミニウムの創製とイメージベース解析による変形挙動推定法の確立
【研究種目】
若手B
【課題番号】
【年度】
2011年
【代表・分担】
代表
  • 低環境負荷・低コスト化を目指したポーラスアルミニウム創製とその耐圧縮能センシング
【研究種目】
基盤研究C
【課題番号】
【年度】
2010年
【代表・分担】
分担
取得学位
  • 博士(工学)
【取得年月】
2002年03月
【取得方法】
課程
【研究分野】
機械材料・材料力学