大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 稲田 茂昭


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
稲田 茂昭
【カナ】
イナダ シゲアキ
【ローマ字】
Shigeaki INADA
【氏名特記事項】
退職
所属部局等
【所属部局】
大学院工学研究科
Graduate School of Engineering
【学科専攻】
機械システム工学専攻
Department of Mechanical System Engineering
【講座】
エネルギーシステム工学
【本務職】
教授
Professor
連絡情報
【連絡先】
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
1-5-1, Tenjincho, Kiryu City, Gunma Prefectur 376-8515 Japan
所属学会
  • 日本冷凍空調学会
    International Journal of Refrigeration
【国内外別】
国内
【役職】
論文校閲委員
  • 日本機械学会
【役職】
論文校閲委員
  • 日本機械学会関東支部
【役職】
商議員
  • 日本機械学会
【役職】
熱工学部門運営委員
  • 広島県産業科学技術研究所
【役職】
書面審査委員
  • 日本伝熱学会
【役職】
編集出版部会編集委員
  • 日本伝熱学会
【役職】
評議員
  • 化学工学会
【国内外別】
国内
研究分野
  • 熱工学
【名称】
表面改質
-
  • 熱工学
【名称】
伝熱工学
Heat Transfer Engineering
  • 熱工学
【名称】
低温プラズマ処理
Low-Temperature Plasma Treatment
研究分野キーワード
【キーワード】
伝熱工学、表面改質
Heat Transfer Engineering
研究テーマ
  • 低温プラズマを利用した表面改質、新複合素材創製、滅菌及び種子発芽促進
    Surface modification, new compound material invention, sterilization and promotion of germination of the seed using the low-temperature plasma.
【キーワード】
表面改質,低温プラズマ,窒化,二酸化チタン,滅菌,発芽促進
Surface Modification,Cold Plasma,Nitriding,Titanium Dioxide, Sterilization, Promotion of Germination.
【研究態様】
国内共同研究
【研究年度】
1993年 - 2010年
【研究制度】
地域先端技術共同研究開発
  • ホログラフィ干渉法による自然対流温度場の可視化
    Visualization of Temperature Fields in Natural Convection by Laser Holographic Interferometry
【キーワード】
ホログラフィ,自然対流,可視化
Holography,Natural Convection,Visualization
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
1988年 - 2010年
  • 微細化沸騰機構の解明
    Mechanism Elucidation for the Miniaturization-Boiling Phenomenon
【キーワード】
微細化沸騰、マイクロベーパーバブル
Miniaturization-Boiling, Micro-Vapor Bubble
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
1980年 - 2008年
【研究制度】
科学研究費補助金
共同研究・受託研究の実績
  • 低温プラズマによる内視鏡及び医療用器具の水中滅菌
    Sterilization of Endoscope and Medical Instrument in a Water Vessel by Low-Temperature Plasma.
【実施期間】
2005年10月 -
  • 都市ごみの高効率燃焼・熱交換と低温プラズマ導入によるその排ガス制御
    Clean-up of Exhaust Gas and High Efficient Combustion-Heat Exchang in the Incineration Facility of Municipal Waste
【実施期間】
2000年 - 2002年
  • マイクロバブルの急蒸発とその射出・崩壊挙動に関する研究
    Rapid Evaporation of the Micro-Bubble and its Dispersion-Collapse Behavior
【実施期間】
1999年 - 2000年
  • 微細化現象における沸騰曲線とその限界熱流束
    Estimation of a Boiling Curve of a Miniaturization Boiling Phenomenon and its Critical Heat Flux
【実施期間】
1996年 - 1997年
共同研究・希望テーマ
  • 都市ごみ焼却時の排ガスのクリーン化
    Clean-up of Exhaust Gas in the Incineration Facility of Municipal Waste
  • 微細化沸騰の創発的応用
    Emerging Applications of the Miniaturization Boiling
  • 大気圧低温プラズマによる粉体の滅菌
    Powder Sterilization System by Means of Low-Temperature Plasma under the Atmospheric Pressure
  • 低温プラズマを利用したオゾンガス含有製氷
取得学位
  • 工学修士
    Master's Degree of Engineering
【取得方法】
課程
【取得大学】
新潟大学
Niigata University
【研究分野】
流体工学
Fluid Engineering
  • 工学博士
    Doctor of Engineering
【取得方法】
論文
【取得大学】
名古屋大学
Nagoya University
【研究分野】
熱工学
Thermal Engineering
研究職歴
  • 1966-1967 東北大学 助手 1990-1991 ミシガン大学 文部省在外研究員
    1966-1967 Tohoku University, Research Assistant(Assistant Professor) 1990-1991 Michigan University, Visiting Scholar of Japan Ministry of Education
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語, ドイツ語
海外活動実績
海外の国際会議・学会等への出席、発表回数(昨年度実績)
【主催者】
出席 0回, 発表0回
【外国機関】
出席 0回, 発表0回
【文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関】
出席 0回, 発表0回
【所属機関】
出席 0回, 発表0回
【財団等】
出席 3回, 発表3回
【自費】
出席 0回, 発表0回