大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 花屋 実


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
花屋 実
【カナ】
ハナヤ ミノル
【ローマ字】
Minoru HANAYA
所属部局等
【所属部局】
大学院理工学府
Graduate School of Science and Technology
【学科専攻】
物質・生命理工学領域
Domain of Materials and Bioscience
【本務職】
教授
Professor
連絡情報
【連絡先】
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
1-5-1 Tenjincho, Kiryu, Gunma 376-8515, JAPAN
研究分野
  • 無機化学
【名称】
無機材料化学
chemistry of inorganic materials
  • 機能・物性・材料
【名称】
材料物性化学
materials physical chemistry
  • 物理化学
【名称】
物性物理化学
physical chemistry of condensed matters
研究分野キーワード
【キーワード】
磁性体、誘電体、薄膜、色素増感太陽電池、イオン伝導ガラス、含ケイ素材料
magnetic material, dielectric material, thin film, dye sensitized solar cell, ion conducting glass, silicon-based functional materials
研究テーマ
  • 高周波磁性材料の開発研究
    Development of Magnetic Materials for High Frequency Region
【キーワード】
磁性材料、薄膜、高周波帯域
magnetic materials, thin film, high frequency region
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
2005年 -
【研究制度】
科学研究費補助金
  • イオン伝導ガラスの開発研究
    Development of Fast-ion Conducting Glasses
【キーワード】
イオン伝導ガラス
ion conducting glass
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2001年 -
【研究制度】
経常研究
  • 誘電体薄膜材料の開発研究
    Development of Dielectric Thin Films
【キーワード】
誘電体、薄膜
dielectric materials, thin film
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
2001年 -
【研究制度】
科学研究費補助金
  • 高効率色素増感太陽電池の開発研究
    Development of Dye Sensitized Solar Cells
【キーワード】
色素増感太陽電池
dye sensitized solar cell
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
2001年 -
【研究制度】
補助金
科学研究費の獲得状況
  • 産業廃棄物からのケイ素試薬及び高機能シロキサン化合物の合成
【研究種目】
挑戦的萌芽研究
【年度】
2012年
【代表・分担】
分担
  • 強磁性・強弾性/強誘電性・強弾性エピタキシャル接合による巨大電気磁気結合の発現
【研究種目】
基板研究(C)
【課題番号】
22560666
【年度】
2012年
【代表・分担】
分担
  • 産業廃棄物からのケイ素試薬及び高機能シロキサン化合物の合成
【研究種目】
挑戦的萌芽研究
【年度】
2011年
【代表・分担】
分担
  • 強磁性・強弾性/強誘電性・強弾性エピタキシャル接合による巨大電気磁気結合の発現
【研究種目】
基板研究(C)
【課題番号】
22560666
【年度】
2011年
【代表・分担】
分担
  • 強磁性・強弾性/強誘電性・強弾性エピタキシャル接合による巨大電気磁気結合の発現
【研究種目】
基板研究(C)
【課題番号】
22560666
【年度】
2010年
【代表・分担】
分担
  • スピネル型フェライトのナノロッド・アレイ形成による高周波数帯域磁性材料の創製
【研究種目】
基盤研究(B)
【課題番号】
17350088
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • 次元規制ナノ構造体を用いた誘電物性発現機構の実験・理論的解明
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
18655051
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • 次元規制ナノ構造体を用いた誘電物性発現機構の実験・理論的解明
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
18655051
【年度】
2006年
【代表・分担】
代表
  • スピネル型フェライトのナノロッド・アレイ形成による高周波数帯域磁性材料の創製
【研究種目】
基盤研究(B)
【課題番号】
17350088
【年度】
2006年
【代表・分担】
代表
  • スピネル型フェライトのナノロッド・アレイ形成による高周波数帯域磁性材料の創製
【研究種目】
基盤研究(B)
【課題番号】
17350088
【年度】
2005年
【代表・分担】
代表
  • 誘電性化合物のナノスケール交互積層膜における巨視的誘電特性の研究
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
14540466
【年度】
2003年
【代表・分担】
代表
  • 誘電性化合物のナノスケール交互積層膜における巨視的誘電特性の研究
【研究種目】
基盤研究(C)(2)
【課題番号】
14540466
【年度】
2002年
【代表・分担】
代表
  • ナノカロリメトリーの開発と応用
【研究種目】
基盤研究(C)(1)
【課題番号】
14604018
【年度】
2002年
【代表・分担】
分担
取得学位
  • 理学博士
    Doctor of Science
【取得年月】
1989年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
東北大学
Tohoku University
【研究分野】
分子構造とその電子状態(有機金属化合物)
molecular structures and electronic states of organometallic compounds
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語