大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 高山 清茂


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
高山 清茂
【カナ】
タカヤマ キヨシゲ
【ローマ字】
Kiyoshige TAKAYAMA
【氏名特記事項】
退職
所属部局等
【所属部局】
大学院保健学研究科
Graduate School of Health Sciences
【学科専攻】
検査技術科学専攻
Department of Laboratory Sciences
【講座】
基礎検査学
Basic Laboratory Sciences
【本務職】
教授
Professor
連絡情報
【連絡先】
〒371-8514 群馬県前橋市昭和町3-39-15
3-39-15 Showa-machi, Maebashi-shi, Gunma 371-8514 Japan
所属学会
  • 日本神経化学会
【役職】
会員
  • 日本生理学会
【役職】
評議員
  • 日本自律神経学会
【役職】
会員
  • 日本神経科学学会
【役職】
会員
研究分野
  • 消化器内科学
【名称】
消化管病態学
Digestive tract disease
  • 神経内科学
【名称】
臨床神経生理学
Clinical neurophysiology
  • 神経・筋肉生理学
【名称】
神経生理学
Neurophysiology
研究分野キーワード
【キーワード】
循環、呼吸、消化管機能、自律機能の中枢性調節機構
Circulation, Respiration, Enterogastric function, Central regulation of autonomic function
研究テーマ
  • 循環、呼吸、消化管機能などの自律機能の中枢性調節機構についての研究
    Study of the central regulatio of autonomic functions
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
1980年 -
【研究制度】
脳科学研究
共同研究・受託研究の実績
  • 野菜類の摂取により活性化される脳の機能に関する研究
    Study on the brain function activated by the feeding of vegetables
【実施期間】
2003年04月 -
【実施形態】
その他
科学研究費の獲得状況
  • 新しい内皮由来一酸化窒素(NO)放出因子,アペリンを利用した動脈硬化剤の開発
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
16659238
【年度】
2004年
【代表・分担】
分担
  • 一酸化窒素(NO)合成酵素の新しい活性化因子、 アペリンの医薬品開発に関する研究
【研究種目】
基盤研究(B)
【課題番号】
13470113
【年度】
2002年
【代表・分担】
分担
取得学位
  • 医学博士
    Ph.D.
【取得年月】
1977年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
群馬大学
Gunma University
【研究分野】
機能生物化学
  • 工学修士
    MD
【取得年月】
1973年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
群馬大学
Gunma University
【研究分野】
有機化学
研究職歴
  • 1977-1979 アメリカ・プエルトリコ大学自然科学研究所 研究員 1980 群馬大学医学部 助手 1980-1991 群馬大学医学部 講師 1991-1997 群馬大学医学部 助教授 1997-2011 群馬大学医学部 教授 2011- 群馬大学大学院保健学研究科 教授
    1977-1979 University of Puerto Rica, Faculty of Natural Science, Research Associate 1980 Gunma University School of Medicine, Research Assistant 1980-1991 Gunma University School of Medicine, Assistant Professor 1991-1997 Gunma University School of Medicine, Associate Professor. 1997-2011 Gunma University School of Health Science Professor 2011- Gunma University Graduate School of Health Science Professor
  • 放送大学客員教授
【在職期間】
2008年04月 - 2010年03月
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語