大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 若松 馨


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
若松 馨
【カナ】
ワカマツ カオリ
【ローマ字】
Kaori WAKAMATSU
所属部局等
【所属部局】
大学院理工学府
Graduate School of Science and Technology
【学科専攻】
物質・生命理工学領域
Domain of Materials and Bioscience
【本務職】
教授
【兼務職】
機器分析センター長
連絡情報
【連絡先】
376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
1-5-1Tenjin-cho, Kiryu, Gunma 376-8515
研究分野
  • 生物物理学
【名称】
生物物理学
Biophysics
  • 構造生物化学
【名称】
構造生物学
Structural Biology
  • 機能生物化学
【名称】
機能生物化学
Functional Biochemistry
研究分野キーワード
【キーワード】
蛋白質, ペプチド, NMR, 細胞内情報伝達, 蛋白質の安定化・凝集防止, てんかんモデルラット
protein, peptide, NMR, signal transduction, stabilization of proteins, prevention of protein aggregation, spontaneous epileptic rat
研究テーマ
  • 蛋白質の安定化
    stabilization of proteins
【キーワード】
凝集,変性
aggregation, denaturation
【研究態様】
国内共同研究
【研究年度】
2005年 -
【研究制度】
科学研究費補助金
  • てんかんラット
    epileptic rat
【キーワード】
モデル動物
model animal
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
2003年 -
【研究制度】
その他の研究
  • G蛋白質とレセプターとの相互作用
    G protein-GPCR interaction
【キーワード】
活性化,特異性,部分ペプチド
activation, specificity, peptide fragment
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
1992年 -
【研究制度】
科学研究費補助金
科学研究費の獲得状況
  • 創薬ターゲット蛋白質のスルホベタインによる安定化
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
24570124
【年度】
2012年
【代表・分担】
代表
  • スルホベタイン類によるタンパク質凝集防止機構の解明と不安定タンパク質への応用
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
21570108
【年度】
2011年
【代表・分担】
代表
  • スルホベタイン類によるタンパク質凝集防止機構の解明と不安定タンパク質への応用
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
21570108
【年度】
2010年
【代表・分担】
代表
  • スルホベタイン類によるタンパク質凝集防止機構の解明と不安定タンパク質への応用
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
21570108
【年度】
2009年
【代表・分担】
代表
  • 膜蛋白質の構造解析を推進する試薬の開発
【研究種目】
特定領域研究(2)
【課題番号】
19026001
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • 膜蛋白質の構造解析を推進する試薬の開発
【研究種目】
特定領域研究(2)
【課題番号】
17048003
【年度】
2006年
【代表・分担】
代表
  • 蛋白質の凝集を防止する低分子化合物の構造解析への応用と新規合成
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
17657034
【年度】
2006年
【代表・分担】
代表
  • 膜蛋白質の構造解析を推進する試薬の開発
【研究種目】
特定領域研究(2)
【課題番号】
17048003
【年度】
2005年
【代表・分担】
代表
  • 蛋白質の凝集を防止する低分子化合物の構造解析への応用と新規合成
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
17657034
【年度】
2005年
【代表・分担】
代表
  • 部分ペプチドを用いた蛋白質・蛋白質相互作用の解析
【研究種目】
特定領域研究(2)
【課題番号】
13014204
【年度】
2001年
【代表・分担】
代表
取得学位
  • 理学博士
    1H-NMR Analyses of the Interaction of Peptides with Phospholipid Bilayer: Relationships between Interaction and Physiological Activity
【取得年月】
1986年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
東京大学
The University of Tokyo
【研究分野】
構造生物化学
Structural biochemistry
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語