大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 粕谷 健一


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
粕谷 健一
【カナ】
カスヤ ケンイチ
【ローマ字】
Kenichi KASUYA
所属部局等
【所属部局】
大学院理工学府
Graduate School of Science and Technology
【学科専攻】
物質・生命理工学領域
Domain of Materials and Bioscience
【本務職】
教授
Professor
【兼務職】
学長特別補佐
研究・産学連携推進機構 人材育成部門 高度人材育成センター長
連絡情報
【連絡先】
〒376-8515 群馬県桐生市天神町1-5-1
1-5-1 Tenjin, Kiryu, Gunma, JAPAN 376-8515
【ホームページ】
http://greenpolymer.chem-bio.st.gunma-u.ac.jp/index.html
所属学会
  • 高分子学会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
  • アメリカ微生物学会
    American Society for Microbiology
【国内外別】
国外
【役職】
member
  • 日本微生物生態学会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
  • 繊維学会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
  • マテリアルライフ学会
【国内外別】
国内
【役職】
正会員
  • エコマテリアル研究会
【国内外別】
国内
【役職】
運営委員
受賞暦
  • 第12回横山科学技術賞
【受賞日】
2009年02月
【国内外別】
国内
  • マテリアルライフ学会総説賞
【学会・団体名】
マテリアルライフ学会
【受賞日】
2008年08月28日
【国内外別】
国外
研究分野
  • 応用微生物学・応用生物化学
【名称】
高分子分解酵素
Polymer Degrading Enzyme
  • 高分子合成
【名称】
高分子の生分解
Biodegradation of Polymer
研究分野キーワード
【キーワード】
生分解性高分子、バイオベースポリマー、微生物、酵素
biodegradable polymer, bio-based polymer, microorganism, enzyme
研究テーマ
  • カビ由来ポリエステル分解酵素の構造と機能に関する研究
    Structure and function of polyester-degrading enzyme
【キーワード】
生分解性高分子
biodegradable polymer
【研究態様】
国内共同研究
【研究年度】
2001年 -
【研究制度】
共同研究
  • 脂肪族ポリエステルの微生物分解
    Microbial degradation of aliphatic polyesters
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
1999年
【研究制度】
科学研究費補助金
科学研究費の獲得状況
  • 生分解性高分子周辺環境における微生物生態系解析と微生物叢制御
【研究種目】
基盤C
【課題番号】
23510110
【年度】
2012年
【代表・分担】
代表
  • 脱窒バイオカソードを適用した微生物燃料電池性能の向上と有機物・窒素処理への応用
【研究種目】
基盤C
【課題番号】
60251120
【年度】
2012年
【代表・分担】
分担
  • 生分解性高分子周辺環境における微生物生態系解析と微生物叢制御
【研究種目】
基盤C
【課題番号】
23510110
【年度】
2011年
【代表・分担】
代表
  • 脱窒バイオカソードを適用した微生物燃料電池性能の向上と有機物・窒素処理への応用
【研究種目】
基盤C
【課題番号】
60251120
【年度】
2011年
【代表・分担】
分担
  • 新規生分解性高分子設計を指向した微生物由来高分子分解酵素の発現機構の解明
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
20510090
【年度】
2010年
【代表・分担】
代表
  • 新規生分解性高分子設計を指向した微生物由来高分子分解酵素の発現機構の解明
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
20510090
【年度】
2009年
【代表・分担】
代表
  • 新規生分解性高分子設計を指向した微生物由来高分子分解酵素の発現機構の解明
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
20510090
【年度】
2008年
【代表・分担】
代表
  • 環境全核酸解析に基づく生分解性高分子材料の環境分解予測
【研究種目】
若手研究(B)
【課題番号】
18710075
【年度】
2007年
【代表・分担】
代表
  • 環境全核酸解析に基づく生分解性高分子材料の環境分解予測
【研究種目】
若手研究(B)
【課題番号】
18710075
【年度】
2006年
【代表・分担】
代表
  • 新規高性能バイオベースポリマーの創出と高機能化
【研究種目】
基盤研究(C)(調査研究)
【年度】
2006年
【代表・分担】
分担
  • キノコによる天然ゴム及びプラスチックの生産とその物性改善
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
15655078
【年度】
2005年
【代表・分担】
分担
  • キノコによる天然ゴム及びプラスチックの生産とその物性改善
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
15655078
【年度】
2004年
【代表・分担】
分担
  • キノコによる天然ゴム及びプラスチックの生産とその物性改善
【研究種目】
萌芽研究
【課題番号】
15655078
【年度】
2003年
【代表・分担】
分担
  • 化学合成生分解性ポリエステルの高機能化
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
13650945
【年度】
2002年
【代表・分担】
分担
  • ポリエステル分解酵素の基質結合メカニズムの解明
【研究種目】
特定領域研究(B)
【課題番号】
11217202
【年度】
2002年
【代表・分担】
代表
  • 化学合成生分解性ポリエステルの高機能化
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
13650945
【年度】
2001年
【代表・分担】
分担
  • ポリエステル分解酵素の基質結合メカニズムの解明
【研究種目】
特定領域研究(B)
【課題番号】
11217202
【年度】
2001年
【代表・分担】
代表
  • ポリエステル分解酵素の基質結合メカニズム
【研究種目】
特定領域研究(B)
【課題番号】
11217202
【年度】
2000年
【代表・分担】
代表
  • ポリ乳酸の生分解機構の解明
【研究種目】
奨励研究(A)
【課題番号】
12750771
【年度】
2000年
【代表・分担】
代表
  • ポリ乳酸の生分解機構の解明
【研究種目】
奨励研究(A)
【課題番号】
12750771
【年度】
1999年
【代表・分担】
代表
  • ポリエステル分解酵素の基質結合メカニズム
【研究種目】
特定領域研究(B)
【課題番号】
11217202
【年度】
1999年
【代表・分担】
代表
取得学位
  • 博士(工学)
    Doctor(Engineering)
【取得年月】
1997年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
東京工業大学
Tokyo Institute of Technology
【研究分野】
バイオテクノロジー
Biotechnology
  • 修士(工学)
    Master(Engineering)
【取得年月】
1994年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
東京工業大学
Tokyo Institute of Technology
【研究分野】
化学環境工学
Chemical environmental engineering
  • 学士(農学)
    Bachelor(Agriculture)
【取得年月】
1992年03月
【取得方法】
課程
【取得大学】
東北大学
Tohoku University
【研究分野】
農芸化学
Agricultural Chemistry
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語