大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 村上 博和


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
村上 博和
【カナ】
ムラカミ ヒロカズ
【ローマ字】
Hirokazu MURAKAMI
所属部局等
【所属部局】
大学院保健学研究科
Graduate School of Health Sciences
【学科専攻】
生体情報検査科学領域
Domain of Laboratory Sciences
【講座】
応用生体情報検査科学分野
【本務職】
教授
professor
連絡情報
【連絡先】
〒371-8514 群馬県前橋市昭和町3-39-22
3-39-22 Showa-machi, Maebashi-shi, Gunma 371-8514 Japan
所属学会
  • 日本血液学会
【国内外別】
国内
【役職】
代議員
  • 日本内科学会
【国内外別】
国内
  • 日本感染症学会
【国内外別】
国内
【役職】
専門医、指導医
  • 日本造血細胞移植学会
【国内外別】
国内
  • 日本骨髄腫学会
【国内外別】
国内
【役職】
幹事
  • 北関東医学会
【国内外別】
国内
【役職】
評議員
  • 日本検査血液学会
【国内外別】
国内
【役職】
評議員
  • 日本臨床検査学会
【国内外別】
国内
  • 日本臨床腫瘍学会
【国内外別】
国内
  • American Society of Hematology
【国内外別】
国外
  • European Society of Haematlogy
【国内外別】
国外
  • International Myeloma Society
【国内外別】
国外
【役職】
Director
研究分野
  • 血液内科学
【名称】
血液内科、血液検査学
Hematology, Laboratory Hematology
研究分野キーワード
【キーワード】
血液腫瘍、骨髄腫、白血病
Hematological malignancy, Myeloma, Leukemia
研究テーマ
  • マイクロPIXE法による造血器腫瘍における微量元素の動態解明
【キーワード】
マイクロPIXE, 造血器腫瘍、微量元素
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2014年 - 2016年
  • 骨髄異形成症候群におけるToll-like receptor発現解析
    Expression of Toll-like-receptor in myelodysplastic syndrome.
【キーワード】
骨髄異形成症候群、Toll-like receptor
myelodysplastic syndrome, Toll-like receptor
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
2010年 - 2013年
  • 多発性骨髄腫の治療法の開発
    Treatment of multiple myeloma
【キーワード】
多発性骨髄腫、治療
multiple myeloma, treatment
【研究態様】
国内共同研究
【研究年度】
2009年 -
【研究制度】
厚生科学研究費補助金
  • 多発性骨髄腫におけるサイトカイン遺伝子多型の解析
    Analysis of polymorphism of cytokine gene in multiple myeloma
【キーワード】
多発性骨髄腫、IL-10、IL-17、IL-18、遺伝子多型
multiple myeloma, IL-10, IL-17, IL-18, polymorphism
【研究態様】
機関内共同研究
【研究年度】
2005年 -
【研究制度】
その他の研究
科学研究費の獲得状況
  • 骨髄異形成症候群におけるToll-like receptor発現解析
【研究種目】
基盤研究C  
【課題番号】
【年度】
2012年
【代表・分担】
代表
  • 細胞外マトリックスを使用したヒト骨髄異形成症候群特異的iPS細胞長期培養系樹立
【課題番号】
【年度】
2012年
【代表・分担】
分担
  • 再発・難治骨髄腫に対する至適分子標的療法の確立と生物学的治療予測因子の探索
【研究種目】
厚生労働科学研究費補助金
【課題番号】
【年度】
2011年
【代表・分担】
分担
  • 骨髄異形成症候群におけるToll-like receptor発現解析
【研究種目】
基盤研究C  
【課題番号】
【年度】
2011年
【代表・分担】
代表
  • 再発・難治骨髄腫に対する至適分子標的療法の確立と生物学的治療予測因子の探索
【研究種目】
厚生労働科学研究費補助金
【課題番号】
【年度】
2010年
【代表・分担】
分担
  • 骨髄異形成症候群におけるToll-like receptor発現解析
【研究種目】
基盤研究C  
【課題番号】
【年度】
2010年
【代表・分担】
代表
  • 再発・難治骨髄腫に対する至適分子標的療法の確立と生物学的治療予測因子の探索
【研究種目】
厚生労働科学研究費補助金
【課題番号】
【年度】
2009年
【代表・分担】
分担
取得学位
  • 医学博士
    (BLANK)
【取得方法】
論文
【取得大学】
群馬大学
Gunma University
【研究分野】
血液内科学
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語
海外活動実績
海外研究活動のための渡航回数(昨年度実績)
【在留期間2週間以上のもの(計)】
0回
【在留期間2週間未満のもの(計)】
2回