大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > プロフィール

研究者 : 外山 吉治


【プロフィール】

基本情報
【氏名】
外山 吉治
【カナ】
トヤマ ヨシハル
【ローマ字】
YOSHIHARU TOYAMA
所属部局等
【所属部局】
大学院理工学府
Graduate School of Science and Technology
【学科専攻】
物質・生命理工学領域
Domain of Materials and Bioscience
【本務職】
准教授
研究分野
  • 生物物理学
【名称】
生物レオロジー
Biorheology
研究分野キーワード
【キーワード】
血液レオロジー、赤血球集合、血液凝固、クリオゲル、フィブリノゲン、プラスミン、水晶振動子マイクロバランス、高静水圧
blood rheology, erythrocyte aggregation, coagulation, cryogel, fibrinogen, plasmin, quartz-crystal microbalance, high hydrostatic pressure
研究テーマ
  • 水晶振動子マイクロバランスを用いたフィブリン重合過程の測定
    Measurement of fibrin-polymerization process by using quartz-crystal microbalance
【キーワード】
水晶振動子マイクロバランス、フィブリン、重合
quartz-crystal microbalance, fibrin, polymerization
【研究態様】
個人研究
【研究年度】
2003年 -
【研究制度】
その他の研究
科学研究費の獲得状況
  • 赤血球集合機構の解明:架橋集合と枯渇集合二つの競合するメカニズム
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
15K05240
【年度】
2015年
【代表・分担】
代表
  • フィブリノゲンクライオゲル形成機構の解明:血液凝固におけるフィブリンゲルとの違い
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
23550237
【年度】
2013年
【代表・分担】
代表
  • フィブリノゲンクライオゲル形成機構の解明:血液凝固におけるフィブリンゲルとの違い
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
23550237
【年度】
2012年
【代表・分担】
代表
  • フィブリノゲンクライオゲル形成機構の解明:血液凝固におけるフィブリンゲルとの違い
【研究種目】
基盤研究(C)
【課題番号】
23550237
【年度】
2011年
【代表・分担】
代表
  • 高分子ーコロイド系の安定性への圧力効果
【研究種目】
奨励研究(A)
【課題番号】
09740326
【年度】
1998年
【代表・分担】
代表
  • 高分子ーコロイド系の安定性への圧力効果
【研究種目】
奨励研究(A)
【課題番号】
09740326
【年度】
1997年
【代表・分担】
代表
  • 赤血球サスペンションの凝集過程に及ぼす静水圧の影響
【研究種目】
奨励研究(A)
【課題番号】
08740333
【年度】
1996年
【代表・分担】
代表
取得学位
  • 工学博士
    (BLANK)
【取得方法】
論文
  • 工学修士
    (BLANK)
【取得方法】
課程
使用外国語
【発表に使用する外国語】
英語
【執筆に使用する外国語】
英語