大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > 学会発表

研究者 : 織内 昇 156 件中 1 - 50 件目

表示件数
2 3 4 次へ >> 

【学会発表】

Improved tumor targeting of 64Cu-labeled streptavidin in colorectal xenografts pretargeted with biotinylated bevacizumab.
【全発表者名】 Pramila Paudyal, Bishnuhari Paudyal, Hirofumi Hanaoka, Hideyuki Tominaga, Noboru Oriuchi, Keigo Endo.
【学会名】 World molecular imaging congress(世界分子イメジング学会)
【開催地】 Kyoto,Japan.
【発表年月日】 2010年09月08日
Development of 76Br-labeled amino acid derivative for PET imaging of tumor
【全発表者名】 H. Hanaoka, S. Watanabe, Y. Ohshima, N. Oriuchi, N. S. Ishioka, K. Endo
【学会名】 第69回日本癌学会総会
【開催地】 大阪
【発表年月日】 2010年09月
新規放射性核種『ルテチウム-177』標識抗体によるがん治療
【全発表者名】 花岡宏史、橋本和幸、渡辺智、石岡典子、渡辺茂樹、織内昇、樋口徹也、飯田靖彦、遠藤啓吾
【学会名】 第14回日本がん免疫学会総会
【開催地】 熊本
【発表年月日】 2010年07月
CSF phosphorylated tau (p-tau181, p-tau199) in PS1 mutant AD cases.
【全発表者名】 Ikeda M, Yonemura K, Yoshida J, Kakuda S, Fujita Y, Hashimoto Y, Ishiguro K, Oriuchi N, Harigaya Y, Okamoto K.
【学会名】 ICAD2010
【開催地】 Honolulu, Hawaii
【発表年月日】 2010年07月
PDG-PETで集積亢進を示した副腎オンコサイトーマの一例.
【全発表者名】 神宮晶子、対馬義人、天沼 誠、織内 昇、遠藤啓吾.
【学会名】 第437回日本医学放射線学会関東地方会 
【開催地】 東京都
【発表年月日】 2010年06月05日
Improvement of the dynamic Tc-99m GSA SPECT using 180-degree interpolative reconstruction.
【全発表者名】 Takahashi Y, Oriuchi N.
【学会名】 SNM2010
【開催地】 Salt Lake City
【発表年月日】 2010年06月
Clinical significance of [18F]-α-methyl tyrosine PET as a potential surrogate marker of LAT1 expression for predicting prognosis of non-small cell lung cancer.
【全発表者名】 Oriuchi N, Kaira K, Shimizu K, Tominaga H, Hanaoka H, Arisaka Y, Higuchi H, Endo K, Naoe T.
【学会名】 ASCO2010
【開催地】 Chicago
【発表年月日】 2010年06月
Clinical implication of F-18-FDG-PET and MRI for assessing therapeutic effect of anti TNF?antibody in patient with rheumatoid arthritis.
【全発表者名】 Arisaka Y, Oriuchi N, Amanuma M, Okamura K, Yonemoto Y, Kobayashi T, Takagishi K, Ishikita T, Miyashita G, Higuchi T, Endo K.
【学会名】 SNM2010
【開催地】 Salt Lake City
【発表年月日】 2010年06月
がんのPETイメージング薬剤としての76Br標識アミノ酸の有用性
【全発表者名】 花岡宏史、渡辺茂樹、富永英之、大島康宏、津久井匠隆、渡辺智、山田圭一、飯田靖彦、織内昇、樋口徹也、石岡典子、遠藤啓吾
【学会名】 第5回日本分子イメージング学会総会
【開催地】 大津
【発表年月日】 2010年05月
Contrast and non-contrast US findings of hepatic metastasis from malignant pheochromocytoma.
【全発表者名】 Nakano S, Tsushima Y, Oriuchi N, Higuchi T, Takahashi-Taketomi A, Amanuma M, Endo K.
【学会名】 European Congress of Radiology (ECR) 2010
【開催地】 Vienna,
【発表年月日】 2010年03月04日
Clinical Practice of Nuclear Medicine in Gunma University Hospital.
【全発表者名】 Oriuchi N.
【学会名】 IAEAがんの放射線医療ワークショップ
【開催地】 前橋市
【発表年月日】 2010年02月10日
RIの医学利用の現状と期待されるRI.「RI国内製造にむけての開発研究」
【全発表者名】 織内 昇
【学会名】 第1回シンポジウム(日本原子力研究開発機構)
【開催地】 東京
【発表年月日】 2010年01月20日
Differential Diagnosis and Assessment of Prognosis in Malignant Pleural Mesothelioma with 18F-FDG PET.
【全発表者名】 Moriya S, Oriuchi N, Takano A, Arisaka Y, Higuchi T, Miyashita G, Koyama K, Endo K.
【学会名】 RSNA 2009
【開催地】 Chicago
【発表年月日】 2009年11月
Imaging and biodistribution of 64Cu labeled trastuzumab in Her2/neu overexpressing non-small cell lung cancer xenografts.
【全発表者名】 Pramila Paudyal, Bishnuhari Paudyal, Noboru Oriuchi Yasuhiko Iida, Hirofumi Hanaoka, Hiroki Yoshioka, Keigo Endo.
【学会名】 20th Asia Pacific cancer conference
【開催地】 Tsukuba, Japan
【発表年月日】 2009年11月
核医学治療-90Y標識抗CD20抗体によるB細胞悪性リンパ腫の治療を中心に-.
【全発表者名】 織内 昇
【学会名】 第47回日本癌治療学会総会
【開催地】 横浜市
【発表年月日】 2009年10月22日
Clinicopathological features of metastasis of liver from rectalcarcinoid determined by F-18-FDG uptake and expression of glucose transporter I and hexokinase Ⅱ
【全発表者名】 有坂有紀子、織内昇、樋口徹也、遠藤啓吾
【学会名】 EANM 2009
【開催地】 バルセロナ
【発表年月日】 2009年10月09日
非小細胞肺癌の診断と予後評価における18F-FAMT PETの有用性.  シンポジウム6 「次世代の腫瘍トレーサ」
【全発表者名】 織内 昇
【学会名】 第49回日本核医学会学術総会
【開催地】 旭川市
【発表年月日】 2009年10月02日
頭頸部がん・乳がん.
【全発表者名】 織内 昇
【学会名】 第9回日本核医学会春季セミナー
【開催地】 旭川市
【発表年月日】 2009年10月02日
64Cu labeled PET for the vascular endothelial growth factor in colon cancer
【全発表者名】 Paudyal B, Paudyal P, Hanaoka H, Tominaga H, Yoshioka H, Oriuchi N, Endo K.
【学会名】 第49回日本核医学会学術総会
【開催地】 旭川市
【発表年月日】 2009年10月01日
Near infrared fluorescence imaging of angiogenesis
【全発表者名】 Paudyal P, Paudyal B, 織内 昇, 飯田靖彦, 花岡宏史, 富永英之, 遠藤啓吾
【学会名】 第49回日本核医学会学術総会
【開催地】 旭川市
【発表年月日】 2009年10月01日
64Cu-DOTA-オクトレオタイドの有用性の検討
【全発表者名】 花岡宏史、富永英之、山田圭一、渡辺茂樹、織内昇、樋口徹也、飯田靖彦、遠藤啓吾
【学会名】 第49回日本核医学会総会
【開催地】 旭川
【発表年月日】 2009年10月
Radioimmuno PET imaging of vascular endothelial growth factor in colon cancer.
【全発表者名】 Paudyal B, Paudyal P, Hanaoka H, Yasuhiko I, Tominaga H, Yoshioka H, Yamamoto S, Oriuchi N, Endo K.
【学会名】 22th Annual Congress of the European Association of Nuclear Medicine
【開催地】 Barcelona, Spain
【発表年月日】 2009年10月
新規放射性核種『ルテチウム-177』標識抗体によるがん治療の基礎的検討
【全発表者名】 花岡宏史、飯田靖彦、樋口徹也、織内昇、遠藤啓吾、渡辺智、渡辺茂樹、石岡典子
【学会名】 第4回高崎量子応用研究シンポジウム
【開催地】 高崎
【発表年月日】 2009年10月
Assessment of therapeutic response and prognosis in malignant pleural mesotheliona with 18F-FDG-PET.
【全発表者名】 Moriya S, Oriuchi N, Higuchi T, Arisaka Y, Takano A, Endo K.
【学会名】 22th Annual Congress of the EANM
【開催地】 Barcelona, Spain
【発表年月日】 2009年10月
Clinical usefulness of FDG-PET for the assessment of primary peritoneal cancer.
【全発表者名】 Takano A, Oriuchi N, Arisaka Y, Higuchi T, Endo K.
【学会名】 22th Annual Congress of the EANM
【開催地】 Barcelona, Spain
【発表年月日】 2009年10月
Synthesis and evaluation of 76BrDG for tumor diagnosis using microPET in mice.
【全発表者名】 Iida Y, Ishioka N, Watanabe S, Yoshioka H, Hanaoka H, Watanabe S, Higuchi T, Oriuchi N, Endo K.
【学会名】 22th Annual Congress of the EANM
【開催地】 Barcelona, Spain
【発表年月日】 2009年10月
Can serum catecholamine at 1 week after I-131 MIBG therapy predict response in malignant pheochromocytoma?
【全発表者名】 Higuchi T, Oriuchi N, Arisaka Y, Miyashita G, Ishikita T, Hanaoka H, Otake H, Koyama K, Endo K.
【学会名】 22th Annual Congress of the EANM
【開催地】 Barcelona, Spain
【発表年月日】 2009年10月
Can whole body bone SPECT (MIP) with shorter waiting time (90 minutes) replace conventional whole body bone scan without losing lesion detectability?
【全発表者名】 Saito K, Higuchi T, Takahashi Y, Otake H, Shimada H, Arisaka Y, Oriuchi N, Endo K.
【学会名】 22th Annual Congress of the EANM
【開催地】 Barcelona, Spain
【発表年月日】 2009年10月
Advantage of LMEGP collimator in the brain SPECT image acquisition with I-123 labeled radiophamaceutical;Preliminary evaluation of the image quality using one day rest and rest method.
【全発表者名】 Shimada H, Otake H, Oriuchi N, Higuchi T, Arisaka Y, Kawamura Y, Hirai M, Numajiri T, Endo K.
【学会名】 22th Annual Congress of the EANM
【開催地】 Barcelona, Spain
【発表年月日】 2009年10月
原発性骨病変の診断にFDG-PETが有用であった成人発症ランゲルハンス細胞組織球症の2例 
【全発表者名】 守屋真吾、儀保順子、有坂有紀子、樋口徹也、織内昇、遠藤啓吾
【学会名】 第71回日本核医学会関東甲信越地方会
【発表年月日】 2009年07月04日
内照射療法が奏効した悪性褐色細胞腫の1例
【全発表者名】 儀保順子、守屋真吾、有坂有紀子、樋口徹也、織内昇、遠藤啓吾
【学会名】 第71回日本核医学会関東甲信越地方会
【開催地】 東京
【発表年月日】 2009年07月04日
FDG-PETにおける集積が結核の活動性を反映していたと推察される1剖検例
【全発表者名】 倉林剛巳、粟田さち子、有坂有紀子、樋口徹也、対馬義人、織内 昇、天沼 誠、遠藤啓吾、横濱章彦、宮永朋実
【学会名】 第435回日本医学放射線学会関東地方会
【開催地】 さいたま市
【発表年月日】 2009年06月27日
Initial evaluation of [F-18] alfa-methyl tyrosine PET for differential diaguosis of pancreatic lesions
【全発表者名】 Nakano S, Oriuchi N, Arisaka Y, Higuchi T, Endo K.
【学会名】 SNM2009
【開催地】 Toronto, Canada
【発表年月日】 2009年06月14日
Expression of L-type amino acid transporter 1 determined by [18F] fluoro alpha-methyl tyrosine (18F-FMT) PET correlates with the prognosis of patients with resectable stage I-III non-small cell lung cancer .
【全発表者名】 Noboru Oriuchi, Kyoichi Kaira, Hideyuki Tominaga, Yukiko Arisaka, Tetsuya Higuchi, Go Miyashita, Tomohiro Ishikita, Hirofumi Hanaoka, Yasuhiko Iida, Keiko Koyama, Keigo Endo.
【学会名】 56th SNM Annual Meeting 第56回米国核医学会
【開催地】 Toronto, Canada
【発表年月日】 2009年06月13日
Preliminary evaluation of L-[F-18]-alpha-methyl tyrosine PET/CT in the differential diagnosis of maxillofacial tumor.
【全発表者名】 Miyashita G, Oiuchi N, Higuchi T, Arisaka Y, Miyakubo M, Ishikita T, Nakasone Y,Negishi A, Yokoo S, Endo K.
【学会名】 56th SNM Annual Meeting 
【開催地】 Toronto, Canada
【発表年月日】 2009年06月
新規放射性核種『ルテチウム-177』標識抗体によるがん治療の基礎的検討
【全発表者名】 花岡宏史、飯田靖彦、石岡典子、渡辺智、渡辺茂樹、織内昇、樋口徹也、橋本和幸、遠藤啓吾
【学会名】 第13回日本がん免疫学会総会
【開催地】 北九州
【発表年月日】 2009年06月
Bevacizumab based nearinfrared fluorescence imaging of VEGF in colon cancer.
【全発表者名】 Paudyal P, Paudyal B, Oriuchi N, Iida Y, Hanaoka H, Yamamoto S, Yoshioka H, Tominaga H, Higuchi T, Endo K.
【学会名】 4th Annual meeting of Japanese Society of Molecular imaging (日本分子イメジング学会)
【開催地】 Tokyo, Japan.
【発表年月日】 2009年05月14日
Avastin based in vivo imaging of vascular endothelial growth factor in colon cancer.
【全発表者名】 Paudyal P, Paudyal B, Oriuchi N, Iida Y, Hanaoka H, Tominaga H, Yamamoto S, Yoshioka H, Higuchi T, Endo K.
【学会名】 第4回 日本分子イメージング学会 総会・学術集会
【発表年月日】 2009年05月14日
[F-18]-α-methyl tyrosine (18F-FMT) Non-FDG PET probe in oncology.
【全発表者名】 Oriuchi N.
【学会名】 IAEA/RCA regional training course on RTC on Advance Clinical Application of PET
【開催地】 千葉市
【発表年月日】 2009年04月20日
頭蓋骨軟部腫瘤性病変の画像所見と鑑別
【全発表者名】 中澤 梓、天沼 誠、対馬義人、織内 昇、遠藤啓吾
【学会名】 第68回日本医学放射線学会学術発表会
【開催地】 横浜
【発表年月日】 2009年04月16日
Radioimmunotherapy of B-NHL with 90Y-labeled Anti-CD20 Monoclonal Antibody.The 7th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology
【全発表者名】 織内 昇
【学会名】 第7回日本臨床腫瘍学
【開催地】 名古屋市
【発表年月日】 2009年03月20日
Current status of nuclear medicine in Japan.
【全発表者名】 Oriuchi N.
【学会名】 IAEA 
【開催地】 前橋市
【発表年月日】 2009年01月21日
頭蓋骨腫瘤性病変の画像所見と鑑別.
【全発表者名】 中澤 梓, 天沼 誠, 対馬義人, 織内 昇, 遠藤啓吾
【学会名】 第68回日本医学放射線学会
【開催地】 横浜
【発表年月日】 2009年
Targeted imaging with 64Cu trastuzumab PET in non small cell lung cancer.
【全発表者名】 Paudyal B, Paudyal P, Hanaoka H, Yasuhiko I, Yoshioka H, Tominaga H, Oriuchi N, Endo K.
【学会名】 International Conference on Radiopharmaceutical Therapy (ICRT-2009)
【開催地】 Cartagena, Colombia
【発表年月日】 2009年
Imaging and localization of 64Cu labeled trastuzumab in Her2/neu overexpressing non-small lung cancer xenografts.
【全発表者名】 Paudyal P, Paudyal B, Iida Y, Hanaoka H, Watanabe S, Ishioka N, Watanabe S, Takayanagi M, Yoshioka H, Oriuchi N, Tominaga H, Higuchi T, and Endo K.
【学会名】 The Fourth International Symposium on Biomedical Research Using Accelerator Technology
【開催地】 Maebashi
【発表年月日】 2008年11月16日
PETによる悪性腫瘍の治療効果判定 18F-FDG PETの現状と新しいトレーサーの有用性.
【全発表者名】 織内 昇
【学会名】 第46回癌治療学会総会
【開催地】 名古屋市
【発表年月日】 2008年11月01日
Clinicopathological study with F-18-FDG PET for assessing metabolic activity of arthritis in patients with rheumatoid arthritis.
【全発表者名】 Arisaka Y, Oriuchi N, Takano A, Higuchi T, Endo K.
【学会名】 RSNA2008
【開催地】 Chicago
【発表年月日】 2008年11月
Differential Diagnosis of Mass-forming Pancreatic Diseases with [F-18] Alpha-methyl Tyrosine PET.
【全発表者名】 Nakano S, Oriuchi N, Arisaka Y, Takano A, Higuchi T, Endo K.
【学会名】 RSNA2008
【開催地】 Chicago
【発表年月日】 2008年11月
18F-FDG PETを用いた非小細胞肺癌のゲフィチニブによる治療効果の早期評価ならびに予後予測
【全発表者名】 織内 昇、遠藤啓吾、砂長則明 、 解良恭一 、清水公裕.
【学会名】 第46回日本癌治療学会総会
【開催地】 名古屋市
【発表年月日】 2008年10月30日
悪性リンパ腫の診断と治療 -核医学の役割- 111In標識抗CD20抗体のイメージング. シンポジウム1
【全発表者名】 織内 昇
【学会名】 第48回 日本核医学会学術総会
【開催地】 千葉市
【発表年月日】 2008年10月25日