大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > 学会発表

研究者 : 浅川 直紀 117 件中 1 - 50 件目

表示件数
2 3 次へ >> 

【学会発表】

小分子液晶/高分子混合系によるキャパシタの薄膜構造と内部ノイズ特性の相関
【全発表者名】 大友 真、丸山亮太、浅川直紀
【学会名】 第68回高分子討論会
【開催地】 福井大学
【発表年月日】 2019年09月26日
有機半導体デバイスの周波数可変電流検出磁気共鳴計測
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 第68回高分子討論会
【開催地】 福井大学
【発表年月日】 2019年09月26日
神経シナプスを模倣した強誘電性有機電界効果トランジスタの確率共鳴
【全発表者名】 鈴木威満、松岡亜友美、鈴木喜晴、浅川直紀
【学会名】 第80回応用物理学会秋季学術講演会
【開催地】 北海道大学
【発表年月日】 2019年09月20日
有機半導体薄膜デバイスの周波数可変電流検出磁気共鳴
【全発表者名】 増野由圭莉、福田國統、浅川直紀
【学会名】 第80回応用物理学会秋季学術講演会
【開催地】 北海道大学
【発表年月日】 2019年09月20日
パイ共役系高分子半導体を用いたノイズ発生
【全発表者名】 宮崎理帆、鈴木喜晴、松岡亜友美、神吉輝夫、田中秀和、浅川直紀
【学会名】 第80回応用物理学会秋季学術講演会
【開催地】 北海道大学
【発表年月日】 2019年09月20日
Electrically Detected magnetic resonance of organic Schottky barrier diodes and magnetic-resonance-driven neuromorphic device
【全発表者名】 Naoki Asakawa
【学会名】 KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics
【開催地】 Jeju, Korea
【発表年月日】 2019年08月28日
π共役系高分子のゆらぎを用いたシナプス模倣電界効果トランジスタの作製
【全発表者名】 宮崎 理帆, 鈴木 喜晴, 浅川 直紀
【学会名】 第67回高分子年次大会
【開催地】 名古屋国際会議場
【発表年月日】 2019年05月25日
有機トランジスタの確率共鳴に対する内部ノイズの影響
【全発表者名】 鈴木喜晴 ・神吉輝夫 ・田中秀和 ・浅川直紀
【学会名】 第67回高分子年次大会
【開催地】 名古屋国際会議場
【発表年月日】 2019年05月25日
低分子液晶 / 高分子混合系を用いた確率的遅延微分素子の作製
【全発表者名】 大友 真 丸山 亮太 浅川 直紀
【学会名】 第67回高分子年次大会
【開催地】 名古屋国際会議場
【発表年月日】 2019年05月25日
Electrically detected magnetic resonance of regioregular poly(3-hexylthiophene) and potential application to neuromorphic devices
【全発表者名】 Naoki Asakawa and Kunito Fukuda
【学会名】 67th SPSJ Annual Meeting
【開催地】 Nagoya International Convention Center
【発表年月日】 2019年05月25日
Electrically detected magnetic resonance spectroscopy of organic electronic devices: an application to magnetic- resonance-driven neuromorphic devices
【全発表者名】 Naoki Asakawa
【学会名】 Kanto Area Spin Chemistry 4th Meeting
【開催地】 Gunma Univ.
【発表年月日】 2018年11月24日
ニューロモルフィック高分子デバイスの可能性
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 日本学 術振興会第 142 委員会 ABC 合同研究会
【開催地】 東京理科大(新宿区)
【発表年月日】 2018年11月16日
磁気共鳴駆動型スピンシナプスデバイスの可能性
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 第 67 回高分子討論会
【開催地】 北海道
【発表年月日】 2018年09月18日
周波数可変 EDMR からみた有機半導体薄膜デバイスの g 値の異方性
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 第 67 回高分子討論会
【開催地】 北海道
【発表年月日】 2018年09月18日
ニューロモルフィック高分子デバイスの可能性
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 高分子学 会北海道支部 33rd Summer University in Hokkaido(主題:未来の電子・光デバイスの材料・組織デザイン)
【開催地】 定山渓グランドホテル瑞苑
【発表年月日】 2018年08月24日
群馬大学におけるマテリアルインフォマティクスの取組
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 QST講演会
【開催地】 QST高崎研究所
【発表年月日】 2018年07月31日
Electrically detected magnetic resonance of regioregular π- conjugated polymer
【全発表者名】 Naoki Asakawa
【学会名】 MACRO2018
【開催地】 Cairns Convention Center, Cairns
【発表年月日】 2018年07月01日
Magnetic-resonance-driven spin-synaptic organic semiconductor device
【全発表者名】 Naoki Asakawa
【学会名】 Gunma University International Symposium for Collaboration of Research and Education 2018
【開催地】 Gunma Univ.
【発表年月日】 2018年03月09日
Stochastic Resonance on Synapse-Mimicking Ferroelectric Polymer Transistor
【全発表者名】 Ayumi Matsuoka, Yoshiharu Suzuki, and Naoki Asakawa
【学会名】 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Materials, and Device Applications
【開催地】 Kiryu
【発表年月日】 2018年01月17日
Magnetic Resonance on Organic Electronic Devices and Magnetic-Resonance-Driven Neuromorphic Devices
【全発表者名】 Yusuke Kitami, Kunito Fukuda, Naoki Asakawa
【学会名】 4th Gunma International Symposium on Membranes, 2D Mate- rials, and Device Applications
【開催地】 Kiryu
【発表年月日】 2018年01月17日
Stochastic Resonance Controlled by Internal Noise in Polymer Transistor
【全発表者名】 Yoshiharu Suzuki and Naoki Asakawa
【学会名】 4th Gunma International Sympo- sium on Membranes, 2D Materials, and Device Applications
【開催地】 Kiryu
【発表年月日】 2018年01月17日
Electrically Detected Magnetic Resonance of Or- ganic Semiconductor Devices
【全発表者名】 Naoki Asakawa
【学会名】 The 2nd Joint Symposium on Chemistry be- tween Gunma University and Xiamen University
【開催地】 Xiamen Univ., China
【発表年月日】 2017年12月14日
パイ共役系高分子薄膜のスピン依存過程に与えるモルフォ ロジーの影響 ― 電気的検出電子スピン共鳴分光計の開発を中心に ー
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 第 66 回高分子討論会
【開催地】 愛媛大学
【発表年月日】 2017年06月02日
生物の情報処理機構に学ぶ高分子エレクトロニクステ?ハ?イ ス
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 複合材料懇話会
【開催地】 群馬大学
【発表年月日】 2017年06月02日
NMR 信号の線型の意味と周波数可変測定
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 第 17 回固体 NMR 技術交流会 (共同開催:文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業 NIMS 微細構造解析プラットフォーム 2015 年度 第 2 回地域セミナー)
【開催地】 日本電子東京事務所(大手町)
【発表年月日】 2016年03月16日
Stochastic delay-derivative device elements using binary mixtures containing biobased polymers: Potential application for bioinspired signal processing devices with hierarchical instabilities
【全発表者名】 Ryota Maruyama and Naoki Asakawa
【学会名】 PACIFICHEM2015
【開催地】 Hawaii Convention Center(Honolulu)
【発表年月日】 2015年12月16日
Molecular Dynamics of pi-conjugated polymers and application to bioinspired signal processing devices
【全発表者名】 Naoki Asakawa
【学会名】 PACIFICHEM2015
【開催地】 Hawaii Convention Center(Honolulu)
【発表年月日】 2015年12月16日
非相溶高分子混合系を用いた素子のノイズパワースペクトル
【全発表者名】 丸山亮太, 浅川直紀
【学会名】 第25回日本MRS年次大会
【開催地】 横浜市開港記念館
【発表年月日】 2015年12月09日
Spatio-temporal fluctuations in binary mixtures of polymer thin films
【全発表者名】 Ryota Maruyama and Naoki Asakawa
【学会名】 11th International Workshop on Radiation Effects on Semiconductor Devices for Space Applications (11th RASEDA) and The 7th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (7th AMDE)
【開催地】 Silk Hall(Kiryu)
【発表年月日】 2015年11月12日
多重検出磁気共鳴による π 共役系分子デバイスのスピン依存過程の解明
【全発表者名】 福田 國統, 浅川 直紀
【学会名】 第54回NMR討論会
【開催地】 千葉工業大学(船橋)
【発表年月日】 2015年11月08日
多重検出ESR装置によるπ共役系デバイスの評価法の開発
【全発表者名】 福田 國統, 浅川 直紀
【学会名】 第54回電子スピンサイエンス学会年会
【開催地】 朱鷺メッセ(新潟)
【発表年月日】 2015年11月02日
分子タ?イナミクス:NMR 信号の線型の意味を考える
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 第 32 回フ?ルカーハ?イオスヒ?ン社ユーサ?ース?ミーティンク?
【開催地】 大阪と東京
【発表年月日】 2015年10月07日
分子ダイナミクス:NMR信号の線型の意味を考える
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 ブルカー・バイオスピン社ユーザーズミーティング
【開催地】 東京コンファレンスセンター(品川)
【発表年月日】 2015年10月07日
分子ダイナミクス:NMR信号の線型の意味を考える
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 ブルカー・バイオスピン社ユーザーズミーティング
【開催地】 千里ライフサイエンス(吹田市)
【発表年月日】 2015年10月06日
高分子トランジスタを用いたノイズ駆動素子の開発
【全発表者名】 鈴木喜晴, 神吉輝夫, 田中秀和, 浅川直紀
【学会名】 第64回高分子討論会
【開催地】 東北大学(川内キャンパス)(仙台)
【発表年月日】 2015年09月17日
電流検出磁気共鳴によるπ共役系分子のキャリアスピン依存過程の検出
【全発表者名】 福田 國統, 浅川 直紀
【学会名】 第64回高分子討論会
【開催地】 東北大学(川内キャンパス)(仙台)
【発表年月日】 2015年09月15日
低融点高分子混合系薄膜の時空間ゆらぎ
【全発表者名】 丸山 亮太, 大豆生田 裕希, 永井 大介, 馬場 琢朗, 橘 熊野, 粕谷 健一, 浅川 直紀
【学会名】 第64回高分子討論会
【開催地】 東北大学(川内キャンパス)(仙台)
【発表年月日】 2015年09月15日
NMRによる高分子の解析  ~基礎理論と実践テクニック~
【全発表者名】 浅川直紀
【学会名】 (株)情報機構のセミナー「NMRによる高分子の解析 ~基礎理論と実践テクニック~」
【開催地】 太陽化学(株)東京本社内(浜松町)
【発表年月日】 2015年08月31日
Multiplex detection of magnetic resonance for π-conjugated polymer electronics devices
【全発表者名】 Kunito Fukuda and Naoki Asakawa
【学会名】 Rocky Mountain Conference on Magnetic Resonance
【発表年月日】 2015年07月28日
高分子トランジスタにおける確率共鳴現象の研究
【全発表者名】 鈴木喜晴, 神吉輝夫 , 田中秀和 , 浅川直紀
【学会名】 第64回高分子年次大会
【開催地】 札幌コンベンションセンター(札幌)
【発表年月日】 2015年05月27日
多重検出磁気共鳴法による高分子デバイスの評価
【全発表者名】 福田國統, 浅川直紀
【学会名】 高分子学会15-1NMR研究会
【開催地】 積水化学工業株式会社 京都研究所 講堂
【発表年月日】 2015年05月19日
生体模倣型信号処理デバイスのための低融点非相溶高分子混合系素子の作製
【全発表者名】 丸山亮太, 浅川直紀
【学会名】 第64回高分子年次大会
【開催地】 積水化学工業株式会社 京都研究所 講堂
【発表年月日】 2015年05月19日
Design of signal/information processing devices with hierarchical instabilities : stochastic delay derivative elements using binary mixtures containing bio-based polymers
【全発表者名】 Ryota Maruyama and Naoki Asakawa
【学会名】 Fourth International Conference on Multifunctional, Hybrid and Nanomaterials (Hybrid Materials 2015)
【開催地】 Sitges, Spain
【発表年月日】 2015年03月10日
Noise-driven signal transmission device using twist dynamics in poly(alkylthiophene)s
【全発表者名】 N.Asakawa, Y.Suzuki, K.Fukuda, K.Yazawa, T.Shimizu, M.Tansho, T.Kanki, H.Tanaka
【学会名】 Fourth International Conference on Multifunctional, Hybrid and Nanomaterials (Hybrid Materials 2015)
【開催地】 Sitges, Spain
【発表年月日】 2015年03月10日
ポリ(3-アルキルチオフェン)薄膜の確率共鳴と電気伝導度ゆらぎ
【全発表者名】 大野雄太、神吉輝夫、田中秀和、浅川直紀
【学会名】 第30群馬・栃木地区講演会
【開催地】 群馬大学桐生キャンパス(桐生)
【発表年月日】 2015年03月06日
π高分子デバイスに対する多重磁気共鳴測定法の開発
【全発表者名】 福田國統, 浅川直紀
【学会名】 第30群馬・栃木地区講演会
【開催地】 群馬大学桐生キャンパス(桐生)
【発表年月日】 2015年03月06日
Design of signal/information processing devices with hierarchical instabilities - stochastic delay-derivative elements using binary mixtures containing bio-based polymers
【全発表者名】 丸山亮太、浅川直紀
【学会名】 第30回群馬・栃木地区講演会
【開催地】 群馬大学桐生キャンパス(桐生)
【発表年月日】 2015年03月06日
高分子トランジスタにおける確率共鳴現象の研究
【全発表者名】 鈴木喜晴、神吉輝夫、田中秀和、浅川直紀
【学会名】 第30群馬・栃木地区講演会
【開催地】 群馬大学桐生キャンパス(桐生)
【発表年月日】 2015年03月06日
階層的な不安定性を有する信号情報処理高分子デバイスの作製
【全発表者名】 丸山亮太, 浅川直紀
【学会名】 第24回日本MRS年次大会
【開催地】 横浜市開港記念会館
【発表年月日】 2014年12月12日
Spatial fluctuation enhancement in polymer capacitors using immiscible binary mixtures
【全発表者名】 Ryota Maruyama and Naoki Asakawa
【学会名】 1st International Symposium of Gunma University Medical Innovation (GUMI) and 6th International Conference on Advanced Micro-Device Engineering (AMDE)
【開催地】 Kiryu, Gunma
【発表年月日】 2014年12月05日