大学情報データベース

研究者 : 遠藤 啓吾 320 件中 1 - 50 件目

表示件数
2 3 4 5 6 7 次へ >> 

【論文】

Essential pre-treatment imaging examinations in patients with endoscopically-diagnosed early gastric cancer
【全著者名】 Horisoko E, Tsushima Y, Takahashi-Taketomi A, Tokunaga M, Endo K.
【掲載雑誌名】 BMC Med Inform Decis Mak. [Epub ahead of print]
【巻・号・頁】 10(1): 33
【発表年月】 2010年07月
放射線量測定と放射線医学ともにもっとPRを
【全著者名】 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 FBNews
【巻・号・頁】 400: 3
【発表年月】 2010年04月
Imaging and biodistribution of Her2/neu expression in non-small cell lung cancer xenografts with 64Cu-labeled trastuzumab PET.
【全著者名】 Paudyal P, Paudyal B, Hanaoka H, Oriuchi N, Iida Y, Yoshioka H, Tominaga H, Watanabe, S, Watanabe S, Ishioka NS, Endo K.
【掲載雑誌名】 Cancer Sci
【巻・号・頁】 101(4): 1045-1050
【発表年月】 2010年04月
The role of the ADC value in the characterization of renal carcinoma by diffusion-weighted MRI
【全著者名】 Paudyal B, Paudyal P, Tsushima Y, Oriuchi N, Amanuma M, Miyazaki M, Taketomi-Takahashi A, Nakazato Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 The British Joural of Radiology
【巻・号・頁】 83: 336-343
【発表年月】 2010年04月
核医学のこれからはPETと核医学治療である.
【全著者名】 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 新医療
【巻・号・頁】 3: 28-31
【発表年月】 2010年03月
F-18-FDG Positron Emission Tomography Findings Correlate Pathological Proliferative Activity of Oral Squamous Cell Carcinoma.
【全著者名】 Toyoizumi O, Oriuchi N, Miyakubo M, Ishikita T, Nakasone Y, Negishi A, Endo K, Nakajima T, Mogi K, Yokoo S.
【掲載雑誌名】 THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL
【巻・号・頁】 60(1): 1-8
【発表年月】 2010年
PET/CT診断
【全著者名】 樋口徹也、織内昇、宮下剛、有坂有紀子、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 臨床画像
【巻・号・頁】 26(2): 162-169
【発表年月】 2010年
MRI用Gd造影剤による即時型副作用の検討
【全著者名】 氏田浩一、天沼 誠、松井聡美、及川聡子、幅野陽二、尾崎大輔、大竹英則、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 日本磁気共鳴医学会雑誌
【巻・号・頁】 30
【発表年月】 2010年
PET imaging of norepinephrine transporter (NET)-expressing tumors using 76Br-meta-bromobenzylguanidine (76Br-MBBG).
【全著者名】 Watanabe S, Hanaoka H, Liang JX, Iida Y, Endo K, Ishioka NS
【掲載雑誌名】 J Nucl Med
【巻・号・頁】 51: 1472-1479
【発表年月】 2010年
Additional value of integrated PET/CT over PET alone in the initial staging and follow up of head and neck malignancy
【全著者名】 Ishikita T, Oriuchi N, Higuchi T, Miyashita G, Arisaka Y, Paudyal B, Paudyal P, Hanaoka H, Miyakubo M, Nakasone Y, Negishi A, Yokoo S, Endo K.
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med
【巻・号・頁】 24: 77-82
【発表年月】 2010年
RIを用いる核医学治療 -レビュ-
【全著者名】 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 PET journal
【巻・号・頁】 9: 31-32
【発表年月】 2010年
眼窩および眼窩周囲腫瘤性病変の実践的鑑別診断
【全著者名】 神沼智江、天沼 誠、高橋綾子、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 臨床放射線
【巻・号・頁】 55: 517-524
【発表年月】 2010年
18F-FAMT uptake correlates with tumor proliferative activity in oral squamous cell carcinoma: comparative study with 18F-FDG PET and immunohistochemistry.
【全著者名】 Miyashita G, Higuchi T, Oriuchi N, Arisaka Y, Hanaoka H, Tominaga H, Morita S, Miyakubo M, Ishikita T, Nakasone Y, Negishi A, Yokoo S, Endo K
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med
【巻・号・頁】 24: 579-584
【発表年月】 2010年
末は博士かプロ野球選手か 理科離れへの対策.
【全著者名】 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 BIO Clinica
【巻・号・頁】 25(9): 747
【発表年月】 2010年
温泉と私
【全著者名】 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 KONICA MINOLTA Medical Network
【巻・号・頁】 1
【発表年月】 2010年
CT画像から死後の状態をどの程度指摘することができるか -群馬大学オートプシー・イメージングセンター開設1年を振り返って
【全著者名】 粟田さち子、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 医学のあゆみ
【巻・号・頁】 231(9): 902-905
【発表年月】 2009年11月
18F-FMT Uptake Seen Within Primary Cancer on PET Helps Predict Outcome of Non-Small Cell Lung Cancer.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Shimizu K, Tominaga H, Yanagitani N, Sunaga N, Ishizuka T, Kanai Y, Mori M, Endo K.
【掲載雑誌名】 J Nucl Med
【巻・号・頁】 50(11): 1770-6
【発表年月】 2009年10月
各種骨病変における臨床的有用性と医療経済効果に関する骨シンチグラフィと18F-fluoride ion PETの比較検討
【全著者名】 宇野公一、井上登美夫、山口慶一郎、井戸達雄、遠藤啓吾、久保敦司、日下部きよ子、竹田 寛、村上康二、吉川京燦、鳥塚完爾.
【掲載雑誌名】 RADIOISOTOPES
【巻・号・頁】 58((7)): 461-468
【発表年月】 2009年07月
The clinical application of (18)F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography to predict survival in patients with operable esophageal cancer
【全著者名】 Kato H, Nakajima M, Sohda M, Tanaka N, Inose T, Miyazaki T, Fukuchi M, Oriuchi N, Endo K, Kuwano H.
【掲載雑誌名】 Cancer.
【巻・号・頁】 115(14): 3196-3203
【発表年月】 2009年07月
Evaluation of 64Cu-labeled DOTA-D-Phe1-Tyr3-octreotide (64Cu-DOTA-TOC) for imaging somatostatin receptor-expressing tumors.
【全著者名】 H. Hanaoka, H. Tominaga, K. Yamada, P. Paudyal, Y. Iida, S. Watanabe, B. Paudyal, T. Higuchi, N. Oriuchi, K. Endo
【掲載雑誌名】 Ann. Nucl. Med.
【巻・号・頁】 23: 559-567
【発表年月】 2009年06月
Correlation of angiogenesis with 18F-FMT and 18F-FDG uptake in non-small cell lung cancer.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Shimizu K, Ishikita T, Higuchi T, Imai H, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Endo K, Mori M.
【掲載雑誌名】 Cancer Sci.
【巻・号・頁】 100(4): 753-758
【発表年月】 2009年04月
総特集「最新核医学事情―その可能性と課題」20%ルール撤廃と適用範囲拡大でPET検査はさらに普及します。
【全著者名】 遠藤啓吾.
【掲載雑誌名】 新医療
【巻・号・頁】 : 36-39
【発表年月】 2009年03月
Prediction of functional outcome in stunned myocardium after myocardial infarction using BMIPP and tetrofosmin imaging.
【全著者名】 Ueda T, Toyama T, Seki R, Hoshizaki H, Oshima S, Taniguchi K, Endo K, Kurabayashi M.
【掲載雑誌名】 J Int Med Res.
【巻・号・頁】 37((2)): 367-77
【発表年月】 2009年03月
Expansion of radiofrequency ablation volume by saturated NaCl saline injection in the area of vaporization.
【全著者名】 Shimizu A, Ishizaka H, Awata S, Shiraishi A, Hirasawa S, Tatezawa T, Kano M, Shimodaira K, Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 Acta Radiol
【巻・号・頁】 50(1): 61-64
【発表年月】 2009年01月
納得して治療を受ける秘訣 画像診断はここまで進化した!
【全著者名】 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 がんサポート
【巻・号・頁】 2009 Vol.66(1): 44-49
【発表年月】 2009年01月
甲状腺機能亢進症のアイアソトープ治療  
【全著者名】 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 Medical Practice
【巻・号・頁】 Vol.26(No.1): 115-119
【発表年月】 2009年01月
Production of no-carrier-added Cu-64 and applications to molecular imaging by PET and PETIS as a biomedical tracer.
【全著者名】 Watanabe S, Iida Y, Suzui N, Katabuchi T, Ishii S, Kawachi N, Hanaoka H, Watanabe S, Matsuhashi S, Endo K, Ishioka NS.
【掲載雑誌名】 J Radioanal Nucl Chem
【巻・号・頁】 280: 199-205
【発表年月】 2009年
Evaluation of thoracic tumors with 18F-FMT and 18F-FDG PET-CT: A clinicopathological study.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Shimizu K, Ishikita T, Higuchi T, Imai H, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Endo K, Mori M.
【掲載雑誌名】 Int J Cancer
【巻・号・頁】 124: 1152-1160
【発表年月】 2009年
悪性リンパ腫の早期の治療効果と予後予測における18F‐FDG PETの有用性の研究
【全著者名】 織内昇,樋口徹也,遠藤啓吾,塚本憲史,松田博史,久慈一英,村上康二,中島光太郎
【掲載雑誌名】 核医学
【巻・号・頁】 46(2): 96-9
【発表年月】 2009年
腎動脈、 子宮動脈描出におけるInhance Inflow IR法の有用性
【全著者名】 天沼 誠、岡内研三、守屋真吾、氏田浩一、松井聡美、遠藤啓吾、竹井直行
【掲載雑誌名】 GE today
【発表年月】 2009年
Magnetic resonance imaging findings of extrapelvic endometriosis of the round ligament.
【全著者名】 Tokue H, Tsushima Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 Jpn J Radiol
【巻・号・頁】 27: 45-47
【発表年月】 2009年
Radioimmunotherapy of solid tumors targeting a cell-surface protein, FZD10: therapeutic efficacy largely depends on radiosensitivity.
【全著者名】 Hanaoka H, Katagiri T, Fukukawa C, Yoshioka H, Yamamoto S, Iida Y, Higuchi T, Oriuchi N, Paudyal B, Paudyal P, Nakamura Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med
【巻・号・頁】 23: 479-485
【発表年月】 2009年
全身骨病変検索検査としての18F-fluoride ion PETの有用性の評価と、骨シンチグラフィとの比較.
【全著者名】 宇野公一、井上登美夫、遠藤啓吾、日下部きよ子、村上康二、吉川京燦、井戸達雄、久保敦司、竹田 寛、山口慶一郎.
【掲載雑誌名】 核医学
【巻・号・頁】 46((2)): 103-106
【発表年月】 2009年
Magnetic resonance (MR) differential diagnosis of breast tumors using apparent diffusion coefficient (ADC) on 1.5T.
【全著者名】 Tsushima Y, Takahashi-Taketomi A, Endo K.
【掲載雑誌名】 J. Magn. Reson. Imaging.
【巻・号・頁】 30: 249-255
【発表年月】 2009年
LightSpeed VCTの有用性と撮影の工夫.
【全著者名】 中原健裕、倉林正彦、武井宏行、大竹英則、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 Rad Fan
【巻・号・頁】 7((6)): 32-34
【発表年月】 2009年
Chelating ion-exchange methods for the preparation of no-carrier-added 64Cu.
【全著者名】 Watanabe S, Watanabe S, Liang JX, Hanaoka H, Endo K, Ishioka NS.
【巻・号・頁】 36: 587-90
【発表年月】 2009年
Mesial temporal sclerosis associated with methotrexate-induced leukoencephalopathy.
【全著者名】 Hamamoto K, Oriuchi N, Kanazawa T, Higuchi T, Endo K.
【掲載雑誌名】 PEDIATRIC NEUROLOGY
【巻・号・頁】 40((4)): 306-309
【発表年月】 2009年
Dual functional molecular imaging probe targeting CD20 with PET and optical imaging.
【全著者名】 Paudyal P, Paudyal B, Iida Y, Oriuchi N, Hanaoka H, Tominaga H, Ishikita T, Yoshioka H, Higuchi T, Endo K.
【掲載雑誌名】 ONCOLOGY REPORTS
【巻・号・頁】 22: 115-119
【発表年月】 2009年
Quantification of hepatic arterial and portal perfusion with dynamic computed tomography:comparison of maximum-slope and dual-input one-compartment model methods.
【全著者名】 Miyazaki M, Tsushima Y, Miyazaki A, Paudyal B, Amanuma M, Endo K.
【掲載雑誌名】 Jpn J Radiol
【巻・号・頁】 27: 143-150
【発表年月】 2009年
Diagnostic utility of diffusion-weighted MR imaging and apparent diffusion coefficient value for the diagnosis of adrenal tumors.
【全著者名】 Tsushima Y, takahashi-Taketomi A, Endo K.
【掲載雑誌名】 JOURNAL OF MAGNETIC RESONANCE IMAGING
【巻・号・頁】 29: 112-117
【発表年月】 2009年
画像診断機器が臨床に及ぼす有用性を検証する.巻頭論文
【全著者名】 遠藤啓吾、大竹英則
【掲載雑誌名】 医療機器システム白書
【発表年月】 2009年
Successful interventional management for subclavian artery injury secondary to internal jugular catheterization: A report of two cases.
【全著者名】 Tokue H, Tsushima Y, Morita H, Endo K.
【掲載雑誌名】 Cardiovasc Intervent Radiol ; ():
【巻・号・頁】 32(6): 1268-1271
【発表年月】 2009年
医療用小型サイクロトロン周辺の放射化状況の評価.
【全著者名】 齋藤享子、高橋康幸、山口一郎、木村健一、勘崎貴雄、島田博孝、大竹英則、織内昇、遠藤啓吾.
【掲載雑誌名】 Jpn.J.Med.Phys.
【巻・号・頁】 29(2): 29-34
【発表年月】 2009年
Jejunogastric intussusception: life-threatening complication occuring 55 years after gastrojejunostomy
【全著者名】 Tokue H, Tsushima Y, Arai Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 Intern Med
【巻・号・頁】 48(18): 1657-1660
【発表年月】 2009年
Imaging findings and management of isolated dissection of the visceral arteries.
【全著者名】 Tokue H, Tsushima Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 Japanese Journal of Radiology
【巻・号・頁】 27(10): 430-437
【発表年月】 2009年
Clinical and imaging characteristics of localized megalencephaly: a retrospective comparison of diffuse hemimegalencephaly and multilobar cortical dysplasia.
【全著者名】 Nakahashi M, Sato N, Yagishita A, Ota M, Saito Y, Sugai K, Sasaki M, Natsume J, Tsushima Y, Amanuma M, Endo K
【掲載雑誌名】 Neuroradiology
【巻・号・頁】 51: 821-830
【発表年月】 2009年
Expansionof radiofrequency ablation volume by saturated NaCl saline injection in the area of vaporization.
【全著者名】 Shimizu A, Ishizaka H, Awata S, Shiraishi A, Hirasawa S, Tatezawa T, Kano M, Shimodaira K, Taketomi-Takahashi A, Tsushima Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 Acta Radiol
【巻・号・頁】 27: 143-150
【発表年月】 2009年
副腎 2)髄質腫瘍
【全著者名】 髙野晃枝、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 内分泌・糖尿病科
【巻・号・頁】 28 ((1)): 39-44
【発表年月】 2009年
Clinical implication of glucose transport and metabolism evaluated by 18F-FDG-PET in hepatocellular carcinoma
【全著者名】 Paudyal B, Paudyal P, Oriuchi N, Tsushima Y, Nakajima T, Endo K.
【掲載雑誌名】 Int J Oncol
【巻・号・頁】 33: 1047-1054
【発表年月】 2008年11月
放射免疫療法:RI標識抗体を用いた治療
【全著者名】 花岡宏史、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 がんの分子標的治療
【巻・号・頁】 Ⅳ: 332-336
【発表年月】 2008年09月