大学情報データベース

研究者 : 織内 昇 200 件中 101 - 150 件目

表示件数
<< 前へ 1 2 3 4 次へ >> 

【論文】

Sentinel lymph nodes with technetium-99m colloidal rhenium sulfide in patients with esophageal carcinoma.
【全著者名】 KATO HIROYUKI / MIYAZAKI T / NAKAJIMA M / TAKITA J / SOHDA M / FUKAI Y / MATSUDA N / FUKUCHI M / MANDA R / OJIMA H / TSUKADA Katsuhiko / ASAO TAKAYUKI / KUWANO HIROYUKI / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Cancer
【巻・号・頁】 98(5): 933-939
【発表年月】 2003年09月
Gliomatosis cerebri evaluated by 18F-a-methy1 tyrosine positron-emission tomogaphy
【全著者名】 SATO NORIKO / ENDO KEIGO / Inoue T. / Tomiyoshi K. / AOKI JUN / ORIUCHI NOBORU / TAKAHASHI AKIO / Otani T. / Kurihara H. / Sasaki T.
【掲載雑誌名】 Heuroradiology
【巻・号・頁】 451: 700-707
【発表年月】 2003年09月
Assessment of myocardial viability with a positron coincidence gamma camera using fluorodeoxyglucose in comparison with dedicated PET.
【全著者名】 Tian, M / Koyama, K. / Zhang, H. / ORIUCHI NOBORU / HIGUCHI TETSUYA / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Nuclear Medicine Communications
【巻・号・頁】 24: 367-374
【発表年月】 2003年04月
A comparative study of 11C-choline PET and [18F]fluorodeoxyglucose PET in the evaluation of lung cancer.
【全著者名】 Khan N. / ORIUCHI NOBORU / Zhang H. / HIGUCHI TETSUYA / Tian M. / Inoue T. / SATO NORIKO / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Nuclear Mediicne Communications
【巻・号・頁】 24: 359-366
【発表年月】 2003年04月
11C-choline PET for the detection of bone and soft tissue tumours in comparison with FDG PET.
【全著者名】 Zhang H. / Tian M. / ORIUCHI NOBORU / HIGUCHI TETSUYA / WATANABE HIDEOMI / AOKI JUN / Tanada S. / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Nuclear Medicine Communications
【巻・号・頁】 24: 273-279
【発表年月】 2003年03月
Radioimmunoscintigraphy of intracranial glioma xenograft with a technetium-99m-labeled mouse monoclonal antibody specifically recognizing type III mutant epidermal growth factor receptor.
【全著者名】 Takasu, S., Takahashi, T., Okamoto, S., Oriuchi, N., Nakayashiki, N., Okamoto, K., Muramatsu, H., Hayashi, T., Nakahara, N., Mizuno, M., Wakabayashi, T., Higuchi, T., Endo, K., Kozaki, K., Miyaishi, O., Saga, S., Ueda, R., Yoshida, J., Yoshikawa, K.
【掲載雑誌名】 Journal Neuro-Oncology
【巻・号・頁】 63: 247-256
【発表年月】 2003年03月
Correlation of 18-fluorodeoxyglucose (FDG) accumulation with glucose transporter (Glut-1) expression in esophageal squamous cell carcinoma.
【全著者名】 KATO HIROYUKI / TAJIMA J / MIYAZAKI T / NAKAJIMA M / FUKAI Y / MASUDA N / FUKUCHI M / MANDA R / OJIMA H / TSUKADA K / KUWANO HIROYUKI / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Anticancer Research
【巻・号・頁】 23: 3263-3272
【発表年月】 2003年
Utility of 99mTc-ECD ictal SPECT for epilepsy surgery
【全著者名】 SHIMIZU TATSUYA / TAKAHASHI AKIO / WATANABE KATSUSHIGE / HIRATO MASABUMI / SAITO NOBUHITO / ORIUCHI NOBORU / OOTAKE HIDENORI
【掲載雑誌名】 群馬核医学研究会会誌
【巻・号・頁】 18: 19-20
【発表年月】 2003年
Evaluation of hemangioma by positron emission tomography: Role in a multimodality approach.
【全著者名】 Hatayama K. / TAKAGISHI KENJI / Watanabe H. / Ahmed AR. / Yanagawa T. / SHINOZAKI TETSUYA / ORIUCHI NOBORU / AOKI JUN / TAKEUCHI KIMIHIKO / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 J Comput Assist Tomogr
【巻・号・頁】 27: 70-77
【発表年月】 2003年
クリニカルPET―FDGの臨床応用― 肺癌.
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 画像診断
【巻・号・頁】 23(10): 1142-1147
【発表年月】 2003年
Detection of lung cancer with positron coincidence gamma camera using fluorodeoxyglucose in comparison with dedicated PET.
【全著者名】 Zhang Hong / Tian Mei / ORIUCHI NOBORU / HIGUCHI TETSUYA / Tanada Syuji / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 EJR
【巻・号・頁】 47: 199-205
【発表年月】 2003年
カドミウム亜鉛テルライド半導体検出器を使用した小型ガンマカメラの性能評価.
【全著者名】 大竹英則、樋口徹也、竹内康直、流王英樹、神保昌夫、松原國夫、小山一郎、織内 昇、井上登美夫、遠藤啓吾.
【掲載雑誌名】 核医学
【巻・号・頁】 39: 549-553
【発表年月】 2002年11月
PETの放射線治療への応用
【全著者名】 樋口 徹也 / 織内 昇 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 映像情報Medical
【巻・号・頁】 34: 1316-1320
【発表年月】 2002年11月
<診断のための必要な知識>悪性リンパ腫診断における核医学の進歩
【全著者名】 織内 昇 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 内科
【巻・号・頁】 90: 437-442
【発表年月】 2002年09月
RI標識抗体の臨床応用
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 PRACTICAL ONCOLOGY
【巻・号・頁】 15: 11-12
【発表年月】 2002年07月
Oncological diagnosis using positron coincidence gamma camera with fluorodeoxyglucose in comparison with dedicated PET.
【全著者名】 Zhang H. / Tian M. / ORIUCHI NOBORU / HIGUCHI TETSUYA / Tanada S. / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 The British Journal of Radiology
【巻・号・頁】 75: 409-416
【発表年月】 2002年05月
FDG-PET検査のがん診療への臨床応用 食道癌
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 日本医学放射線学会雑誌
【巻・号・頁】 62: 265-269
【発表年月】 2002年05月
Comparison between positron emission tomography and computed tomography in the use of the assessment of esophageal carcinoma.
【全著者名】 KATO HIROYUKI / KUWANO HIROYUKI / NAKAJIMA M / MIYAZAKI T / YOSHIKAWA M / OJIMA H / TSUKADA Katsuhiko / ORIUCHI NOBORU / INOUE T / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Cancer
【巻・号・頁】 94: 921-928
【発表年月】 2002年02月
FDG-PETが診断の契機となったPancoast腫瘍の1例., 2002.
【全著者名】 濱口真吾 / 織内 昇 / 樋口 徹也 / 市川聡裕 / 小山 恵子 / 青木 純 / 井上登美夫 / 福里利夫 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 画像診断
【巻・号・頁】 22: 58-62
【発表年月】 2002年
Present and future of nuclear nephro-urology
【全著者名】 Inoue T. / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 International Congress Series
【巻・号・頁】 1228: 117-182
【発表年月】 2002年
脳腫瘍におけるC-11choline PETの有用性
【全著者名】 大谷 敏幸 / 橋場 康弘 / 登坂 雅彦 / 藤巻 広也 / 織内 昇 / 井上 登美夫 / 佐々木 富男
【掲載雑誌名】 CI研究
【巻・号・頁】 24:1-8
【発表年月】 2002年
サルコイドーシスの画像診断 肝臓・脾臓のサルコイドーシス
【全著者名】 武富 綾子 / 織内 昇 / 青木 純 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 臨床画像
【巻・号・頁】 18: 1130-1133
【発表年月】 2002年
Sentinel Node 4. アイソトープによるセンチネルリンパ節の検出とその安全性.
【全著者名】 遠藤 啓吾 / 織内 昇 / 浅尾 高行 / 桑野 博行
【掲載雑誌名】 外科
【巻・号・頁】 63:830-834
【発表年月】 2001年07月
FDG-PETとMRI画像を用いた大腿義足歩行における下肢筋活動の評価
【全著者名】 市川聡裕 / 鈴木慶子 / 山路 雄彦 / 井上登美夫 / 篠崎 哲也 / 高岸 憲二 / 松原 國夫 / 鈴木 英樹 / 織内 昇 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 群馬県核医学研究会会誌
【巻・号・頁】 15巻2号 Page28-30
【発表年月】 2001年07月
A basic study on lesion detectability for hot spot imaging of positron emitters with dedicated PET and positron coincidence gamma camera.
【全著者名】 Zhang H. / Inoue T. / Tian M. / Alyafei S. / ORIUCHI NOBORU / Khan N. / Li S. / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Annals of Nuclear Medicine
【巻・号・頁】 15: 301-306
【発表年月】 2001年06月
Usefulness of dual-head coincidence gamma camera with thick NaI crystals for nuclear oncology: Comparison with dedicated PET camera and conventional gamma camera with thin NaI crystals.
【全著者名】 Inoue T. / ENDO KEIGO / ORIUCHI NOBORU / Koyama K. / Ichikawa A. / Tomiyoshi K. / SATO NORIKO / Matsubara K. / Suzuki H. / AOKI JUN
【掲載雑誌名】 Annals of Nuclear Medicine
【巻・号・頁】 15:141-148
【発表年月】 2001年04月
Tumour detectability in 2-dimensional and 3-dimensional positron emission tomography using the SET-2400W: a phantom study.
【全著者名】 Zhang H. / Inoue T. / Alyafei S. / Tian M. / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO
【掲載雑誌名】 Nuclear Medicine Communications
【巻・号・頁】 22:305-314
【発表年月】 2001年
Detection of malignant tumors: Whole-body PET with fluorine 18 a-methyl tyrosine versus FDG-Preliminary study.
【全著者名】 Inoue T. / AOKI JUN / ENDO KEIGO / Koyama K. / ORIUCHI NOBORU / Alyafei, S. / Yuan, Z. / Suzuki H. / Takeuchi K. / Tomaru Y. / Tomiyoshi K.
【掲載雑誌名】 Radiology
【巻・号・頁】 220:54-62
【発表年月】 2001年
骨シンチグラフィが陰性でFDG-PETが有用であった肺癌骨転移の1例.
【全著者名】 平澤 聡 / 織内 昇 / 井上登美夫 / 青木 純 / 遠藤 啓吾 / 菅原更細 / 市川聡裕
【掲載雑誌名】 臨床画像
【巻・号・頁】 17(6): 722-726
【発表年月】 2001年
新しい画像診断技術の臨床応用.
【全著者名】 織内 昇 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 Drug Delivery System
【巻・号・頁】 16-6:485-491
【発表年月】 2001年
ブドウ糖代謝が著しい亢進を示した側頚嚢胞の1例.
【全著者名】 恩田裕美 / 織内 昇 / 大屋成之 / 青木 純 / 井上登美夫 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 臨床画像
【巻・号・頁】 17:485-487
【発表年月】 2001年
ポジトロンCTが特徴的な所見を示した全身サルコイドーシスの2例.
【全著者名】 濱口真吾 / 織内 昇 / 樋口 徹也 / 市川聡裕 / 小山 恵子 / 冨吉勝美 / 青木 純 / 井上登美夫 / 遠藤 啓吾
【掲載雑誌名】 画像診断
【巻・号・頁】 21(11):1232-1237
【発表年月】 2001年
CaNa<sub>2</sub>EDTA for inprovement of radioimmunodetection and radioimmunotherapy with In-111 and Y-90 DTPA-anti-cea MAbs in nude mice bearing human colorectal cancer
【全著者名】 Watanabe N. / ORIUCHI NOBORU / ENDO KEIGO / Inoue T. / Kuroki M. / Matsuoka Y. / Tanada S. / Murata H. / Kim EE. / Sasaki Y.
【掲載雑誌名】 J Nucl Med
【巻・号・頁】 41/,337
【発表年月】 2000年02月
Assessment of resistance to paclitaxel of murine tumors by 99mTc-MIBI/201Tl dual-radionuclide imaging
【全著者名】 Oriuchi N. Jibu T, Milas L, Choe JG, Kuang LR, Kim EE, Hunter NR, Wallace S, Podoloff DA
【掲載雑誌名】 Nucl Med Biol
【巻・号・頁】 27: 127-133
【発表年月】 2000年
CaNa2 EDTA for improvement of radioimmunodetection and radioimmunotherapy with 111In and 90Y-DTPA-anti-CEA Mabs in nude mice bearing human colorectal cancer
【全著者名】 Watanabe N, Oriuchi N, Endo K, Inoue T, Kuroki M, Matsuoka Y, Tanada S, Murata H, Kim EE, Sasaki Y
【掲載雑誌名】 J Nucl Med
【巻・号・頁】 41: 337-344
【発表年月】 2000年
Tumor uptake of radioiodinated anti-human pulmonary surfactant-associated protein monoclonal antibody PE10 in nude mice bearing human pulmonary adenocarcinoma in combination with an unlabeled preload
【全著者名】 Watanabe N, Tanada S, Oriuchi N, Kim EE, Murata H, Sasaki Y
【掲載雑誌名】 Nucl Med Biol
【巻・号・頁】 27: 723-731
【発表年月】 2000年
Fundamental study of hot spot detectability in 3-dimensional positron emission tomography
【全著者名】 Zhang H, Inoue T, Alyafei S, Tian M, Oriuchi N, Ichikawa A, Matsubara K, Endo K
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med
【巻・号・頁】 14: 279-284
【発表年月】 2000年
FDG PET in the clinical evaluation of sarcoidosis with bone lesions
【全著者名】 Kobayashi A, Shonozaki T, Shinjyo Y, Kato K, Oriuchi N, Watanabe H, Takagishi K
【掲載雑誌名】 Ann. Nucl. Med.
【巻・号・頁】 14(4)/,311-313
【発表年月】 2000年
The Effect of FK409-a nitric oxide donor-on canine lung transplantation.
【全著者名】 Sunose Y, Takeyoshi I, Ohwada S, Iwazaki S, Aiba M, Tomizawa N, Tsutsumi H, Oriuchi N, Matsumoto K, Morishita Y
【掲載雑誌名】 J Heart and Lung Transpl
【巻・号・頁】 19/,298-309
【発表年月】 2000年
FR183998 protects against the increased microvascular permeability associated with ischemia-reperfusion injury in the canine lung
【全著者名】 Sunose Y, Takeyoshi I, Ohwada S, Iwazaki S, Tsutsumi H, Kawashima Y, Oriuchi N, Matsumoto K, Morishita Y
【掲載雑誌名】 Int J Angiol
【巻・号・頁】 9: 141-146
【発表年月】 2000年
Effects of FR167653 on ischemia-reperfusion injury in canine lung transplantation models.
【全著者名】 Sunose Y, Takeyoshi I, Ohwada S, Iwazaki S, Aiba M, Tomizawa N, Tsutsumi H, Kawashima Y, Ogawa T, Kawate S, Kasahara M, Oriuchi N, Matsumoto K, Morishita Y
【掲載雑誌名】 Transplant Proc
【巻・号・頁】 32/7,2435-2436
【発表年月】 2000年
PET imaging of musculoskeletal tumours with fluorine-18 alfa-methyltyrosine: comparison with fluorine-18 fluorodeoxyglucose PET
【全著者名】 Watanabe H, Inoue T, Shinozaki T, Yanagisawa T, Armed AR, Tomiyosh K, Oriuchi N, Tokunaga M, Aoki J, Endo K, Takagishi K
【掲載雑誌名】 Eur. J. Nucl. Med.
【巻・号・頁】 27(10)/,1509-1517
【発表年月】 2000年
FR167653 ameliorates pulmonary damage in ischemia-reperfusion injury in a canine lung transplantation model.
【全著者名】 Aiba M, Takeyoshi I, Sunose Y, Iwazaki S, Tsutsumi H, Ohwada S, Tomizawa N, Oriuchi N, Matsumoto K, Morishita, Y
【掲載雑誌名】 J Heart Lung Transplant
【巻・号・頁】 19/9,879-886
【発表年月】 2000年
Accuracy of carboxyhemoglobin dilution method for the measurement of circulating blood volume
【全著者名】 OOKI SATOSHI / KUNIMOTO FUMIO / ISA YUKITAKA / OBATA HIDEAKI / ISHIKAWA SUSUMU / ORIUCHI NOBORU / GOTO FUMIO / MORISHITA YASUO / Koyano Tetsuya
【掲載雑誌名】 Canadian Journal of Anesthesia
【巻・号・頁】 47:150-154
【発表年月】 2000年
Changes in gastric intramucosal pH and circulating blood volume following coronary artery bypass grafting
【全著者名】 OOKI SATOSHI / KUNIMOTO FUMIO / ISA YUKITAKA / ISHIKAWA SUSUMU / TAKAHASHI TORU / ORIUCHI NOBORU / MORISHITA YASUO / Tsukagoshi Hiroshi / Ohtaki Akio
【掲載雑誌名】 Canadian Journal of Anesthesia
【巻・号・頁】 47:516-521
【発表年月】 2000年
Fluorodeoxyglucose positron emission tomography scan of prostate cancer bone metastases with flare reaction after endocrine therapy
【全著者名】 Shimizu N, Masuda H, Yamanaka H, Oriuchi N, et al
【掲載雑誌名】 J Urol
【巻・号・頁】 161: 608-609
【発表年月】 1999年
18F α-methyl tyrosine PET studies in patients with brain tumors
【全著者名】 Inoue T, Shibasaki T, Oriuchi N, Aoyagi K, Tomiyoshi K, Amano S, Mikuni M, Ida I, Aoki J, Endo K
【掲載雑誌名】 J Nucl Med
【巻・号・頁】 40: 399-405
【発表年月】 1999年
In vitro and in vivo comparison of binding of 99m-Tc-labeled anti-CEA MAb F33-104 with 99m-Tc-labeled anti-CEA MAb BW431/26
【全著者名】 Watanabe N, Oriuchi N. Sugiyama S, Kuroki M, Matsuoka Y, Tanada S, Murata H, Inoue T, Sasaki Y
【掲載雑誌名】 Nuklearmedizin
【巻・号・頁】 38:: 115-119
【発表年月】 1999年
Localization of indium-111 in human malignant tumor xenografts and control by chelators
【全著者名】 Watanabe N, Oriuchi N. Endo K, Inoue T, Tanada S, Murata H, Kim EE, Sasaki Y
【掲載雑誌名】 Nucl Med Biol
【巻・号・頁】 26: 853-858
【発表年月】 1999年
Yttrium-90-labeled human macroaggregated albumin for internal radiotherapy: Combined use with DTPA
【全著者名】 Watanabe N, Oriuchi N. Endo K, Inoue T, Tanada S, Murata H, Sasaki Y
【掲載雑誌名】 Nucl Med Biol
【巻・号・頁】 26: 847-851
【発表年月】 1999年