大学情報データベース

研究者 : 織内 昇 200 件中 1 - 50 件目

表示件数
2 3 4 次へ >> 

【論文】

The role of the ADC value in the characterization of renal carcinoma by diffusion-weighted MRI
【全著者名】 Paudyal B, Paudyal P, Tsushima Y, Oriuchi N, Amanuma M, Miyazaki M, Taketomi-Takahashi A, Nakazato Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 The British Joural of Radiology
【巻・号・頁】 83: 336-343
【発表年月】 2010年04月
PET/CT診断特集肺癌-診断・治療の実際
【全著者名】 樋口徹也、織内 昇、宮下 剛、有坂有紀子、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 臨床画像
【巻・号・頁】 26(2): 162-169
【発表年月】 2010年
L-type amino acid transporter 1 and CD98 expression in primary and metastatic sites of human neoplasms.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Tanaka S, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 Cancer Sci.
【巻・号・頁】 99(12): 2380-2386
【発表年月】 2009年12月
Prognostic significance of L-type amino acid transporter 1 (LAT1) and 4F2 heavy chain (CD98) expression in stage I pulmonary adenocarcinoma.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Kanai Y, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 Lung Cancer.
【巻・号・頁】 66: 120-126
【発表年月】 2009年10月
18F-FMT Uptake Seen Within Primary Cancer on PET Helps Predict Outcome of Non-Small Cell Lung Cancer.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Shimizu K, Tominaga H, Yanagitani N, Sunaga N, Ishizuka T, Kanai Y, Mori M, Endo K.
【掲載雑誌名】 J Nucl Med
【巻・号・頁】 50(11): 1770-6
【発表年月】 2009年10月
CD98 Expression Is Associated with Poor Prognosis in Resected Non-Small-Cell Lung Cancer with Lymph Node Metastases.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Kawashima O, Kamide Y, Ishizuka T, Kanai Y, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 Ann Surg Oncol
【巻・号・頁】 16: 3437-3481
【発表年月】 2009年09月
Evaluation of (64)Cu-labeled DOTA-D-Phe(1)-Tyr (3)-octreotide ((64)Cu-DOTA-TOC) for imaging somatostatin receptor-expressing tumors.
【全著者名】 Hanaoka H, Tominaga H, Yamada K, Paudyal P, Iida Y, Watanabe S, Paudyal B, Higuchi T, Oriuchi N, Endo K.
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med.
【巻・号・頁】 23(6): 559-67
【発表年月】 2009年08月
The clinical application of (18)F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography to predict survival in patients with operable esophageal cancer
【全著者名】 Kato H, Nakajima M, Sohda M, Tanaka N, Inose T, Miyazaki T, Fukuchi M, Oriuchi N, Endo K, Kuwano H.
【掲載雑誌名】 Cancer.
【巻・号・頁】 115(14): 3196-3203
【発表年月】 2009年07月
L-type amino acid transporter 1 (LAT1) is frequently expressed in thymic carcinomas but is absent in thymomas.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 J Surg Oncol.
【巻・号・頁】 99: 433-8
【発表年月】 2009年06月
L-type amino acid transporter 1 expression is a prognostic marker in patients with surgically resected stage I non-small cell lung cancer.
【全著者名】 Imai H, Kaira K, Oriuchi N, Yanagitani N, Sunaga N, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 Histopathology.
【巻・号・頁】 54: 804-13
【発表年月】 2009年06月
Correlation of angiogenesis with 18F-FMT and 18F-FDG uptake in non-small cell lung cancer.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Shimizu K, Ishikita T, Higuchi T, Imai H, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Endo K, Mori M.
【掲載雑誌名】 Cancer Sci.
【巻・号・頁】 100(4): 753-758
【発表年月】 2009年04月
Prognostic significance of L-type amino acid transporter 1 (LAT1) and 4F2 heavy chain (CD98) expression in early stage squamous cell carcinoma of the lung.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 Cancer Sci.
【巻・号・頁】 100(2): 249-254
【発表年月】 2009年02月
Radioimmunotherapy of low-grade B-cell lymphoma with ( 90)Y-labeled anti-CD20 monoclonal antibody (Zevalin)
【全著者名】 Oriuchi N
【掲載雑誌名】 Nippon Hoshasen Gijutsu Gakkai Zasshi
【巻・号・頁】 65(3): 367-71
【発表年月】 2009年
悪性リンパ腫の早期の治療効果と予後予測における18F‐FDG PETの有用性の研究
【全著者名】 織内昇,樋口徹也,遠藤啓吾,塚本憲史,松田博史,久慈一英,村上康二,中島光太郎
【掲載雑誌名】 核医学
【巻・号・頁】 46(2): 96-9
【発表年月】 2009年
Evaluation of thoracic tumors with 18F-FMT and 18F-FDG PET-CT: A clinicopathological study.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Shimizu K, Ishikita T, Higuchi T, Imai H, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Endo K, Mori M.
【掲載雑誌名】 Int J Cancer
【巻・号・頁】 124: 1152-1160
【発表年月】 2009年
Mesial temporal sclerosis associated with methotrexate-induced leukoencephalopathy.
【全著者名】 Hamamoto K, Oriuchi N, Kanazawa T, Higuchi T, Endo K.
【掲載雑誌名】 PEDIATRIC NEUROLOGY
【巻・号・頁】 40((4)): 306-309
【発表年月】 2009年
Radioimmunotherapy of solid tumors targeting a cell-surface protein, FZD10: therapeutic efficacy largely depends on radiosensitivity.
【全著者名】 Hanaoka H, Katagiri T, Fukukawa C, Yoshioka H, Yamamoto S, Iida Y, Higuchi T, Oriuchi N, Paudyal B, Paudyal P, Nakamura Y, Endo K.
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med
【巻・号・頁】 23: 479-485
【発表年月】 2009年
Clinical significance of performing 18F-FDG PET on patients with gastrointestinal stromal tumors: a summary of a Japanese multicenter study
【全著者名】 Kaneta T, Takahashi S, Fukuda H, Arisaka Y, Oriuchi N, Hayashi T, Fujii H, Terauchi T, Tateishi U, Kubota K,Hara T, Nakamoto Y, Kitajima K, Murakami K
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med
【巻・号・頁】 23: 459-64
【発表年月】 2009年
甲状腺分化癌のRI内照射療法
【全著者名】 樋口徹也、織内 昇
【掲載雑誌名】 臨床画像
【巻・号・頁】 25: 585-591
【発表年月】 2009年
群馬大学旧サイクロトロン室における放射化状況
【全著者名】 齋藤享子、高橋康幸、大竹英則、嶋田博孝、勘崎貴雄、織内 昇、遠藤啓吾.
【掲載雑誌名】 群馬県核医学研究会誌
【巻・号・頁】 24: 9-11
【発表年月】 2009年
悪性リンパ腫の診断と治療効果判定におけるFDG-PETの利用
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 Rad Fan
【巻・号・頁】 7: 50-53
【発表年月】 2009年
悪性リンパ腫の診断と治療における核医学の役割
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 血液フロンティア
【巻・号・頁】 19: 91-98
【発表年月】 2009年
診断困難であった肺癌の一例
【全著者名】 神沼智江、有坂有紀子、樋口徹也、織内 昇、遠藤啓吾.
【掲載雑誌名】 群馬県核医学研究会誌
【巻・号・頁】 24: 12-13
【発表年月】 2009年
131I-MIBGによる内照射療法が奏効した悪性褐色細胞腫の一例
【全著者名】 儀保順子、有坂有紀子、樋口徹也、織内 昇、遠藤啓吾.
【掲載雑誌名】 群馬県核医学研究会誌
【巻・号・頁】 24: 14-16
【発表年月】 2009年
悪性褐色細胞腫に対する131I-MIBG内照射療法:現状と将来展望
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 Urology View
【巻・号・頁】 7: 81-85
【発表年月】 2009年
90Y標識抗体による悪性リンパ腫の治療
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 インナービジョン
【巻・号・頁】 24: 57-59
【発表年月】 2009年
Dual functional molecular imaging probe targeting CD20 with PET and optical imaging.
【全著者名】 Paudyal P, Paudyal B, Iida Y, Oriuchi N, Hanaoka H, Tominaga H, Ishikita T, Yoshioka H, Higuchi T, Endo K.
【掲載雑誌名】 ONCOLOGY REPORTS
【巻・号・頁】 22: 115-119
【発表年月】 2009年
90Y標識抗CD20抗体(ゼヴァリン)による悪性リンパ腫の治療
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 日本放射線技術学会雑誌
【巻・号・頁】 65: 367-371
【発表年月】 2009年
Clinical implication of glucose transport and metabolism evaluated by 18F-FDG-PET in hepatocellular carcinoma
【全著者名】 Paudyal B, Paudyal P, Oriuchi N, Tsushima Y, Nakajima T, Endo K.
【掲載雑誌名】 Int J Oncol
【巻・号・頁】 33: 1047-1054
【発表年月】 2008年11月
再発・難治性低悪性度B細胞リンパ腫(B‐NHL)に対する 90Y‐ibritumomab tiuxetan 第Ⅱ相試験における 111In‐ibritumomab tiuxetanのシンチグラムの読影判定
【全著者名】 織内 昇、小泉 潔、小泉 満、照井頌二、山浦秀和、今井 裕、 金田朋洋、縄野 繁、久保敦司、西村恒彦、絹谷清剛、飛内賢正、 遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 核医学
【巻・号・頁】 45(2): 99-113
【発表年月】 2008年05月
Expression of L-type amino acid transporter 1 (LAT1) in neuroendocrine tumors of the lung.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Kawashima O, Iijima H, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 Pathol Res Pract.
【巻・号・頁】 204: 553-561
【発表年月】 2008年04月
Variability of lesion detectability and standardized uptake value according to the acquisition procedure and reconstruction among five PET scanners
【全著者名】 Yasuyuki Takahashi,Noboru Oriuchi,Hidenori Otake,Keigo Endo,Kenya Murase
【掲載雑誌名】 Ann Nucl Med
【巻・号・頁】 22: 543-548
【発表年月】 2008年03月
Expression of glucose transporters and hexokinase II in cholangiocellular carcinoma compared using [18F]-2-fluro-2-deoxy-D-glucose positron emission tomography.
【全著者名】 Paudyal B, Oriuchi N, Paudyal P, Higuchi T, Nakajima T, Endo K.
【掲載雑誌名】 Cancer Sci.
【巻・号・頁】 99(2): 260-6
【発表年月】 2008年02月
Prognostic significance of L-type amino acid transporter 1 expression in resectable stage I-III nonsmall cell lung cancer.
【全著者名】 Kaira K, Oriuchi N, Imai H, Shimizu K, Yanagitani N, Sunaga N, Hisada T, Tanaka S, Ishizuka T, Kanai Y, Endou H, Nakajima T, Mori M.
【掲載雑誌名】 Br J Cancer.
【巻・号・頁】 8(4): 742-8
【発表年月】 2008年02月
頭頸部扁平上皮癌のPETによる予後予測の可能性 FDG-PETとcholine-PETの比較
【全著者名】 二宮洋, 織内昇, 鎌田英男, 宮下元明, 高橋克昌, 古屋信彦
【掲載雑誌名】 耳鼻咽喉科臨床
【巻・号・頁】 101(1): 61-66
【発表年月】 2008年01月
The additional value of integrated PET/CT over PET in initial lymph node staging of esophageal cancer.
【全著者名】 Kato H, Kimura H, Nakajima M, Sakai M, Sano A, Tanaka N, Inose T, Faried A, Saito K, Ieta K, SohdaM, Fukai Y, Miyasaki T, Masuda N, Fukuchi M, Ojima H, Tsukada K, Oriuchi N, Endo K, Kuwano H
【掲載雑誌名】 Oncol Rep
【巻・号・頁】 20(4): 857-862
【発表年月】 2008年
Gamma-delta T-cell-mediated dilated cardiomyopathy
【全著者名】 Takeda N, Seko Y, Oriuchi N, Nagai R
【掲載雑誌名】 Int J Cardiol
【巻・号・頁】 125: 130-132
【発表年月】 2008年
癌診断および癌スクリーニング検査としてのFDG-PETと拡散強調MRIの有用性
【全著者名】 遠藤啓吾,織内昇,樋口徹也,堀越浩幸,渡辺祐司,落合礼次,那須克宏
【掲載雑誌名】 核医学
【巻・号・頁】 45(2): 130-131
【発表年月】 2008年
神経内分泌腫瘍に対する131I‐MIBG内照射療法の適正使用ガイドライン案
【全著者名】 中條政隆,吉永英一郎,織内昇,絹谷清剛,横山邦彦,山口敏朗
【掲載雑誌名】 核医学
【巻・号・頁】 45(1): 1-40
【発表年月】 2008年
Detection of metastatic lesions from malignant pheochromocytoma and paraganglioma with diffusion-weighted magnetic resonance imaging (DWI): Comparison with 18F-FDG positron emission tomography (PET) and 123I-MIBG scintigraphy.
【全著者名】 Takano A, Oriuchi N, Tsushima Y, Taketomi-Takahashi A, Higuchi H, Nakajima T, Ishikita T, Arisaka Y, Amanuma M, Endo K.
【掲載雑誌名】 Ann Nuc Med
【巻・号・頁】 22: 395-401
【発表年月】 2008年
こんな時PETを活用しよう
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 臨床研修プラクティス
【巻・号・頁】 4: 22-23
【発表年月】 2008年
悪性褐色細胞腫に対する131I-MIBG治療―実際に行われていることを、知っていますか?―
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 臨床放射線
【巻・号・頁】 53:: 1808-1812
【発表年月】 2008年
FDG-PETによる分子標的治療の効果判定 PETによる新しいがん治療の評価
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 PET Journal
【巻・号・頁】 2: 12-13
【発表年月】 2008年
新規放射性同位元素標識抗体薬 イブリツモマブによる治療の実際 b) 核医学専門医の立場から
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 血液フロンティア
【巻・号・頁】 18: 155-160
【発表年月】 2008年
Ibritumomab tiuxetan治療におけるIn-111標識後退による画像診断の実際と治療後の被曝防護に関する事項
【全著者名】 織内 昇
【掲載雑誌名】 血液・腫瘍科
【巻・号・頁】 56: 26-31
【発表年月】 2008年
悪性褐色細胞腫の131I-MIBGによる放射線内照射療法
【全著者名】 織内 昇、樋口徹也、遠藤啓吾
【掲載雑誌名】 放射線利用技術データベース
【発表年月】 2007年12月
再発食道癌に対するPET検査の有用性
【全著者名】 加藤広行、木村 仁、猪瀬崇徳、田中成岳、酒井 真、佐野彰彦、斎藤加奈、家田敬輔、中島政信、織内 昇、遠藤啓吾、桑野博行.
【掲載雑誌名】 群馬県核医学研究会会誌
【発表年月】 2007年10月
HPA axis dysfunction in unmedicated major depressive disorder and its normalization by pharmacotherapy correlates alteration of neural activities in prefrontal cortex and limbic/paralimbic regions.
【全著者名】 Aihara M, Ida I, Yuuki N, Oshima A, Kumano H, Takahashi, K, Fukuda M, Oriuchi N, Endo K, Matsuda H, Mikuni M
【掲載雑誌名】 Psychiatry Res
【巻・号・頁】 155(3): 245-256
【発表年月】 2007年08月
てんかん外科における核医学検査を用いた脳機能マッピング 脳腫瘍に関連したてんかんに対する手術戦略
【全著者名】 高橋章夫、宮城嶋孝昭、伊部洋子、石内勝吾、平戸政史、好本裕平、織内昇、大竹英則
【掲載雑誌名】 群馬県核医学研究会会誌
【巻・号・頁】 21(2): 31-32
【発表年月】 2007年06月
Brain metabolic changes associated with predispotion to onset of major depressive disorder and adjustment disorder in cancer patients-A preliminary PET study
【全著者名】 Kumano H, Ida I, Oshima A, Takahashi K, Yuuki N, Amanuma M, Oriuchi N, Endo K, Matsuda H, Mikuni M
【掲載雑誌名】 J Psychiatr Res
【巻・号・頁】 41: 591-599
【発表年月】 2007年