大学情報データベース

研究者 : 中里 洋一 533 件中 51 - 100 件目

表示件数
<< 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> 

【論文】

A rare case of extraventricular neurocytoma
【全著者名】 Sakurada K, Akasaka M, Kuchiki H, Saino M, Mori W, Sato S, Nakazato Y, Kayama T
【掲載雑誌名】 Brain Tumor Pathology
【巻・号・頁】 24(1): 19-23
【発表年月】 2007年
Enteropathy-type T-cell lymphoma that was pathologically diagnosed as celiac disease.
【全著者名】 Yasuoka H, Masuo T, Hashimoto K, Sato K, Okada S, Kusano M, Oishi T, Yokoo H, Kojima M, Nakazato Y, Mori M
【掲載雑誌名】 Intern Med
【巻・号・頁】 46(15): 1219-1224
【発表年月】 2007年
Low-grade astroblastoma recurring with extensive invasion.
【全著者名】 Kaji M, Takeshima H, Nakazato Y, Kuratsu J.
【掲載雑誌名】 Neurol Med Chir (Tokyo)
【巻・号・頁】 46(9): 450-454.
【発表年月】 2006年09月
Nestin immunoreactivity of Purkinje cells in Creutzfeldt-Jakob disease
【全著者名】 MIZUNO YUJI, Ohama E, Hirato J, Nakazato Y, Takahashi H, Takatama M, Takeuchi T, OKAMOTO KOICHI
【掲載雑誌名】 Journal of the Neurological Sciences
【巻・号・頁】 246: 131-137
【発表年月】 2006年07月
Cerebellar gliofibroma with numerous psammoma bodies
【全著者名】 Nomura M, Hasegawa M, Kita D, Yamashita J, Minato H, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Clin Neurol Neurosurg
【巻・号・頁】 108(4): 421-425
【発表年月】 2006年06月
Pineal parenchymal tumor of intermediate differentiation with cytologic pleomorphism.
【全著者名】 SASAKI ATSUSHI / Horiguchi K / NAKAZATO YOICHI
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 26:212-217
【発表年月】 2006年06月
Systematic immunohistochemical profiling of 378 brain tumors with 37 antibodies using tissue microarray technology.
【全著者名】 Ikota H, Kinjo S, Yokoo H, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Acta Neuropathol (Berl)
【巻・号・頁】 111(5): 475-482
【発表年月】 2006年05月
凍結標本作製において扁平な組織を立てて包埋する方法.
【全著者名】 神谷 誠 / 竹崎 悌二 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 病理と臨床
【巻・号・頁】 24(3),317-319
【発表年月】 2006年03月
Benign pleomorphic astrocytoma in the hypothalamus -case report-.
【全著者名】 Abe T, Inoue R, Isono M, Ishii K, Fujiki M, Kamida T, Kobayashi H, Kashima K, Kusakabe T, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neurol Med Chir (Tokyo)
【巻・号・頁】 46: 101-103
【発表年月】 2006年02月
Genetic alterations in primary glioblastoma in Japan.
【全著者名】 Fukushima T, Favereaux A, Huang H, Shimizu T, Yonekawa Y, Nakazato Y, Ohagki H
【掲載雑誌名】 J Neuropathol Exp Neurol
【巻・号・頁】 65(1): 12-18
【発表年月】 2006年01月
悪性と誤りやすい良性疾患,良性と誤りやすい悪性腫瘍:「神経」
【全著者名】 中里 洋一
【掲載雑誌名】 病理と臨床,臨時増刊号
【巻・号・頁】 24: 2-9
【発表年月】 2006年
Histopathological and immunohistochemical study of the enteric innervations among various types of aganglionoses including isolated and syndromic Hirschsprung disease
【全著者名】 Matsuda H, Hirato J, Kuroiwa M, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 26: 8-23
【発表年月】 2006年
Cerebellar gliofibroma with numerous psammoma bodies.
【全著者名】 Nomura M, Hasegawa M, Kita D, Yamashita J, Minato H, Nakazato Y.
【掲載雑誌名】 Clin Neurol Neurosurg
【巻・号・頁】 108(4): 421-425
【発表年月】 2006年
Expression of the N-methyl-D-aspartate receptor subunit R1 in the developing human hippocampus.
【全著者名】 Imataka G, Hirato J, Nakazato Y, Yamanouchi H.
【掲載雑誌名】 J Child Neurol
【巻・号・頁】 21(3): 236-239
【発表年月】 2006年
浸潤性増殖を示す神経膠芽腫に対する重イオンマイクロビーム照射の増殖抑制効果
【全著者名】 石内 勝吾 / 坂下哲也 / 和田成一 / 浜田信行 / 長谷川正俊 / 中野 隆史 / 桜井 英幸 / 斉藤延人 / 中里 洋一 / 小澤 瀞司 / 舟山知夫 / 小林泰彦
【掲載雑誌名】 第14回TIARA研究発表会要旨集
【巻・号・頁】 2005年 p117
【発表年月】 2005年12月
脊髄腫瘍 ATLAS Hemangioblastoma
【全著者名】 横尾 英明 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 脊椎脊髄ジャーナル
【巻・号・頁】 18(11), 1119-1121
【発表年月】 2005年11月
A 29-year-old woman presented with personality change and a tumor in the frontal skull base.
【全著者名】 Nakazato Y, Hirato J
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 25: 395-397
【発表年月】 2005年11月
Multifocal pilocytic astrocytomas with ependymal differentiation in the bilateral medial temporal lobes - Case report
【全著者名】 Maruyama K, Morita A, Shibahara J, Nakazato Y, Kirino T
【掲載雑誌名】 Neurologia Medico-chirurgica
【巻・号・頁】 45(8): 411-414
【発表年月】 2005年08月
Pediatric embryonal tumor of the cerebellum with rhabdoid cells and novel intracytoplasmic inclusions: dintinction from atypical teratoid/rhabdoid tumor.
【全著者名】 Sasaki A, Kurihara H, Ishiuchi S, Hirato J, Saito N, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Acta Neuropathol
【巻・号・頁】 110(1): 69-76
【発表年月】 2005年07月
脳腫瘍の術中迅速診断-細胞診の応用
【全著者名】 平戸 純子 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 検査と技術
【巻・号・頁】 33: 319-323
【発表年月】 2005年04月
Immunohistochemical analysis of cleaved caspase-3 detects high level of apoptosis frequently in diffuse large B-cell lymphomas of the central nervous system.
【全著者名】 Arai M, Sasaki A, Saito N, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Pathol Int
【巻・号・頁】 55(3): 122-129
【発表年月】 2005年03月
神経細胞性中間径フィランメント封入体病 (neuronal intermediate filament inclusion disease, NIFID): 前頭側頭型痴呆の新たな病型
【全著者名】 横尾 英明 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 診断病理
【巻・号・頁】 22(1): 1-5
【発表年月】 2005年01月
Gliomatosis cerebri
【全著者名】 中里 洋一
【掲載雑誌名】 Clinical Neuroscience
【巻・号・頁】 23(6): 614-615
【発表年月】 2005年
Dysplastic ganglioneurocytoma with increased glucose metabolism: a heterotopia with unique histopathology
【全著者名】 K.Yako / NAKAZATO YOICHI / HIRATO JUNKO / TOSAKA MASAHIKO / T.Ohtani / ISHIUCHI SHOGO / SAITO NOBUHITO / T.Sasaki
【掲載雑誌名】 Clinical Neuropathology
【巻・号・頁】 24(6): 267-270
【発表年月】 2005年
放射線医学と病理学各論 中枢神経 病理診断
【全著者名】 平戸 純子 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 病理と臨床
【巻・号・頁】 23: 303-308
【発表年月】 2005年
コーティングスライドの水滴除去における工夫
【全著者名】 礒田 浩二 / 山崎 博子 / 横田 真知子 / 新井 桃子 / 横尾 英明 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 病理と臨床
【巻・号・頁】 23(8): 908-909
【発表年月】 2005年
脳腫瘍のWHO分類-現状と展望-
【全著者名】 中里 洋一
【掲載雑誌名】 日本臨牀増刊号 「脳腫瘍の診断と治療-最新の研究動向-」
【巻・号・頁】 63: 93-98
【発表年月】 2005年
A distinct pattern of Olig2-positive cellular distribution in papillary glioneuronal tumors: a manifestation of the oligodendroglial phenotype?
【全著者名】 Tanaka Y, Yokoo H, Komori T, Makita Y, Ishizawa T, Hirose T, Ebato M, Shibahara J, Tsukayama C, Shibuya M, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Acta Neuropathol
【巻・号・頁】 110: 39-47
【発表年月】 2005年
中枢神経系胎児性腫瘍の病理
【全著者名】 佐々木 惇 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 脳神経外科速報
【巻・号・頁】 14(9): 874-882
【発表年月】 2004年09月
alpha-Internexin aggregates are abundant in neuronal intermediate filament inclusion disease (NIFID) but rare in other neurodegenerative diseases.
【全著者名】 Cairns NJ, Uryu K, Bigio EH, Mackenzie IRA, Gearing M, Duyckaerts C, Yokoo H, Nakazato Y, Jaros E, Perry RH, Arnold SE, Lee VMY, Trojanowski JQ
【掲載雑誌名】 Acta Neuropathol
【巻・号・頁】 108(3): 213-223
【発表年月】 2004年09月
Clinical and neuropathologic variation in neuronal intermediate filament inclusion disease.
【全著者名】 Cairns NJ, Grossman M, Arnold S E, Burn DJ, Jaros E, Perry RH, Duyckaerts C, Stankoff B, Pillon B, Skullerud K, Cruz-Sanchez FF, Bigio EH, Mackenzie IRA, Gearing M, Juncos JL, Glass JD, Yokoo H, Nakazato Y, Mosaheb S, Thorpe JR, Uryu K, Lee VM-Y, Trojanowski JQ
【掲載雑誌名】 Neurology
【巻・号・頁】 63(8): 1376-1384
【発表年月】 2004年08月
alpha-internexin is present in the pathological inclusions of neuronal intermediate filament inclusion disease.
【全著者名】 Cairns NJ, Zhukareva V, Uryu K, Zhang B, Bigio E, Mackenzie IRA, Gearing M, Duyckaerts C, Yokoo H, Nakazato Y, Jaros E, Perry RH, Lee VMY, Trojanowski JQ
【掲載雑誌名】 Am J Pathol
【巻・号・頁】 164(6): 2153-2161
【発表年月】 2004年06月
Primary spinal oligoastrocytoma: A case report
【全著者名】 Shimizu T, Saito N, Aihara M, Kurihara H, Nakazato Y, Ueki K, Sasaki T, Jorden M, Harsh G
【掲載雑誌名】 Surg Neurol
【巻・号・頁】 61(1): 77-81
【発表年月】 2004年01月
A case of isolated Langerhans cell histiocytosis of the hypothalamus with remission and regrowth after surgery.
【全著者名】 Horiguchi K, Fujii T, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Brain Tumor Pathol
【巻・号・頁】 21: 97-101
【発表年月】 2004年
長期経過をとった分類不能の孤発性脊髄小脳変性症の一例
【全著者名】 神谷 誠 / 宮永 朋実 / 平戸 純子 / 中里 洋一 / 金子 由夏 / 岡本 幸市
【掲載雑誌名】 Kitakanto Med J
【巻・号・頁】 54: 266-267
【発表年月】 2004年
A 32-year-old man with left temporal lobe tumor
【全著者名】 NAKAZATO YOICHI / Hosaka N
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 24: 261-262
【発表年月】 2004年
Anti-human Olig2 antibody as a useful immunohistochemical marker of normal oligodendrocytes and gliomas.
【全著者名】 YOKOO HIDEAKI / Nobusawa S / KAMIYA MAKOTO / Takebayashi H / SASAKI ATSUSHI / Ikenaka K / HIRATO JUNKO / Isoda K / NAKAZATO YOICHI
【掲載雑誌名】 Am J Pathol
【巻・号・頁】 164(5): 1717-1725
【発表年月】 2004年
髄膜に発生した類粘液性孤立性線維性腫瘍.
【全著者名】 堀口桂志 / 清水康夫 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 Kitakanto Med J
【巻・号・頁】 54: 261-262
【発表年月】 2004年
Expression of glucose transporter 5 by microglia in human gliomas.
【全著者名】 Sasaki A, Yamaguchi H, Horikoshi Y, Tanaka G, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neuropathol Appl Neurobiol
【巻・号・頁】 30: 447-455
【発表年月】 2004年
Conditional entropy as an indicator of pleomorphism in astrocytic tumors.
【全著者名】 Tanaka G, Nakazato
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 24: 183-193
【発表年月】 2004年
右側脳室三角部に発生した小児chordoid meningiomaの一例.
【全著者名】 菅原 健一 / 石内 勝吾 / 深沢 洋子 / 藤巻 広也 / 木暮 修治 / 斉藤 延人 / 吉田 貴明 / 中里 洋一 / 佐々木 惇
【掲載雑誌名】 Kitakanto Med J
【巻・号・頁】 54: 264-265
【発表年月】 2004年
α-internexin aggregates are abundant in neuronal intermediate filament inclusion disease (NIFID) but rare in other neurodegenerative diseases.
【全著者名】 Cairns N J, Uryu K, Bigio E H, Mackenzie I R A, Gearing M, Duyckaerts C, Yokoo H, Nakazato Y, Jaros E, Perry R H, Arnold S E, Lee V M-Y, Trojanowski J Q
【掲載雑誌名】 Acta Neuropathol
【巻・号・頁】 108: 213-223
【発表年月】 2004年
横紋筋肉腫への分化を伴った肝細胞癌の1剖検例
【全著者名】 田中 優子 / 横尾 英明 / 佐々木 惇 / 湯浅 圭一朗 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 診断病理
【巻・号・頁】 21(3): 224-227
【発表年月】 2004年
頭蓋底部に発生した脊索腫の5例
【全著者名】 太田 池恵 / 横尾 英明 / 堀口 桂志 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 診断病理
【巻・号・頁】 21(2):105-108
【発表年月】 2004年
酸性ムコ多糖染色の基礎的検討
【全著者名】 礒田 浩二 / 山崎 博子 / 横田 真知子 / 横尾 英明 / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 群臨技会誌
【巻・号・頁】 43:11-14
【発表年月】 2004年
脳腫瘍コンサルテーションシステム
【全著者名】 中里 洋一
【掲載雑誌名】 病理と臨床
【巻・号・頁】 22(11): 1147-1150
【発表年月】 2004年
Cerebellar hemangioendothelioma
【全著者名】 Suzuki K / Oka K / Yatabe Y / Mori S / Hayano M / Hakozaki H / 中里 洋一
【掲載雑誌名】 Clin Neuropathol
【巻・号・頁】 23(4): 154-157
【発表年月】 2004年
Automatic quantification of the MIB-1 immunoreactivity in brain tumors.
【全著者名】 Tanaka G, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 International Congress Series
【巻・号・頁】 1259: 15-19
【発表年月】 2004年
Discriminant analysis of different levels of diabetic neuropathies recorded by somatosensory-evoked potentials.
【全著者名】 Samaher H L, Shirakura K, Kato K, Tomono S, Utsugi T, Nakazato Y, Takagishi K
【掲載雑誌名】 International Congress Series
【巻・号・頁】 1259: 479-483
【発表年月】 2004年
Encephalopathy in megacystis-microcolon-intestinal hypoperistalsis syndrome patients on long-term total parenteral nutrition possibly due to selenium deficiency.
【全著者名】 HIRATO JUNKO / NAKAZATO YOICHI / KOYAMA HIROSHI / Yamada A / Suzuki N / Kuroiwa M / TAKAHASHI ATSUSHI / Matsuyama S / Asayama K
【掲載雑誌名】 Acta Neuropathol (Berl)
【巻・号・頁】 106(3): 234-242
【発表年月】 2003年09月