大学情報データベース

研究者 : 中里 洋一 533 件中 1 - 50 件目

表示件数
2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ >> 

【論文】

Activation and alteration of lysosomes in multiple system atrophy.
【全著者名】 Makioka K, Yamazaki T, Takatama M, Nakazato Y, Okamoto K
【掲載雑誌名】 Neuroreport
【巻・号・頁】 23(5): 270-276
【発表年月】 2012年03月
Medulloblastoma with extensive nodularity
【全著者名】 中里洋一
【掲載雑誌名】 Clinical Neuroscience
【巻・号・頁】 29(12): 1334-1335
【発表年月】 2011年12月
門脈圧亢進症を契機に発見された特発性上腸間膜動脈-下腸間膜静脈シャントの1剖検例
【全著者名】 松村望、横尾英明、中里洋一、三浦あやか、堀口昇男、渋沢信行、森昌朋
【掲載雑誌名】 診断病理
【巻・号・頁】 28(4): 280-283
【発表年月】 2011年11月
病理診断-適切な治療法選択のために-
【全著者名】 中里洋一
【掲載雑誌名】 画像診断
【巻・号・頁】 31(14): 1391-1397
【発表年月】 2011年11月
脳腫瘍取扱い規約第3版:改正点を中心に
【全著者名】 中里洋一
【掲載雑誌名】 診断病理
【巻・号・頁】 28(4): 225-234
【発表年月】 2011年10月
MIC-2およびEWS遺伝子転座が診断根拠となった原発性頭蓋内Ewing肉腫・末梢性primitive neuroectodermal tumorの1例
【全著者名】 鈴木太郎、武田勝、別府高明、小笠原邦明、小川彰、赤坂真奈美、亀井淳、黒瀬顕、中里洋一、中川温子
【掲載雑誌名】 脳神経外科ジャーナル
【巻・号・頁】 20(10): 761-767
【発表年月】 2011年10月
胎児期に診断された巨大先天性退形成性星細胞腫の1例
【全著者名】 笠新逸、山下真治、内ノ倉俊朗、宮田史朗、池ノ上実、澤大介、山田直史、児玉由紀、盛口清香、丸塚浩助、中里洋一、横上聖貴、上原久生、竹島秀雄
【掲載雑誌名】 脳神経外科速報
【巻・号・頁】 21(9): 1040-1045
【発表年月】 2011年09月
Alterations in the RB1 pathway in low-grade diffuse gliomas lacking common genetic alterations.
【全著者名】 Young-Ho Kim, Joel Lachuer, Michel Mittelbronn, Werner Paulus, Benjamin Brokinkel, Kathy Keyvani, Ulrich Sure, Karsten Wrede, Sumihito Nobusawa, Yoichi Nakazato, Yuko Tanaka, Anne Vital, Luigi Mariani, Hiroko Ohgaki
【掲載雑誌名】 Brain Pathology
【巻・号・頁】 21(6): 45-651
【発表年月】 2011年06月
Malignant brain tumor with rhabdoid features in an adult: Case report.
【全著者名】 Mutou J, Hirose Y, Ikeda E, Yoshida K, Nakazato Y, Kawase T
【掲載雑誌名】 Neurologia medico-chirurgica
【巻・号・頁】 51(6): 449-454
【発表年月】 2011年06月
肺胞壁に沿って進展する小型肺扁平上皮癌の1例
【全著者名】 片野未央、佐野孝昭、中里洋一、廣島健三、小山徹也
【掲載雑誌名】 診断病理
【巻・号・頁】 27: 285-288
【発表年月】 2010年12月
Primary bilateral adrenal diffuse large B-cell lymphoma demonstrating adrenal failure.
【全著者名】 Horiguchi K, Hashimoto K, Hashizume M, Masuo T, Suto M, Okajo J, Handa H, Kaneko Y, Yokoo H, Sasaki A, Okada S, Yamada M, Tsukamoto N, Nojima Y, Nakazato Y, Mori M.
【掲載雑誌名】 Intern Med
【巻・号・頁】 49(20): 2241-2246
【発表年月】 2010年10月
明細胞性腫瘍
【全著者名】 横尾英明、中里洋一
【掲載雑誌名】 病理と臨床
【巻・号・頁】 28(supplement): 420-421
【発表年月】 2010年06月
Long-term effect of sciatic nerve block with slow-release lidocaine in a rat model of postoperative pain.
【全著者名】 Tobe M, Obata H, Suto T, Yokoo H, Nakazato Y, Tabata Y, Saito S.
【掲載雑誌名】 Anesthesiology
【巻・号・頁】 112: 1473-81
【発表年月】 2010年06月
Expression of hydroxyindole-O-methyltransferase enzyme in the human central nervous system and in pineal parenchymal cell tumors.
【全著者名】 Fukuda T, Akiyama N, Ikegami M, Takahashi H, Sasaki A, Oka H, Komori T, Tanaka Y, Nakazato Y, Akimoto J, Tanaka M, Okada Y, Saito S.
【掲載雑誌名】 J Neuropathol Exp Neurol. 2010 May;69(5):498-510.
【巻・号・頁】 69(5): 498-510
【発表年月】 2010年05月
鎖骨上窩に認めた血管内乳頭状内皮過形成症の1例
【全著者名】 岡田修一、長谷川豊、中村利博、金子達夫、中里洋一
【掲載雑誌名】 外科
【巻・号・頁】 72(4): 444-445
【発表年月】 2010年04月
Differentiation of clear cell ependymoma of the cerebellum from hemangioblastoma by thallium-201 single photon emission computed tomography-case report-.
【全著者名】 Nagamatsu K, Kumabe T, Watanabe M, Nakazato Y, Tominaga T.
【掲載雑誌名】 Neurol Med Chir (Tokyo)
【巻・号・頁】 49(12): 608-611
【発表年月】 2009年12月
Neuromyelitis optica with intraspinal expansion of Schwann cell remyelination.
【全著者名】 Ikota H, Iwasaki A, Kawarai M, Nakazato Y.
【掲載雑誌名】 Neuropathology.
【巻・号・頁】 30(4): 427-433
【発表年月】 2009年11月
Long-term survivors of glioblastoma: clinical features and molecular analysis.
【全著者名】 Sonoda Y, Kumabe T, Watanabe M, Nakazato Y, Inoue T, Kanamori M, Tominaga T.
【掲載雑誌名】 Acta Neurochir (Wien)
【巻・号・頁】 151(11): 1349-1358
【発表年月】 2009年11月
F-18 FDG-PET imaging of dysembryoplastic neuroepithelial tumor-like astrocytoma.
【全著者名】 Y Shinohara, T Kinoshita, F Kinoshita, J Moroi, Y Yoshida, Y Nakazato
【掲載雑誌名】 Clin Nucl Med
【巻・号・頁】 34: 700-702
【発表年月】 2009年10月
Successful treatment of neoadjuvant therapy for papillary tumor of the pineal region.
【全著者名】 Nakamura H, Makino K, Kochi M, Nakazato Y, Kuratsu J.
【掲載雑誌名】 Brain Tumor Pathol
【巻・号・頁】 26(2): 73-77
【発表年月】 2009年10月
Cerebral tumor with extensive rhabdoid features and a favorable prognosis.
【全著者名】 Ohba S, Yoshida K, Hirose Y, Ikeda E, Nakazato Y, Kawase T.
【掲載雑誌名】 J Neurosurg
【巻・号・頁】 111(3): 492-496
【発表年月】 2009年09月
A rosette-forming glioneuronal tumor of the spinal cord: the first case of a rosette-forming glioneuronal tumor originating from the spinal cord.
【全著者名】 Anan M, Inoue R, Ishii K, Abe T, Fujiki M, Kobayashi H, Goya T, Nakazato Y.
【掲載雑誌名】 Hum Pathol
【巻・号・頁】 40(6): 898-901
【発表年月】 2009年06月
Diffuse astrocytomaの疾患概念と病理学的鑑別診断
【全著者名】 中里 洋一、金城佐和子、田中優子
【掲載雑誌名】 脳神経外科ジャーナル
【巻・号・頁】 18(6): 423-427
【発表年月】 2009年06月
脳腫瘍と鑑別を要した脳アミロイドアンギオパチーの1例
【全著者名】 鹿児島海衛、今井英明、菅原健一、石内勝吾、中里洋一、好本裕平
【掲載雑誌名】 脳卒中
【巻・号・頁】 31(5): 322-327
【発表年月】 2009年05月
Ultrastructural and immunohistochemical study of an adult case of chordoid meningioma.
【全著者名】 Kano T, Nakazato Y, Tamura M, Ohye C, Zama A, Saito F, Tomizawa S
【掲載雑誌名】 Brain Tumor Pathology
【巻・号・頁】 26: 37-42
【発表年月】 2009年05月
Age, preoperative KPS, and MGMT promoter hypermethylation define survival of the patients with glioblastoma
【全著者名】 Sonoda Y, Kumabe T, Watanabe M, Nakazato Y, Inoue T, Kanamori M, Tominaga T
【掲載雑誌名】 Neuro-Oncology
【巻・号・頁】 11(2): 227-227
【発表年月】 2009年04月
Motor impairment and aberrant production of neurochemicals in human alpha-synuclein A30P+A53T transgenic mice with alpha-synuclein pathology.
【全著者名】 Ikeda M, Kawarabayashi T, Harigaya Y, Sasaki A, Yamada S, Matsubara E, Murakami T, Tanaka Y, Kurata T, Wuhua X, Ueda K, Kuribara H, Ikarashi Y, Nakazato Y, Okamoto K, Abe K, Shoji M.
【掲載雑誌名】 Brain Res
【巻・号・頁】 1250: 232-241
【発表年月】 2009年01月
Immunohistochemical and ultrastructural characterization of brain tumors in S100beta-v-erbB transgenic rats.
【全著者名】 Yokoo H, Tanaka Y, Nobusawa S, Nakazato Y, Ohgaki H.
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 28(6): 591-598
【発表年月】 2008年12月
Low grade diffuse gliomas: Shared cellular composition and morphometric differences
【全著者名】 Kinjo S, Hirato J, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 28(5): 455-465
【発表年月】 2008年10月
Diversity of glial cell components in pilocytic astrocytoma
【全著者名】 Tanaka Y, Sasaki A, Ishiuchi S, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 28(4): 399-407
【発表年月】 2008年08月
Proliferation and cell death of human glioblastoma cells after carbon-ion beam exposure: Morphologic and morphometric analyses
【全著者名】 Oishi T, Sasaki A, Hamada N, Ishiuchi S, Funayama T, Sakashita T, Kobayashi Y, Nakano T, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 28(4): 408-416
【発表年月】 2008年08月
A case of metaplastic meningioma with extensive xanthomatous change
【全著者名】 Ikota H, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 28(4): 422-426
【発表年月】 2008年08月
脳腫瘍の新WHO分類
【全著者名】 中里洋一
【掲載雑誌名】 脳神経外科
【巻・号・頁】 36(6): 473-491
【発表年月】 2008年06月
Microglial activation in brain lesions with tau deposits: Comparison of human tauopathies and tau transgenic mice TgTau(P301L)
【全著者名】 Sasaki A, Kawarabayashi T, Murakami T, Matsubara E, Ikeda M, Hagiwara H, Westaway D, George-Hyslop PS, Peter S, Shoji M, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Brain Research
【巻・号・頁】 1214: 159-168
【発表年月】 2008年06月
Low-grade fibromyxoid sarcoma of intracranial origin: case report.
【全著者名】 Ryuta Saito, Toshihiro Kumabe, Mika Watanabe, Hidefumi Jokura, Makoto Shibuya, Yoichi Nakazato, Teiji Tominaga
【掲載雑誌名】 J Neurosurg
【巻・号・頁】 108: 798-802
【発表年月】 2008年04月
Amplification of the epidermal growth factor receptor gene in glioblastoma: An analysis of the relationship between genotypr and phenotype by CISH method.
【全著者名】 Miyanaga T, Hirato J, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 28(2): 116-126
【発表年月】 2008年04月
Changes in density of calcium-binding-protein-immunoreactive GABAergic neurons in prefrontal cortex in schizophrenia and bipolar disorder
【全著者名】 Sakai T, Oshima A, Nozaki Y, Ida I, Haga C,Akiyama H, Nakazato Y, Mikuni M
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 28(2): 143-150
【発表年月】 2008年04月
Pilomyxoid astrocytoma: An immunohistologic study and review
【全著者名】 Abe T, Inoue R, Goda M, Anan M, Momii Y, Kamida T, Fujiki M, Kobayashi H, Kashima K, Yokoyama S, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 NEUROSURGERY QUARTERLY
【巻・号・頁】 18(1): 60-63
【発表年月】 2008年03月
改訂された脳腫瘍WHO分類
【全著者名】 中里洋一
【掲載雑誌名】 Brain and Nerve
【巻・号・頁】 60(1): 59-77
【発表年月】 2008年01月
電気泳動用のアガロースを用いた簡便なセルブロック作製法.
【全著者名】 礒田浩二、横田真知子、山崎博子、冨澤雄一、横尾英明、中里洋一.
【掲載雑誌名】 病理と臨床
【巻・号・頁】 25(12): 1287-1290
【発表年月】 2007年12月
Autopsy case of systemic sclerosis with severe pulmonary hypertension.
【全著者名】 Nagai Y, Yamanaka M, Hashimoto C, Nakano A, Hasegawa A, Tanaka Y, Yokoo H, Nakazato Y, Ishikawa O.
【掲載雑誌名】 J Dermatol
【巻・号・頁】 34(11): 769-772
【発表年月】 2007年11月
A rare case of malignant glioma suspected to have arisen from a cavernous sinus
【全著者名】 Taomoto K, Ohnishi H, Kamada Y, Kuga Y, Kohaya N, Nakashima K, Ichioka T, Tominaga T, Nakamura M, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Brain Tumor Pathology
【巻・号・頁】 24(2): 75-80
【発表年月】 2007年11月
Anaplastic astrocytoma with eosinophilic granular cells.
【全著者名】 Kinjo S, Yokoo H, Hirato J, Nakazato Y.
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 27(5): 457-462
【発表年月】 2007年10月
Massive myelinolytic leukoencephalopathy in a patient medicated with low-dose oral methotrexate for rheumatoid arthritis: an autopsy report.
【全著者名】 Yokoo H, Nakazato Y, Harigaya Y, Sasaki N, Igeta Y, Itoh H.
【掲載雑誌名】 Acta Neuropathol (Berl)
【巻・号・頁】 114(4): 425-430
【発表年月】 2007年10月
Isomorphic astrocytomaの1手術例.
【全著者名】 松田憲一朗,櫻田香,毛利渉,斎野真,佐藤慎哉,斎藤伸二郎,嘉山孝正,中里 洋一
【掲載雑誌名】 Brain and Nerve
【巻・号・頁】 59(8): 881-886
【発表年月】 2007年08月
Ca2+-permeable AMPA receptors regulate growth of human glioblastoma via Akt activation.
【全著者名】 Ishiuchi S, Yoshida Y, Sugawara K, Aihara M, Ohtani T, Watanabe T, Saito N, Tsuzuki K, Okado H, Miwa A, Nakazato Y, Ozawa S
【掲載雑誌名】 J Neurosci
【巻・号・頁】 27(30): 7987-8001
【発表年月】 2007年07月
Ganglioglioma in the third ventricle: report on two cases
【全著者名】 Shono T, Tosaka M, Matsumoto K, Onaka S, Yamaguchi S, Mizoguchi M, Iwaki T, Nakazato Y, Sasaki T.
【掲載雑誌名】 Neurosurg Rev
【巻・号・頁】 30(3): 253-258
【発表年月】 2007年07月
Oxidative stress is related to the formation of Antoni B patterns and eosinophilic hyaline droplets in schwannomas
【全著者名】 Yokoo H, Oishi T, Isoda K, Nakazato Y, Toyokuni S.
【掲載雑誌名】 Neuropathology
【巻・号・頁】 27(3): 237-244
【発表年月】 2007年06月
Primary granulomatous angiitis of the central nervous system: findings of magnetic resonance spectroscopy and fractional anisotropy in diffusion tensor imaging prior to surgery. Case report.
【全著者名】 Beppu T, Inoue T, Nishimoto H, Nakamura S, Nakazato Y, Ogasawara K, Ogawa A.
【掲載雑誌名】 J Neurosurg
【巻・号・頁】 107(4): 873-877
【発表年月】 2007年04月
A rare case of malignant glioma suspected to have arisen from a cavernous sinus.
【全著者名】 Taomoto K, Ohnishi H, Kamada Y, Kuga Y, Kohaya N, Nakashima K, Ichioka T, Tominaga T, Nakamura M, Nakazato Y
【掲載雑誌名】 Brain Tumor Pathol
【巻・号・頁】 24: 75-80
【発表年月】 2007年