大学情報データベース

研究者 : 菅原 一晴 60 件中 1 - 50 件目

表示件数
2 次へ >> 

【論文】

Sensitivity of a Glassy Carbon Electrode Covered with a ChitinFilm Improved by theAddition of Carbon Powder
【全著者名】 Sugawara, K.; Kawai, M.; Hirabayashi, G.;Kuramitz, H.
【掲載雑誌名】 Anal.Sci.,
【巻・号・頁】 Vol.25((1)): pp.105-108.
【発表年月】 2009年01月
Voltammetric Evaluation of the Binding between Wheat Germ Agglutinin and Thionine/Glucose- modified Magnetic Microbeads
【全著者名】 Sugawara, K.; Senbangi, A.; Kamiya, N.; Hirabayashi, G.; Kuramitz, H.
【掲載雑誌名】 Anal.Sci.
【巻・号・頁】 Vol.24((6)): pp.717-720.
【発表年月】 2008年06月
Voltammetric Behaviors of Wheat Germ Agglutinin on a Chitin-Modified Carbon Paste Electrode
【全著者名】 Sugawara, K.;Terauchi, A. ; Kamiya, N.; Hirabayashi, G.; Kuramitz, H.
【掲載雑誌名】 Anal.Sci.
【巻・号・頁】 Vol.24((5)): pp.583-587.
【発表年月】 2008年05月
ケラチン/グルコースオキシダーゼ修飾カーボンペースト電極を用いたグルコースセンサに開発
【全著者名】 菅原一晴、加瀬健、功刀ちはる、下平明徳、神谷直人、平林譲司
【掲載雑誌名】 群馬大学教育学部紀要
【巻・号・頁】 第56巻: 907-103
【発表年月】 2008年03月
Voltammetric evaluation for the binding of wheat germ agglutinin to glucosamine-modified magnetic microbead
【全著者名】 Sugawara, K.; Kamiya, N.; Hirabayashi, G.; Kuramitz, H.
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 Vol.72(No.3): 1123-1128
【発表年月】 2007年05月
Voltammetric sensing of sugar by an electrode covered with wheat germ agglutinin/chitin film
【全著者名】 Sugawara, K.; Takayanagi, T. ; Kamiya, N.; Hirabayashi, G.; Kuramitz, H.
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 Vol. 71(No.4): 1637-1641
【発表年月】 2007年03月
小麦胚芽レクチン-オリゴ糖間結合のボルタンメトリーによる評価
【全著者名】 神谷直人、高柳智之、平林譲司、 菅原一晴
【掲載雑誌名】 分析化学
【巻・号・頁】 55: 669-674
【発表年月】 2006年08月
A Homogenous Assay of FAD Using a Binding between Apo-glucose Oxidase and FAD Labeled with an Electroactive Compound
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, Naoto Kamiya, George Hirabayashi, Hideki Kuramitz
【掲載雑誌名】 Electroanalysis
【巻・号・頁】 18(10): 1001-1006
【発表年月】 2006年05月
ストレプトアビジン/コラーゲン膜被覆電極によるビオチン誘導体のボルタンメトリー
【全著者名】 平林譲司、神谷直人、菅原一晴
【掲載雑誌名】 群馬大学教育学部紀要
【巻・号・頁】 54: 117-124
【発表年月】 2006年03月
Evaluation of concanavalin A-mannose interaction on the electrode covered with collagen Film
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, George Hirabayashi, Naoto Kamiya, Hideki Kuramitz
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 68(4): 1176 - 1181
【発表年月】 2006年02月
Evaluation of binding between electroactive biotin derivative and streptavidin immobilized on chitin film
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, George Hirabayashi, Naoto Kamiya, Hideki Kuramitz, Shunitz Tanaka
【掲載雑誌名】 Electroanalysis
【巻・号・頁】 17(18): 1659 - 1664
【発表年月】 2005年09月
Voltammetric Homogeneous Binding Assay of Biotin without a Separation Step Using Iminobiotin Labeled with an Electroactive Compound
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, Naoto Kamiya, George HIirabayashi, Hideki. Kuramitz
【掲載雑誌名】 Anal. Sci.
【巻・号・頁】 21(8): 897-900
【発表年月】 2005年08月
炎色反応を簡便に観察するための教材の試作
【全著者名】 奥沢 誠 / 菅原 一晴 / 小暮 匠
【掲載雑誌名】 群馬大学教育実践研究
【巻・号・頁】 22:87-92
【発表年月】 2005年03月
修飾磁気ビーズの生化学的検出法への応用
【掲載雑誌名】 化学と工業
【巻・号・頁】 57(10): 1077
【発表年月】 2004年10月
Voltammetric investigation of avidin-biotin complex formation using an electroactive bisbiotinyl compound
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, Tatsuya Shirotori, George Hirabayashi, Naoto Kamiya, Hideki Kuramitz, Shunitz Tanaka
【掲載雑誌名】 Anal. Chim. Acta
【巻・号・頁】 523(1): 75-80
【発表年月】 2004年10月
Voltammetric evaluation of lectin-sugar binding at a mannose/thionine-modified Au electrode
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, Tatsuya Shirotoria, George Hirabayashia, Hideki Kuramitz, Shunitz Tanaka
【掲載雑誌名】 J. Electroanal. Chem.
【巻・号・頁】 568(1): 7-12
【発表年月】 2004年07月
Electrochemical evaluation of the interaction between avidin and biotin at a biotinylated polypyrrole electrode using a redox marker
【全著者名】 Hideki Kuramitz, Mari Matsuda, Kazuharu Sugawara, Shunitz Tanaka
【掲載雑誌名】 Electroanalysis
【巻・号・頁】 15(3): 225-229
【発表年月】 2003年03月
Electrochemical immunoassay at a 17b-estradiol self-assembled monolayer electrode using a redox marker
【全著者名】 Hideki Kuramitz, Mari Matsuda, Jennifer H. Thomas, Kazuharu Sugawara, Shunitz Tanaka
【掲載雑誌名】 Analyst
【巻・号・頁】 128(2): 182-186
【発表年月】 2003年02月
Voltammetric behavior of avidin-biotin interaction at a biotin/thionine modified Au Electrode
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, Ryo Kato, Tatsuya Shirotori, Hideki Kuramitz, Shunitz Tanaka
【掲載雑誌名】 J.Electroanal.Chem
【巻・号・頁】 536(1-2): 93-96
【発表年月】 2002年11月
コンピュータで直接処理できないメディアのリニューアル化
【全著者名】 菅原 一晴 、飯塚 健
【掲載雑誌名】 群馬大学教育学部紀要
【巻・号・頁】 50: 157-164
【発表年月】 2002年03月
Accumulation Voltammetry of MoO42- at a Glassy Carbon Electrode Covered with Chitin Film
【全著者名】 Kazuharu. Sugawara, H. Kuramitz, Takashi. Kaneko, Suwaru. Hoshi, Kunihiko Akatsuka, Shunitz. Tanaka
【掲載雑誌名】 Analytical Sciences
【巻・号・頁】 18(2): 195-197
【発表年月】 2002年02月
Electrochemical Evalution of the Interaction between Endocrine Disrupter Chemicals and Estrogen Receptor Using 17β-Estradion Labeled with Daunomycin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analytical Chemistry
【巻・号・頁】 74/,533
【発表年月】 2002年
Voltanmetric Detection of Lection Using Sugar Labeled with Electroactive Substance
【全著者名】 Kazuharu Sugawara, Hideki Kuramitz, Takashi Kaneko, Suwaru Hoshi, Kunihiko Akatsuka, Shunitz Tanaka.
【掲載雑誌名】 Anal. Sci.
【巻・号・頁】 17(1): 21-26
【発表年月】 2001年01月
Glucose sensing by a carbon-paste electrote containing chitin modified with glucose oxidase
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Journal of Electroanalytical Chemistry
【巻・号・頁】 482/,81
【発表年月】 2000年
Electrochemical Sensing Glucose at a platinum Electrode with a Chitin/Glucose Oxidase Film
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analytical Sciences
【巻・号・頁】 16/,1139
【発表年月】 2000年
Voltammetric Behaviors of Lectin-Sugar Binding Using Au Electrode Modified with Galactosamine
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Chemistry Letters
【巻・号・頁】 /,214
【発表年月】 2000年
Electrocatalytic Reduction of Hemoglobin at a Self-Assembled Monolayer Electrode Containing Redox Dye-Nile Blue as an Electron-Transfer Mediator
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analytical Sciences
【巻・号・頁】 15/,589
【発表年月】 1999年
Control of Electroculalytic Oxidation of NADH Using an Interaction between Labeled biotin with Dopamine and Aviclin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Journal of Electroanalytical Chemistry
【巻・号・頁】 /464,117
【発表年月】 1999年
Electrochemical detection of biotin using a interaction between avidin and biotin labeled with ferrocene at perflurosulfonated ionomer modified electrode
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analytical Sciences
【巻・号・頁】 15/,863
【発表年月】 1999年
バソクプロインジスルホン酸錯イオンとしてキチンへの濃縮を利用する微量銅の固相吸光分析
【全著者名】 菅原 一晴
【掲載雑誌名】 分析化学
【巻・号・頁】 48/,1129
【発表年月】 1999年
Electrochemical evaluation of interaction between avidin and biotin self assembled using marker ions
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Chemistry Letters
【巻・号・頁】 /,725
【発表年月】 1999年
Electnochemical detection of lectin using a galactosamine labeled with daunomycin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 47/,665
【発表年月】 1998年
Evaluation of Avidin-Biotin Binding Using a Biotin Labeled with Daunomycin by Photoacoustic Spectrometry
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Chemistry Letters
【巻・号・頁】 7/,627
【発表年月】 1998年
The simple and Rapid Spectrophotometric Determination of Trace Chrominum (VI) After Preconcentration as Its Colored Complex on chitin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 47/,659
【発表年月】 1998年
Voltammetric detection of silver (1) using carbon poste electrode modifiedl with keratin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analyst
【巻・号・頁】 123/,2013
【発表年月】 1998年
Voltammetric detection of MoO┣D32-(/)4┫D3 at a modified carbon paste electrocle containing chitin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analytica chimica Acta
【巻・号・頁】 353/,301
【発表年月】 1997年
Electrochemical detection of avidin and biotin by biotin labeled with cysteine
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Fresenius Journal of Analytical Chemistry
【巻・号・頁】 358/,755
【発表年月】 1997年
Simultaneous determination of platinum(II)and palladium(II)by reversed phase high-performance liquid chromatography with spectrophotometric detection after collection on and elution from resin coated with dimethylglyoxal bis(4-phenyl-3-thisomicarbazone)
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU / Suwaru Hoshi
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 44/,571
【発表年月】 1997年
Biotin ligands labeled with daunomycin as an electrochemical probe for avidin and biotin interaction
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 44/,357
【発表年月】 1997年
Simple and Spectrophotometric Determination of Trace Titanium(IV)with Preconcentration as its Anonic Chelate on Chitin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analytical Sciences
【巻・号・頁】 13/,863
【発表年月】 1997年
The spectrophotometric determination of trace molybdenum(VI)after collection and elution as molybdate ion on protonated Chitin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Talanta
【巻・号・頁】 44/,1473
【発表年月】 1997年
Effect of Stenic Hindrance and Alkyl Chain of a Biotin Denivative to Aviclin-Biotin Binding
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Analytical Sciences
【巻・号・頁】 13/,677
【発表年月】 1997年
Electrochemical behavior of cysteine at a Nafion/cobalt((]G0002[)) modified electrode
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 J.Electroanal.Chem
【巻・号・頁】 in press
【発表年月】 1996年
Electrochemical evaluation of avidin-biotin interaction using N-lodoacetyl-N-biotinylhexlenediamine
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Bioelectrochem.and Bioenergetics.
【巻・号・頁】 39/,309
【発表年月】 1996年
Accumulation voltammetry of Avidin and Biotin using a Biotin Labeled with Nile Blue A
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Bioelectrochem.and Bioenergetics.
【巻・号・頁】 in press
【発表年月】 1996年
Electrochemical behavior of sugar by using a carbon paste electrode modified with copper (II) -porphyrin
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 J. Electroanal. Chem.
【巻・号・頁】 394/,263
【発表年月】 1995年
Electrochemical assay of Avidin und Biotin Using a Biotin Derivative Labeled with an Electroactive Compound
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU / Schunitz Tanaka / Hiroshi Nakamura
【掲載雑誌名】 Analytical Chemistry
【巻・号・頁】 67/,299
【発表年月】 1995年
Electrochemical determination of avidin-biotin hinding using an electroactive violin derivative as a marker
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Bioelectrochem. and Bioenengetics.
【巻・号・頁】 33/,205
【発表年月】 1994年
Determination of Amino acids by a chemically modified carbon paste electrode with copper (II) -cyclohexylbutylate
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 Bioelectrochem. and Bioenengetios.
【巻・号・頁】 31/,229
【発表年月】 1993年
Electroanalysis of Lipoic Acid by Using a Carbon Paste Electrode Modified with Nickel (II) -cyclohexylbutyrate
【全著者名】 SUGAWARA KAZUHARU
【掲載雑誌名】 J. Electroanal. Chem.
【巻・号・頁】 347/,393
【発表年月】 1993年