大学情報データベース

研究者 : 中島 孝 93 件中 1 - 50 件目

表示件数
2 次へ >> 

【論文】

Role of prostaglandinsin neuroendocrine cells of the human alimentary tract.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathol Int
【巻・号・頁】 47/,889
Unique case of pulmonary bronchial gland type tumor with broad spectrum of cell differentiation from the terminal duct-acinar unit to excretory duct
【全著者名】 Gamal G / Nagashima T / Kawashima O / Sugano M / SAKURAI SHINJI / SANO TAKAAKI / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 56: 217-221
【発表年月】 2006年04月
Genetic and epigenetic inactivation of LTF gene at 3p21.3 in lung cancers.
【全著者名】 IIJIMA HIRONOBU / MORI MASATOMO / TOMIZAWA YOSHIO / Iwasaki Y, / Sato K / SUNAGA NORIAKI / DOBASHI KUNIO / Saito R, / NAKAJIMA TAKASHI / John D. Minna
【掲載雑誌名】 Int J Cancer
【巻・号・頁】 15;118(4):797-801.
【発表年月】 2006年02月
Molecular detection of FUS-CREB3L2 fusion transcripts in low-grade fibromyxoid sarcoma using formalin-fixed, paraffin-embedded tissue specimens.
【全著者名】 Matsuyama A, Hisaoka M, Shimajiri S, Hayashi T, Imamura T, Ishida T, Fukunaga M, Fukuhara T, Minato H, Nakajima T, Yonezawa S, Kuroda M, Yamasaki F, Toyoshima S and Hashimoto H
【掲載雑誌名】 Am J Surg Pathol
【巻・号・頁】 30: 1077-1084
【発表年月】 2006年
Immunohistochemical expression of 14-3-3 σ protein in intraductal papillary-mucinous tumor and invasive ductal carcinoma of the pancreas.
【全著者名】 Okada T, Masuda N, Fukai Y, Shimura T, Nishida Y, Hosouchi Y, Kashiwabara K, Nakajima T and Kuwano H
【掲載雑誌名】 Anticancer Res
【巻・号・頁】 26: 3105-3110
【発表年月】 2006年
Immunohistochemical expression of aminopeptidase N (CD13) in human lung squamous cell carcinomas, with special reference to Bestatin adjuvant therapy.
【全著者名】 Ichimura E, Yamada M, Nishikawa K, Abe F and Nakajima T.
【掲載雑誌名】 Pathol Int
【巻・号・頁】 56: 296-300
【発表年月】 2006年
Immunohistochemical expression of aminopeptidase N (CD13) in human lung squamous cell carcinoma, with special reference to Bestatin adjuvant therapy.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 56:296-300
【発表年月】 2006年
Prognostic model of stage II non-small cell lung cancer by a discriminant analysis of the immunohistochemical protein expression.
【全著者名】 Kohri T, Sugano M, Kawashima O, Saito R, Sakurai S, Sano T and Nakajima T
【掲載雑誌名】 Surgery Today
【巻・号・頁】 36: 1039-1046
【発表年月】 2006年
Increasing 14-3-3 sigma expression with declining estrogen receptor and Efp expression defines malignant progression of endometrial carcinoma
【全著者名】 Nakayama H / SANO TAKAAKI / Motegi A / Oyama T / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 55: 707-715
【発表年月】 2005年11月
Papillary adenocarcinoma of the lung is a more advanced adenocarcinoma than bronchioloalveolar carcinoma that is composed of two distinct histological subtypes
【全著者名】 Zhang J / Tomizawa Y / Yanagitani N / IIJIMA HIRONOBU / SANO TAKAAKI / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 55: 619-625
【発表年月】 2005年10月
clinicopathologic significance of the mutation of the epidermal growth factor receptor gine in patients with non-small cell lung cancer
【全著者名】 Tomizawa, Y. / ISHIZUKA TAMOTSU / DOBASHI KUNIO / Minna J D / NAKAJIMA TAKASHI / MORI MASATOMO / Iijima, H. / SUNAGA NORIAKI / SATOU KOUJI / Takise A / OTANI YOSHIMI / TANAKA SHIGEFUMI / SUGA TATSUO / Saito R.
【掲載雑誌名】 Clin Cancer Res
【巻・号・頁】 11(19) 6816-6822
【発表年月】 2005年10月
口腔領域におけるセンチネルリンパ節理論の検証
【全著者名】 根岸 明秀 / 中曽根 良樹 / 宮久保 満之 / 山口 徹 / 織内 昇 / 遠藤 啓吾 / 中島 孝 / 茂木 健司
【掲載雑誌名】 北関東医学
【巻・号・頁】 55(2): 91-96
【発表年月】 2005年05月
Clinicopathological Studies on 203 Cases of Oral Leukoplakia
【全著者名】 KANNO KEIJI / YAMAGUCHI TOORU / MOGI KENJI / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 ORAL ONCOLOGY VOLUME10
【巻・号・頁】 129-142
【発表年月】 2005年04月
PKC theta, a novel immunohistochemical marker for gastrointestinal stromal tumors (GIST),especially useful for identifying KIT-negative tumors
【全著者名】 Motegi A / SAKURAI SHINJI / Nakayama H / SANO TAKAAKI / Oyama T / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 55: 106-112
【発表年月】 2005年03月
Large cell neuroendocrine carcinoma of the lung:a comparison with large cell carcinoma with neuroendocrine morphology and small cell carcinoma
【全著者名】 Peng W / SANO TAKAAKI / Oyama T / Kawashima O / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Lung Cancer
【巻・号・頁】 47: 225-233
【発表年月】 2005年02月
Detection of human papillomavirus infection of the cervix in very elderly women using the polypmerase chain reaction.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI / Kaiyo Takubo
【掲載雑誌名】 Clinical Cancer Research
【巻・号・頁】 11: 2919-2923.
【発表年月】 2005年
乳癌におけるβ-catenin及び関連蛋白発現の検討
【全著者名】 戸谷 裕之 / 堀口 淳 / 飯野 佑一 / 小山 徹也 / 東郷 望 / 引野 利明 / 中島 孝 / 松田 葉月 / 飯島 耕太郎 / 吉田 崇 / 鯉淵 幸生
【掲載雑誌名】 乳癌基礎研究会
【巻・号・頁】 14
【発表年月】 2005年
Clinicopathological significance of aberrant methylation of RARbeta2 at 3p24, RASSF1A at 3p21.3, and FHIT at 3p14.2 in patients with non-small cell lung cancer.
【全著者名】 Tomizawa Y / MORI MASATOMO / iijima H / Nomoto Y. / Iwasaki T. / OTANI YOSHIMI / Tsutiya S. / Saito R. / DOBASHI KUNIO / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Lung Cancer.
【巻・号・頁】 46(3):305-12.
【発表年月】 2004年12月
Immunohistochemical expression of 14-3-3 sigma protein in various histological subtypes of uterine cervical cancers
【全著者名】 SANO TAKAAKI / Shimooka H / Peng W / SEGAWA ATSUKI / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathol Int
【巻・号・頁】 54: 743-750
【発表年月】 2004年10月
Myxoid epithelioid gastrointestinal stromal tumor (GIST) with mast cell infiltrations: a subtype of GIST with mutations of platelet-derived growth factor receptor alpha gene.
【全著者名】 SAKURAI SHINJI / Hasegawa T / Sakuma Y / Takazawa Y / MOTEGI ATSUSHI / NAKAJIMA TAKASHI / Saito K / Fukayama M / Shimoda T
【掲載雑誌名】 Hum Pathol
【巻・号・頁】 35(10):1223-1230
【発表年月】 2004年10月
Allelic losses on chromosome 3p are accumulated in relation to morphological changes of lung adenocarcinomas
【全著者名】 IIJIMA HIRONOBU / TOMIZAWA YOSHIO / DOBASHI KUNIO / NAKAJIMA TAKASHI / MORI MASATOMO / 斎藤 龍生
【掲載雑誌名】 British Journal of Cancer
【巻・号・頁】 91,1143-1148
【発表年月】 2004年09月
Immunohistochemical analysis of 14-3-3sigma and related proteins in hyperplstic and neoplastic breast lesions, with particular reference to early carcinogenesis
【全著者名】 Shimooka H / Oyama T / SANO TAKAAKI / HORIGUCHI JUN / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathol Int
【巻・号・頁】 54: 595-602
【発表年月】 2004年08月
Usefulness of liquid-based cytology specimens for the immunocytochemical study of p16 expression and human papillomavirus testing: A comparative study using simultaneously sampled histology materials
【全著者名】 YOSHIDA TOMOMI / FUKUDA TOSHIO / SANO TAKAAKI / KANUMA TATSUYA / OWADA NOBUO / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Cancer Cytopathology
【巻・号・頁】 102(1): 100-108
【発表年月】 2004年06月
パピローマウイルス
【全著者名】 佐野 孝昭 / 吉田 朋美 / 中島 孝
【掲載雑誌名】 病理診断における分子生物学(病理と臨床)
【巻・号・頁】 22: 292-297
【発表年月】 2004年04月
乳癌センチネルリンパ節生検 色素法と色素・RI併用法の比較検討
【全著者名】 堀口 淳 / 織内 昇 / 遠藤 啓吾 / 飯野 佑一 / 森下 靖雄 / 鯉淵 幸生 / 吉田 崇 / 飯島 耕太郎 / 高他 大輔 / 長岡 りん / 六反田 奈和 / 小山 徹也 / 中島 孝
【掲載雑誌名】 北関東医学
【巻・号・頁】 54: 105-108
【発表年月】 2004年
Functional expression of high-affinity receptor for immunoglobulin E on mast cells precedes that of tryptase during differentiation from human bone marrow-deribed D34 progenitors cultured in the presence of stem cell factor and interleukin-6.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Clin Exp Allergy
【巻・号・頁】 34:917-925
【発表年月】 2004年
Inactivation of 14-3-3 sigma by hypermethylation is a rare event in colorectal cancers and its expression may correlate with cell cycle maintenance at the invasion front.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Cancer letter
【巻・号・頁】 207: 241-249
【発表年月】 2004年
Detection of tryptase-negative, chymase-positive cells in human CD34+ bone marrow progenitors
【全著者名】 T Takahashi / NAKAJIMA TAKASHI / KURABAYASHI MASAHIKO / T Kawata / T Narita / SUGA TATSUO / S Ishikawa / F Hara / T Miura / SHIMIZU YUUJI / MAENO TOSHITAKA / TSUKAGOSHI HIDEO / MORISHITA YASUO
【掲載雑誌名】 Clin Exp Allergy
【巻・号・頁】 34:1719-24
【発表年月】 2004年
Adjuvant immunotherapy with oral Tegafur/Uracil plus PSK in patients with stage II or III colorectal cancer: a randomised controlled study.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Brit J Cancer
【巻・号・頁】 90: 1003-1010
【発表年月】 2004年
Synergistic decline in expressions of p73 and p21 with invasion in esophageal cancers
【全著者名】 Masuda N / KATO HIROYUKI / NAKAJIMA TAKASHI / SANO TAKAAKI / KASIWABARA KENJI / Oyama T / KUWANO HIROYUKI
【掲載雑誌名】 Cancer Science
【巻・号・頁】 94(7): 612-617
【発表年月】 2003年07月
Immunohistochemical demonstration of 14-3-3 sigma protein in normal human tissue and lung cancers, and the preponderance of its strong expression in epithelial cells of squamous cell lineage
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI / Oyama T / Tsukagoshi H / Hamanaka K / Maeda M / Shimooka H / Weixa P / SEGAWA ATSUKI / Motegi A / Jian Z / Masuda N / Ide M / SANO TAKAAKI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 53(6): 353-360
【発表年月】 2003年06月
Reduced expression of transforming growth factor-beta receptors is sn unfavorable prognostic factor in human esophageal squamous cell carcinoma
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Int J Cancer
【巻・号・頁】 104: 161-166
【発表年月】 2003年
肺高血圧症と顕微鏡的肺動静脈瘻、肺癌を認めた Osler-Rendu-Weber病の1剖検例
【全著者名】 中山大子 / 小山徹也 / 中島 孝 / 茂木厚 / 田嶋久美子 / 根岸充子 / 張健 / 瀬川篤記 / 彭為霞 / 下岡華子 / 佐野 孝昭
【掲載雑誌名】 診断病理
【巻・号・頁】 20: 39-43
【発表年月】 2003年
群馬大学医学部付属病院における肺癌剖検例の検討
【全著者名】 郡 隆之 / 佐野 孝昭 / 小山徹也 / 中島 孝
【掲載雑誌名】 肺癌
【巻・号・頁】 431: 265-271
【発表年月】 2003年
Overexpression of p16 and p14ARF is associated with human papillonavinus infection in cervical squamous cell carcinoma and dysplasia
【全著者名】 SANO TAKAAKI / Masuda N / Oyama T / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 52(5/6): 375-383
【発表年月】 2002年05月
Aberrant expression of pRb, p16, p14ARF, MDMS, p21, abd p53 in stage I adenocarcinomas of the lung
【全著者名】 Xue Q / SANO TAKAAKI / KASIWABARA KENJI / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 52(2): 103-109
【発表年月】 2002年02月
Breast-conserving therapy versus modified radical mastectomy in the treatment of early breast cancer in Japan.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 reast Cancer
【巻・号・頁】 9: 160-165
【発表年月】 2002年
乳腺病変におけるp63及び14-3-3蛋白発現の検討
【全著者名】 下岡 華子 / 小山 徹也 / 中島 孝 / 飯島 耕太郎 / 飯野 佑一 / 小島 勝 / 杉原 志朗 / 小井田 時廣 / 木村 盛彦
【掲載雑誌名】 北関東医学
【巻・号・頁】 52: 426-427
【発表年月】 2002年
低悪性度非浸潤性乳癌の発生,進展に関する組織学的研究
【全著者名】 小山 徹也 / 瀬川 篤記 / 佐野 孝昭 / 中島 孝 / 飯島 耕太郎 / 堀口 淳 / 飯野 佑一 / Koerner F
【掲載雑誌名】 乳癌基礎研究会誌
【巻・号・頁】 11: 15-17
【発表年月】 2002年
Breast-conserving surgery following radiation therapy of 50Gy in stage I and II carcinoma of the breast.The experience at one institution in Japan.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Oncology Reports
【巻・号・頁】 9: 1053-1057
【発表年月】 2002年
E-cadherin gene variants in gastric cancer families whose probands are diagnosed with diffuse gastric cancer.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Int J Cancer
【巻・号・頁】 101:434-441
【発表年月】 2002年
Immunohistochemical inactivation of p14ARF concomitant with MDM<sub>2</sub> overexpression inversely correlates with p53 overexpression in oral squamous cell carcinoma
【全著者名】 SANO TAKAAKI / Hikino T / Xue Q / Saito T / KASIWABARA KENJI / Oyama T / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 50/,709-716
【発表年月】 2000年
胞巣状軟部肉腫の1例-塗抹乾燥標本による結晶構造の観察-(共著)
【全著者名】 福田 利夫 / 佐野 孝昭 / 柏原 賢治 / 小山徹也 / 中島 孝 / 篠崎 哲也
【掲載雑誌名】 日本臨床細胞学会雑誌
【巻・号・頁】 38/,177-182
【発表年月】 1999年
子宮頚部病変とHPV感染
【全著者名】 佐野 孝昭 / 中島 孝
【掲載雑誌名】 病理と臨床 (日本人の病気と病理学)
【巻・号・頁】 17:281
【発表年月】 1999年
乳房温存治療の本質を問う 乳房内再発からみた乳房温存療法
【全著者名】 飯野 佑一 / 堀口 淳 / 横江 隆夫 / 小山 徹也 / 中島 孝 / 森下 靖雄 / 武井 寛幸 / 前村 道生 / 山川 道隆 / 新部 英男
【掲載雑誌名】 乳癌の臨床
【巻・号・頁】 13:420-426
【発表年月】 1998年
In situ hybridization with biotinylated tyramide amplification : detection of human papillomavirus DNA in cervical neoplastic lesions
【全著者名】 SANO TAKAAKI / Hikino T / Niwa Y / KASIWABARA KENJI / Oyama T / FUKUDA TOSHIO / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Modern Pathology
【巻・号・頁】 11/,19-23
【発表年月】 1998年
C-Met expression of thyroid tissue with special reference to papillay carcinoma
【全著者名】 Oyama T / Ichimura E / SANO TAKAAKI / KASIWABARA KENJI / FUKUDA TOSHIO / NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 48/,763-768
【発表年月】 1998年
Mucin producing adenocarcinoma of the lung with special reference togoblet cell type adenocarcinoma. Immunohistochemical observation and Ki-ras gene mutation.
【全著者名】 NAKAJIMA TAKASHI
【掲載雑誌名】 Pathol Int
【巻・号・頁】 47/,454
【発表年月】 1998年
Coexpression of HGF and c-Met/HGF receptor in human bone and soft tissue tumors
【全著者名】 FUKUDA TOSHIO / Ichimura E / SHINOZAKI TETSUYA / SANO TAKAAKI / KASIWABARA KENJI / Oyama T / NAKAJIMA TAKASHI / Nakamura T
【掲載雑誌名】 Pathology International
【巻・号・頁】 48/,757-762
【発表年月】 1998年
Transitional cell papilloma in the fossa navicularis is positive for Human papillomavirus
【全著者名】 Shimizu N / Ichinose Y / Shimo M / SANO TAKAAKI / NAKAJIMA TAKASHI / Yamanaka H
【掲載雑誌名】 International Journal of Urology
【巻・号・頁】 5/,296-298
【発表年月】 1998年