大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > 論文 > 業績詳細

業績詳細


【論文】

「ヘレンの似姿:リチャード・パワーズの『ガラテイア2.2』における人間の再定義」
【全著者名】
宮本 文
【掲載雑誌名】
『ストラータ』
【巻・号・頁】
20: pp. 101-18
【発表年月】
2006年12月
【単著、共著の別】
単著
【掲載雑誌種別】
学術雑誌
【論文の種別】
一般
【要旨】
人造人間のテーマは、伝統的に人造人間と人間の差異を「心」に求めることにより、人間を定義してきた。しかしながら、人工知能を扱ったパワーズの小説『ガラテイア2.2』においては、科学技術の進歩によって心は「脳」という身体の一器官に成り果て、人間と人工知能の差異は曖昧になっている。本論では身体と心という二元論から逸脱する「思い出すこと」と「語ること」という行為を軸に、サイバースペースにおける身体と心の言説を分析し、パワーズがこの小説でどのように人間を (再)定義しているのか探る。

【研究者】

宮本 文
【筆頭著者】
筆頭著者