大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > 論文 > 業績詳細

業績詳細


【論文】

「『瀕死のサブライム』としての利子: Ezra Pound, “Canto XLV,With Usura”の一読解」
【全著者名】
宮本 文
【掲載雑誌名】
『ストラータ』
【巻・号・頁】
17: pp. 17-26
【発表年月】
2003年12月
【単著、共著の別】
単著
【掲載雑誌種別】
学術雑誌
【論文の種別】
一般
【要旨】
パウンドの"Usura"(彼の造語で<利子>を意味する)は一見、ストレートな利子批判として読めるが、そのレトリックを注意深く読むと背後の操作者が不在であることがわかる。むしろ、"Usura"自らが自身の使い手となり、力の源泉を伏せたまま次第に偏在的な存在に自らを変容させていく様が窺える。本論は、この詩が現代にサブライムを復活させようとするパウンドの自嘲的な身振りであるという一読解を提示する。

【研究者】

宮本 文
【筆頭著者】
筆頭著者