大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > 論文 > 業績詳細

業績詳細


【論文】

「『自己という現象』の自壊:カート・ヴォネガットの『母なる夜』と『スローターハウス5』を中心に」
【全著者名】
宮本 文
【掲載雑誌名】
『東京大学アメリカ太平洋研究』
【巻・号・頁】
3: pp. 163-77
【発表年月】
2003年03月
【単著、共著の別】
単著
【掲載雑誌種別】
学術雑誌
【論文の種別】
一般
【要旨】
戦争を語ることがまた別の戦争を呼ぶと唱え続けたヴォネガットにとって、紋切り型の物語からすり抜けていかに戦争を語るかということが重要な問題であった。『母なる夜』と『スローターハウス5』では、全く対照的な手法が用いられて、「自己の物語」が「自壊」という形で解体されている。本稿では「自己という現象」をヴォネガットが二作品でどのように扱い、どのような技巧によってそれを解体しているのかを分析する。

【研究者】

宮本 文
【筆頭著者】
筆頭著者