大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > 論文 > 業績詳細

業績詳細


【論文】

「ユダヤ人であり続ける訓練:チャールズ・レズニコフの『歩く』、 『思い出す』」
【全著者名】
宮本 文
【掲載雑誌名】
『地域文化研究 年報』
【巻・号・頁】
6: pp. 213-34
【発表年月】
2003年03月
【単著、共著の別】
単著
【掲載雑誌種別】
学術雑誌
【論文の種別】
一般
【要旨】
レズニコフの散歩詩は、しばしばユダヤ的な「過去」と地続きになっている。その中でも「祖父の詩」や「祖父の名前」の忘却が特権的な過去であることに注目すると、レズニコフの「思い出す」という行為はもはや回復不可能なものを思い出すことであり、「忘却を想起する」というユダヤの知恵に一致する。旧世界の記憶が忘却されていくアメリカで生まれ育ったレズニコフにとって、散歩を続け散歩詩を書き続け「忘却を想起する」ことに努め続けることが、ユダヤの知恵の実践であり、ユダヤ人であり続ける訓練だったと言える。

【研究者】

宮本 文
【筆頭著者】
筆頭著者