大学情報データベース

トップ > 研究者検索 > 論文 > 業績詳細

業績詳細


【論文】

Clinical significance of performing 18F-FDG PET on patients with gastrointestinal stromal tumors: a summary of a Japanese multicenter study
【全著者名】
Kaneta T, Takahashi S, Fukuda H, Arisaka Y, Oriuchi N, Hayashi T, Fujii H, Terauchi T, Tateishi U, Kubota K,Hara T, Nakamoto Y, Kitajima K, Murakami K
【掲載雑誌名】
Ann Nucl Med
【巻・号・頁】
23: 459-64
【発表年月】
2009年
【単著、共著の別】
共著
【掲載雑誌種別】
学術雑誌

【研究者】

織内 昇